ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

天地人 第38回「二つの関ヶ原」

いよいよ、天下分け目の関ヶ原の戦いです!
と言っても、兼続たちは直接関ヶ原に参戦してないんですけどね。家康が去った後、伊達&最上を相手に長谷堂城の戦いを繰り広げています。

***

毎回毎回、これでもかと文句ばかり書いてますが、本来は批判メインのブログではないので、良かった点があれば書きますとも。そう、今回はあったのです!

関ヶ原をやるからには外せない場面の一つに、小早川秀秋が西軍として戦うか東軍に寝返るか迷うエピソードがあります。優柔不断な暗愚として描かれる事が多いのですが、天地人ではひと味違いました。

小早川がちっとも動かないので、業を煮やした石田三成が直々に出向いてきました。三成はパニック状態の小早川をなだめながら、関白の座を約束するのです。この気弱なバカが関白〜?と思うかもしれませんが、小早川秀秋は元を正せば豊臣家の親戚です。あり得ない話ではありません。これ以上ない美味しい話ですが、小早川の頭をよぎったのは、秀吉から関白を譲られた秀次の悲惨な末路だったのでした。

…と、小早川が裏切るまでの顛末が、なかなか斬新で説得力がありました。ドラマのストーリーで「おお!」と思ったのは、38回目にして初めて。
主人公が全然絡んでないのが惜しいですが(笑)

※良い点は忘れないように先に書きましたが、この後はいつものノリのダメ出しです。



***

感心したのは小早川エピソードだけで、他はいつにも増して酷いこと酷いこと。
迫力ある合戦シーンが随所に盛り込まれてますが、メインキャストが出ていない戦シーンは、ほぼ全て過去の大河ドラマの使い回しなんですもん。NHKの歴史ドキュメンタリーでも使われてるから、見覚えありすぎて…(ため息)
ドラマ全体の1/5、関ヶ原パートの半分は使い回しだったと思います。過去作の名シーンを、さも自分たちで作ったかのように垂れ流す天地人スタッフどもめ〜(憎)

予算か?予算が足りないのか?!

しかしね、風林火山クライマックスの川中島の戦いも、馬も人も少なくて背景スカスカでしたけど、独自の戦シーンを撮ってましたよ。当時は「ラストなんだからもっと物量を投下してくれー」と不満を覚えましたが、天地人の関ヶ原より遥かに良い出来だったと思います。

天地人オリジナルの関ヶ原シーンは、櫓の上で「小早川はまだかー」とイラついてる石田三成&島左近と、前回から突如現れて張り切ってる大谷吉継と、パニック小早川と、ガッツポーズ家康くらいか。戦国時代にガッツポーズはないだろ。

そうそう。前回の予告を見て、三成の獅子頭ヅラがサイズ合わなくてモサモサと書きましたが、ドラマ本編では動くたび喋るたびにガクガク傾くのが気になって仕方なかったです。
小栗旬が小顔すぎてサイズが合わないなら、地味な普通の兜か、いっそ兜を外して鉢巻きにしておけば良かったのに。似合わない派手さほどカッコ悪いものはありません。ガクガクもっさり獅子頭を眺めている内に、ついにドリフのコントに見えてくる始末です。
戦に負けた後、落ち武者の三成が隠れた洞窟で月明かりに祈っていると、背後に敵兵がゾロゾロ。このシーンなんて、まんま「志村うしろうしろ」じゃねーか! ダメだ、ドリフにしか見えなくなってきたわ。

関ヶ原のことばかり書いてしまいましたが、一方、長谷堂城の兼続たち上杉軍は快調です。軍議をしているんですが、上座に座るべき主君の上杉景勝がなぜか陣幕の入り口で所在なげにしているのが気になりました。いくら景勝が無口設定だからって、みんなヒドイわ〜。はっ、もしや前回兼続と対立したものだから、みんなにシカトされてるの…?!

兼続が辣腕を振るっている所へ、関ヶ原で西軍敗北の知らせが届きます。やばいです。前回、命乞いする家康を妄想していた兼続ですが、このままでは自分が命乞いすることになってしまうー(いい気味だ)

足軽に火縄銃を構えさせて、兼続は先陣を切って突撃イィィーーー!

えっ、ちょっ…。火縄銃をぶち込もうとしてるのに、アンタが前に飛び出ちゃ意味ないでしょうが!! え、これで終わり?

天地人スタッフが作った戦闘シーンがコレです。うん、まあ、過去作を使い回したのは正解だったかもね。ははは…

***

ラストの紀行で、上杉軍は長谷堂城の戦いで、敵の大将・最上義光の兜に弾丸が当たるほど追いつめたという実話と、弾痕が残る兜を紹介していました。うおお、生々しい!
面白い史実があるのに、なんでドラマに盛り込まないかな〜。義だの愛だの中身のないスローガン唱えるより、兼続の指揮官としての優秀さもアピールできるでしょうに。

といいますか、直江兼続が主人公なのですから、長谷堂城の戦いをメインにするべきでしょうがー!
[PR]
by shinnokotowari | 2009-09-23 18:54 | ・大河ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : https://sarashi.exblog.jp/tb/11997147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 函館 Glass Life at 2009-09-24 16:51
タイトル : 関ヶ原!!
いよいよ関ヶ原{/etc_fire/} 東では上杉が最上の長谷堂城攻めに取り掛かろうとして いますが、西では三成一世一代のおお戦です{/hiyo_do/} 小早川秀秋、実質的に関ヶ原の勝敗を決めたのは彼です ね{/choki/} その秀秋に東西の陣営から矢の様な催促{/hiyo_oro/} その彼には三成からは関白、家康からは二カ国加増の提 示が… 常識的に考えると関白の方がはるかに良い条件だとは思 いますが、秀秋には秀次事件がとらうまになっていた様 です{/cat_6/} 実際、戦いのあと発狂し...... more
Tracked from 山南飛龍の徒然日記 at 2009-09-24 20:22
タイトル : 大河ドラマ:天地人 第38回「ふたつの関ヶ原」
もうひとつの関ヶ原って何処?o(・_・=・_・)oきょろきょろ【今回の流れ】・家康、伊達と最上に上杉攻めを命じて江戸を出発・真田軍、信州・上田で策略(ナレーション)により秀忠軍の足止めに成功・最上との戦に出陣しようとする景勝を兼続が阻止・西軍の決起集会。士気...... more
Tracked from 休羽捫虱堂 at 2009-09-24 20:38
タイトル : 三成の「天地人」第38話
#38「ふたつの関ヶ原」... more
Tracked from 毘と龍&義と愛 at 2009-09-24 22:40
タイトル : 天地人 38話 ふたつの関ヶ原
ついに天下分け目の関ヶ原の合戦と相成りましたなぁ。 クライマックスの合戦シーンで銭もかかった令のであろうが、やはりツッコミどころ満載でござった秊 とは言え、流石NHKと感服したのは、ナレーションで「戦の火蓋が切られた」と正しく語ったのは立..... more

by shinnokotowari