ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

今夜の夕飯はシチューとパスタです♪

まずはシチューをレンジでチン → 温まる

次にパスタソースをレンジでチン → 温まらない



……?!



あっれー、電子レンジに器を入れてからスイッチ入れ忘れたっけ?
と思い、再チャレンジしてみます。タイマーも少し長めに設定。
通常通り、中が明るくなってガラス皿がグルグル回りますが、取り出すとやっぱり冷たいまま。



……こいつ仕事してない!!!

ガラス皿グルグルは見せかけかーーー!


シチューを温めてからパスタソースを入れるまで数秒しかかかりません。
その僅かな時間に、電子レンジさんは逝ってしまわれました。

ここに転居した時に買った物なので、使用年数は約4年。
実家の電子レンジは25年くらい経ちますが今も現役なので、とても短命に感じます。
えーん、死ぬには早すぎるよ〜…
どっちもパナソニックなのに〜!信じてたのに〜!
(実家のはナショナル時代ですが)



次はシャープにする。
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-03-21 22:16 | 日常 | Trackback | Comments(2)
東日本大震災から2年が経ちました。
もう2年というべきか、まだ2年というべきか。

当時、自分の体験を書き起こそうとしたものの、めまぐるしい現実に振り回されてほとんど何も書かないまま今に至ります。
東北の被災者に比べれば全く大したことない体験ですが、備忘録として書き残しておきます。

その前に、犠牲者となった方々のご冥福をお祈りいたします。

***

あの日は午後から半休をもらっていて、横浜の関内にいました。
G.W.のイタリア旅行に備えてパスポート申請する予定でした。
駅前で遅めの昼食を食べてからパスポートセンターに向かう途中、信号待ちをしている時にフラフラとめまいを感じ、間もなくゆらゆら…ゴゴゴゴゴ……

語るより見た方が早いですよね。
下のニュース映像の場所から、そう遠くない場所にいました。



改めて見ると、ほんとシャレにならん(汗)
でも、当時は意外と冷静でした。あーあって感じ。

帰り道、実際に見たときは↓でした。



だいぶ前に東京で震度5を経験しましたが、体感では3.11の横浜・関内の方が遥かに強い揺れだった気がします。

横浜駅やみなとみらい、関内の辺りは埋め立て地のせいか、ビルの外壁が落ちて歩道が塞がってる場所がいくつかありました。
埋め立てじゃない昔ながらの地域は、地割れや壊れかけた建物が目に見えて少なかったです。

自分が見た中では、横浜駅西口のダイエーの壊れっぷりが最もひどかったです。
前述のビルは外壁が崩れてますが、ダイエーはそんなもんじゃなかった。
建物を取り囲んでいる地面が四方向ぜんぶバキバキに砕けて、ビルそのものが敷地から浮き上がってる状態。
確実に取り壊しだろうな〜という予想を覆し、表向きキレイにして現在も営業中なのが一番コワイです。道や外壁を改装しただけでなく、ちゃんと耐震工事もしてるのかな。



ふと、「表向きキレイにして現在も営業中」というのは、今の日本の状況そのもの…なのかも、なんて思ったり。
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-03-11 20:59 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
実家では、アカデミー賞授賞式の期間だけWOWOWに加入します。
結果はネットや報道でいくらでも確認できるので省略。

一番印象に残ったのは、作品や受賞者のコメントより主演女優賞の発表時に起きたハプニングでした。

受賞したのは『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンス。
拍手に包まれながら、ステージに上るときに転んでしまいました。すぐ立ち上がろうとするも、ドレスの裾が長い為か少々もたついている様子。
「あ…」と思っていると、ちょっとブレ気味の画面(カメラマンも慌てたっぽい)の端に、すかさず彼女に駆け寄り手を差し伸べるヒュー・ジャックマンの姿が……



か、かっこいいーーー!



『レ・ミゼラブル』で主演男優賞にノミネートされていた為、ステージ近辺にいたみたいですが、決して目の前で起きた訳ではないのです。でも、いち早くスマートな行動ができるというか、こういう時こそ素が出るというか……素でジェントルマンなんだなーと。
ベタな少女マンガそのものの光景でした。これは惚れる(笑)

残念ながら主演男優賞は逃しましたが、この日もっとも素晴らしい印象を残したのは確実です。

授賞式直前の中継では、レッドカーペットでインタビューを行ってますが、手厳しいドレスチェックも恒例です。
でも、どれほど素敵に着飾っても、素のイケメンには敵わないなーと実感。ウルヴァリンのくせにー
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-02-25 23:38 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
最近、実家の母が物を片付けてまして。
食器や本などどんどん捨てたり売ったりしているのですが、どうしても捨てられないのが子供のアルバムでした。

私「捨てちゃっていいよ。見ないし」
母「え〜」

なんてやり取りしつつ、見納めかなーと思ってパラパラ。

ある時期を境に、私の顔から笑顔が消えます。
分かりやすいのが、写真館で撮影して装丁してもらった七五三の写真。3歳の私はニコニコと屈託なく笑ってますが、7歳の私は笑うどころか口をギュっと閉じて澄まし顔。

懐かしいなー

この日、7歳の撮影したときのことを覚えています。
カメラマンがぬいぐるみを見せながら「こっち向いて〜笑って〜」と視線と笑顔を誘導しようとしているのですが、私は顔は向けるけど笑いませんでした。

七五三に限らず、極力笑わないように努めていました。

何故かというと、ちょうど乳歯が抜ける時期で、口元を見られるたびに「歯抜けばばあ」とからかわれるのが嫌だったのです。
歯がないのが見えないように、できるだけ口を開けないようにしていたという…それだけです。くだらねー

でも、当時の私は子供なりに気にしていて、話す時にもあまり口を開けないで喋るようにしたり、涙ぐましい努力をしてました。
ましてや、写真のように記録に残るものに歯抜け顔を晒す訳にいかん!www

……と、当時の思い出話をしたら「全然知らなかった!そんなひどいこと一体誰が?!」と結構本気で怒ってくれました。
しかし、歯抜けばばあと呼んでからかっていたのは、他ならぬ私の親自身だったのでした〜

私は歯が生え変わる期間が結構早く、年長さん〜小4くらい。
生え揃ったら笑顔を解禁しても良いはずなのに(本当は歯がなくても笑っていいと思う。整ってないのもご愛嬌☆)数年に渡る封印は表情に染み付いてしまい、いつしか自然に笑うことが難しいカラダに……www

冗談みたいですが、小学校の保護者面談で「おたくのお子さん全然笑わないんですが、どこかおかしいのでは?」と変な子扱いされた事実があるので(マジですw)本っ当ーに笑わない子だったんだろーなーwwwww←たくさん笑ってみました(え
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-02-11 15:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)
先日、話題の『レ・ミゼ』を見てきました。
噂通り、いや噂以上に良かったです♪

実は、公開前は全然興味ありませんでした。
10年くらい前にリーアムニーソンが主演した映画版を見てるので、既に知ってる話をまた映画で見てもね〜…という心境。

ただ、公開後のレビュ−などでものすごく絶賛されているので、段々気になってきました。
それに、映画と言っても本作はミュージカル版を元にしているので、あらすじを知っていても楽しめるかも♪と思い直し、ついに映画館へ足を運んだのでした。



行って良かったーーー!



話は知ってる通りでしたけど、歌の力ってスゴイ。
心にグッサグサ突き刺さってきて、もー涙腺ヤバイ。ヤバイというか、出ました何かが。何度も。

巷では、歌うヒュー・ジャックマンに驚いてる人が多いそうで。
一般的にはX-MENのウルヴァリンのイメージが強いんでしょうね。

個人的には、数年前のアカデミー賞授賞式で見事に歌って踊っていたのを知っているので、驚きはなかったです。
ちなみに、このとき一緒に踊っていたのが本作でファンテーヌ役のアン・ハサウェイだったりします。

ヒュー・ジャックマンより、ラッセル・クロウ(ジャベール警部役)が歌えることの方がよっぽど驚きましたよ!!!
グラディエーターやLAコンフィデンシャルのイメージ(反骨心がある強い男って感じ?)と全然違う〜!
プログラムのキャスト紹介によれば、俳優になる前はバンドのボーカルをしていたのだとか。なるほど、下地になるような経歴の持ち主だったのですね。
本場のミュージカルファンには悪評らしいですが、私は全然アリでした。モノを知らないおバカ〜の方が楽しめる事って往々にしてありますし♪その典型です。



まともに歌詞覚えてないけど(ヒアリングが駄目な人)つい口ずさみたくなりますね。
サントラちょっと欲しい。

Look Down〜 Look Down〜(え、そこ?)

「夢やぶれて」など涙腺崩壊する歌たくさんありますが、あえて有名どころを避けるなら……私はコレを推したい(笑)
…単純に冒頭1曲目なので印象に残りやすかっただけかも?
タイトルはずばり「囚人の歌」。
ジャン・バルジャンの境遇に及ばずとも、現代の社畜に通じる歌ですな。
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-02-09 13:18 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
大事なことを書き忘れていました!

ブレイブリーデフォルトの「クリスマスカードを送って、オリジナル年賀状をもらおう!キャンペーン」(その時の顛末)のお返事、スクエニからちゃんと届きましたよ〜

キャンペーンは「往復ハガキでクリスマスカードを送ると、BDFFオリジナル年賀状が届く」という触れ込みで、印刷したシールでも貼って送ってくれるのかな〜と思っていたら……



b0007802_2181232.jpg



吉田さん絵のアニエススタンプに、イデア役の声優さん相沢さんから直筆のコメント付き!
すっげーわ!!!

公式サイトによると、実際に届いたカードは1000枚を越え、1枚1枚にスタッフがスタンプを押印+コメントを直筆で書いてくれたそうです。

私宛の年賀状にコメントを書いてくれたのはイデアちゃん(の中の人)
「オシャリーヌなカードありがとうございます!>_<」だって〜
わーい、すっごく嬉しいです♪♪♪ オシャリーヌばんざい!!!

ところで、イラストのアニエスがヘビをぶらりと握りしめています。
普通に考えれば、巳年だからね…と思う所ですが…
真エンドを知ってから改めて見直すと、このヘビってもしかして…【自主規制】なんじゃ?!
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-01-19 02:18 | ・BDFF | Trackback | Comments(0)
お正月に『ホビット』を見てきました。
ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)の前日譚に当たるお話で、主人公はフロドの伯父ビルボの若かりし頃。
魔法使いやエルフは長命なので、登場人物も一部かぶります。

灰色の魔法使いガンダルフの謀略(笑)で、ビルボの家に次々と押し掛けてくるドワーフたち。総勢13人。超ー迷惑。
ドワーフたちは祖先の故郷と宝物を取り戻すのが目的なんですが、ガンダルフはビルボのことを「こいつは忍びの者で協力者だ」と勝手に紹介。ちょ、勝手に何言ってんのwww

だって〜
例えるなら、気ままな一人暮らしの家に知人のじじいの紹介で外国人が10人以上やってくる → 故郷を取り戻すため戦うぞーと家中でどんちゃん騒ぎ(色々こぼすわ垂らすわ)無断でキッチンの食材を食い尽くされる → 後から来たじじいに何事かと問いつめたら「この人こう見えて忍者だから。君たちの戦いに協力してくれるって」と肩ぽんぽん☆

こういう事じゃないですかー!

一部のキャラにガンダルフが嫌われている理由が分かった気が……お膳立てするなら、当人にも話つけておこうよ!
端から見てる分には面白いけど、巻き込まれた当事者はたまったもんじゃありません><

最初は拒絶するも(当たり前だ)色々あってビルボも一緒に旅立ちます。
ドワーフがメインのこのパーティ、ガンダルフが引率の先生で、ビルボが転校生みたいです。

おなじみエルロンドやガラドリエルたちエルフ、白の魔法使いサルマンも出てきます。今の時点ではサルマンは間違いなく白なのに、どうしても怪しく見えてしまいますね〜
あと、ロードでは省略された茶色魔法使いも出てきました。けど、名前は忘れました。

後半では、ゴラムと例の指輪も……いとしいしと!

基本シリアスだった指輪物語に比べると、ホビットは笑えるシーンが多くて、だいぶ肩の力を抜いて楽しめます。現時点では、指輪もただの便利アイテム(装備すると透明化)にすぎないですし。

ロード・オブ・ザ・リングの主人公フロドもちょびっと出てきます。イライジャ・ウッドが全然老けてなくてビックリ(笑)
ガラドリエル様は相変わらず美しく、灰色ガンダルフは相変わらずじじいです。

じじいなのは変わりませんが、前述の通りひどい無茶ぶりを発揮しまくり。
ちなみに、白サルマンは性悪じじいで、茶色はまだらボケじじい。魔法使いって……
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-01-15 23:14 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
初夢を見てから日が浅いのですが、正月休みで実家滞在中にさらに奇妙な夢を見ました。
今回はSF風味。
この「夢生成能力」を日常的に発揮できれば、小説家になれそう。



細くて高い木がたくさん生えている林の中(竹林かも)に、ぽつんと日本家屋が建っています。
入り口に広めの土間がある平屋建て。ちょっと昔の田舎の農家という感じの家です。
私は、その家に住んでいるお婆さんを訪ねてきました。時間は夜。

私はお婆さんがこれから殺されることを知っていて、阻止する為に来たのです。
恰幅のいいお婆さんで、薄い藍染めの割烹着を着ています。
事情を説明すると、お婆さんは笑いながらも真面目に話を聞いてくれました。
割烹着には○や△など大きめの模様が描かれていて、私はその模様を指差しながら「こことここ、右胸と右脇腹を刺されるから気をつけて」と忠告します。

そうそう、全然記憶に残ってないのですが、一緒に行動している相棒と思しき人物もいました。
2人でお婆さんを訪ねて行ったのです。

家の奥の座敷には、近所に住んでいる男性達が集まっていて酒盛りのまっただ中。
この中に犯人がいるかもしれないので、私はお婆さんの許可を貰って家の片隅に陣取り、一晩中起きて警戒していました。
何も起きないまま朝を迎え、酒盛りがお開きになり、男たちが帰って行きます。見送るお婆さんに付き添って、私も土間に下りました。

土間には、農作業や台所で使う道具が所狭しと積まれています。
その道具類の影に、痩せた男が潜んでいるのを発見。
そう、こいつこそが犯人。とっくに家の中に入り込んでいて、人がいなくなるのを待ち構えていたのです。

私が奴の存在に気づくと同時に、相手もこちらに気がつき、物陰からゆっくりと姿を現して……



ここで終了〜。
えーーー、お婆さんはどうなったの?!

話の内容から考えて、夢の中の私は殺人の「計画」ではなく、殺人が起きる「未来」を知っているっぽいんですよね〜。
だって、まだ事件が起きていないのに、殺害方法や致命傷まで知っていて、被害者のお婆さんに注意を促してますし。
未来人とかタイムパトロールとか、そういう設定なんですかね?(って聞かれても…)
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-01-13 23:02 | Trackback | Comments(0)
あいかわらず変な夢ばかり見るので、夢日記でも書こうかなあと思う今日この頃。
1年前から、いや2011年末頃から加速してます。
頭の固い私でも理解できるように段階を追って変〜になっていってる感じ〜?(文章が変です)
しかも夢だけに留まらなくなってきたというか何と言うか…(ry

初夢もだいぶ変〜な夢でした。



私は焦燥感に駆られながら、親兄弟など周りの人たちに話をしています。
何か説得しようとしているのですが、まったく取り合ってもらえません。
焦燥は失望から諦めに変わっていき…
私は「もういい。私は一人で行くから」と言い残し、何処かへ行こうとしていたのですが。



はて、どこへ行く気だったのだろう(笑)

何だか分からないけど、タイムリミットが迫っていて。
でもどうする事もできなくて。
失望…というより、理解してもらえない悲しさ?
最後の方、一人で何処かへ行く決意をした時、私はヒックヒックと泣いてました。

どういう1年になるんでしょうね〜。楽しみです。
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-01-10 17:57 | Trackback | Comments(0)
皆さま、明けましておめでとうございます。

と言っても、これ書いてるの2月なんですけどね☆
節分も終わっちゃったよ!



今年の年末年始休暇は例年より長く、実家で惰眠をむさぼっておりました。
いや、さすがに6日には仕事始めに備えて帰宅してましたが…2月じゃなく1月6日ね。2月まで惰眠ってたらクビになってしまいます。

ブログもサイトも、書く習慣が一度途切れると再開するのが難しいです。
エンジンかけなきゃ!ぶるんぶるるん… ……



年末年始のきろく

29日
ついったーで冬コミ初日の様子を眺めながら自宅で惰眠

30日
ついったーで冬コミ2日目の様子を眺めながら自宅で惰眠

31日
実家に帰って年越しそばを食べる。布団が寒い

1日
実家でおせち料理(?)食べる。布団寒い〜

2日
実家で惰眠をむさぼる。ふとんさむい

3日
物置を探してカイロを発見するも、使用期限が10年以上前に切れていたorz さむいというか寒気する

4日
ホビットを見に行く。タイトルは『ホビット』だけどドワーフだらけ。
おせちっぽい物が食べたくて栗きんとんを買って実家に帰る。起きててもさむい

5日
実家で惰眠をむさぼる。ハロゲンヒーターを発掘するが時すでに遅し。さ む い

6日
歌川国芳展を見に行く。この人猫好きすぎ。ねこ飼い過ぎ。懐に猫入れて浮き世絵描いてたらしい。懐にねこ…さぞあったかろう。
自宅に帰る。1週間出入りがなかったので当然さむい…

7日
仕事始め。鼻声で挨拶回り(迷惑)



基本的に寝てました。寝正月〜
寒気もすごかったけど眠気もすごかった!
いや、風邪ひきかけていたから眠かったのかも?

あと、実家に3DSを持ち込んでBDFFやってました。
カミイズミ師匠の生存ルートが見つからなくてセーブできず、ストーリー進まず。お、おかしい…条件は満たしているはずなのに……
自宅に帰って攻略本を確認したら5章じゃダメっぽい。むぐぐ。



今年もよろしくー
[PR]
# by shinnokotowari | 2013-01-07 23:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari