ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日みたいな日を厄日っていうのかもしれない。
結論から言うと、電車とホームの間の隙間に転落しましたー

早朝に起きた人身事故のせいで、今朝の通勤ラッシュは超大混雑でした。
駅も車内もいつもより殺気立ってました。

乗降の多い途中駅でのこと。
奥にいる女の子が降りたいのに混雑で降りられない状況にハマってしまいました。
周りにいる人たちが協力して少しずつ退いてあげればいいものを、混雑で殺気立ってるせいか、みんな自分のポジションから頑として動かない…

女の子も「すみません!降ります―」と埋もれそうになりながら呼びかけているのですが。
ちょっと可哀そうに思って、私1人が後ずさりする感じで降りるスペースを空けました。

ドア付近まで後退すると、強そうな女性が動かない人々を跳ね除けるように、別方向からズンズン突進してきました。

この時点で少ーし嫌ーな予感がしていたのです。

私はホームに降りましたが、ドアの左右は乗降客で足の踏み場もない状態。
その時、人波に押されたのか、自分からよろめいたのか分かりませんが、ふらついた私は右肩から電車の壁面に激突☆
踏ん張ろうとした右足の下に、ホームの足場がなくて……

真っ逆さまに落ちるかと思いきや、車内が暑くて脱いでいたコートが引っかかり、落下したのは右の片足で済みました。
片足だけといっても、股下まで落ちたので、バランス崩してすぐに立てなくて慌てました。

悲鳴が上がり(私の方こそ叫びたいw)近くにいた人に引っ張り上げてもらって、何とか事なきを得ず。
あのまま落ちていたら、遅延の上に遅延の原因になるところでした。

その場で「すみません」と「ありがとうございます」を連発していた自分は滑稽だったかも。
助けてくれた人には感謝してもしきれません。

痛みをこらえながら、また電車に乗り込んだものの、落ち着いた途端、どっと冷や汗が出てきて貧血を起こし、次の駅で途中下車しました。
どうせ始めから電車遅れてたんだし、遅延証明が発行されてるから、遅刻してもいいや~と。

狭い隙間に落ちた右足のほか、落下時に体重を支えた左ひざの関節まで痛いですが(たぶん運動不足のせい)物を落としたり大怪我に至らなかったのは不幸中の幸いだったかと。

でも、いくら軽傷でも痛いものは痛いんですけどね……orz
[PR]
by shinnokotowari | 2013-12-19 23:04 | 日常 | Trackback | Comments(0)
前回、「Rの手帳(ノベル版)入手」と書きました。その後読みました。

BDFFのストーリーに興味あるけど、ゲームする時間ないし、ノベル化されたなら読もうかなーと思ってる人。
注意してください!!!

冒頭からゲームのネタバレがあります。
真終章、ラスボス、エンディングまで全部です。

ようは、ゲームの話をそのまま小説にしたのではなく、真終章エンディング後の話なのです。
クリア後前提。クリア後推奨。

タイトル通り、全編にわたってRさん=リングアベル視点です。

帯のキャッチフレーズが強烈でした。

<上巻>
よかろう、読者よ! 俺の愛をとくと見るがいい。

<下巻>
見よ! この俺の究極の愛を!
震えよ! この俺の果てしない真心に!




……今ならイデアの気持ちわかるわー

「リングアベルは黙って!」



ちなみに、上巻の帯の裏側には、

「ふ、ふは……はははははは! 決めた、決めたぞ!
俺はここで、最高のハッピーエンドを迎えてやる!
救える奴は全員救おう、特に女性は必ずな!」

と書いてあります。



さらっと、あらすじ。
真終章でラスボス討伐後、それぞれ望む世界へ帰って行った4人。
リングアベルは奴を倒して敵を討つため6の世界へ行こうとするが、事故で別の世界へ落ちてしまう。
カルディスラの宿屋で目覚めたリングアベルは、とっさに記憶喪失を装う。
リングアベルがノルエンデ村へ行くと、閉じかけていた大穴は何故か再び大きく開いていた。
穴の周囲では、ティズとアニエスの出会った場面に遭遇、クリスタルの精霊エアリーも健在だった…


全部の記憶を持っているリングアベルが、怪しまれないように記憶喪失を装いながら、孤軍奮闘する話です。

帯裏のキャッチフレーズの通り、リングアベルの目的は、味方も敵も犠牲者を出さずに、この新たな世界の秘密を探ること。

文体は軽め…というか、所謂ライトノベルと言うんでしょうか。
アホ~な描写も多いですが、上巻ラストの演出はゾクッとしましたし、良い意味で予想を裏切られたというか、考えてもみなかったエンディングであり、リングアベルらしいなーと。
味方だけでなく、敵も憎めないキャラクタが多かったから。
真終章のあと、本当にこんな話が続いてたらいいのに。

BDFFは無数の世界と繋がってますが、こんな世界が1つくらいあってもいいよね…?
[PR]
by shinnokotowari | 2013-12-08 17:30 | ・BDFF | Trackback | Comments(0)
今日は「ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル」の発売日でした。

昨年10月に出たBDFF(フライング・フェアリー)のシステム改善+イベント追加+海外版を含めた完全版であり、現在開発中の続編で搭載するシステムの体験版でもあるとのこと。

そんな訳で、「フォーザ・シークウェル=続編のための」というちょっと変わったサブタイトルなのです。

さて、フライング・フェアリー購入者は、安価な優待ダウンロード版があります。
私は優待版の対象者ですが、パッケージ版にするか直前までかなり悩みました。
新規ジャケット絵が素敵なんですよー

でも、よく考えたら画集で大きなイラスト見れると気付いたので、やっぱDLにしよう!

そう決意したのですが、いざDLしようとしたらSDカードの容量が足りないという問題が…
この間、逆転裁判5のDLC入れたばっかりだったっけ…orz

……やっぱりパッケージ版を買っておけば良かったかも~?!



乗り遅れたけど、画集とRの手帳(ノベル版)入手できたし!
そもそも、平日はゲームで遊ぶ余裕ないし!!
週末までにゲットできればいいんだもん!!!(負け惜しみ)



完全版の本作は「フォーザ・シークウェル」というサブタイですが、「フライング・フェアリー」という言葉には深い意味(仕掛け)が込められているので、新たなプレーヤーさんはこちらも忘れないでくださいね~
[PR]
by shinnokotowari | 2013-12-05 23:36 | ・BDFF | Trackback | Comments(0)
SoundHrizonの個人サイトが久しぶりに更新されました。
サンホラ公式サイトじゃなくて、同人時代からの個人サイトの方です。

今はTOPページがごくたまに更新されるだけですが、私がハマった頃は昔の曲をちょびっと試聴できたんですよ〜。

ちなみに、公式サイトだとビジュアル系なアーティストのようですが、個人サイトのRevoさんはいい感じに力が抜けてます。文章がヲタクっぽいのもイイ。

紅白出場が報道されたばかりなので、Revoさんの意気込みが語られてるのかなと、見に行ったところ……



ブレイブリーなデフォルトの話しかしてないwww



自分の晴れの舞台より、参加したゲームタイトルの話を優先するなんてRevoさんいい人だなー
BDFFワード盛り込みすぎて訳が分かりませんがw

フォー・ザ・シークウェルで追加されているであろう新曲が楽しみです。
サウンドトラックは、フライング・フェアリーの時に発売済み(購入済み)だけど、追加BGMはどうなるんでしょ?
iPodに入れて聞き倒したいー



〈追記〉



念のため、ブログ更新する前にサイトを確認しにいったら内容変わってた!!!
ぎゃあ、こんな短期間のうちに更新が続くとは思わなかった!

今度は、紅白や進撃の巨人について。

文末に「好きな曲は、愛の放浪者ッ!」と書いてありますが(うっすらと)愛の放浪者はBDFFの曲です。
スカしたアコーディオンが素敵な、リングアベルの必殺技BGMでーす(歌詞もついてる)


***


12月は書きたいことが多かったので、SP貯まったら(ブレイブリーセカンド発動w)時間を遡ってまた何か書きます。
[PR]
by shinnokotowari | 2013-12-01 17:04 | ・BDFF | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari