ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

話題最先端企業・東京電力サマから、先週ハガキが届きました。
端からぺりっと見開きで開封するアレです。
何だろうと思って開封すると、左が「電気使用量のお知らせ」、右が「領収証」になってます。
普段なら、検針結果の薄い紙がポストに1枚突っ込まれてるだけなのに。
つらつら見ていくと、「電気使用量のお知らせ」末尾にこんな文章が書いてありました。

非常変災の影響により検針にお伺いすることができませんでしたので、先月分の同様のご使用量とさせていただきました。


……?
この辺は震災当日に停電しただけで、被災地じゃありませんが。
これは一体…
いや、それより…



勝手に使用量3月分と同額にされてるー!
しかも「させていただきました」という事は、まさか事後報告?!

いやいやいや待て待て待て!
3.11以降、計画停電で使いたい時に電気は使えず、使える時も節電しているというのに、何なんですかこの仕打ちは。ただでさえ、2月は暖房使うので消費量は多めになるというのに、節電・停電三昧だった3月が同額のはずないでしょーが。

差額とかお詫びとか一言もなし。嘘みたいですが、本当の話です。

しかも、ハガキの一番最後には
電気はムダなく上手にお使いください。

ですってよ。ムダに徴収すんな!
節電しても今までと同額むしり取られるだけとは…嫌がらせ?
「電気はムダなく上手にお使いください」って、イヤミ?

ふふふ…、これってさぁ、抗議してもいいよね?
モンスターなクレーマーじゃないよね?

あ、フリーダイヤルしか書かれてないや。くそー家電ないからかけられない…
職場からかけてやる!と思いつつ、ネットを探索してみたら、東京電力のサイトでしれっと言い訳が。
余分に徴収した差額は、4月に修正されるみたいです。ほっ…。
というか当たり前ですよね。もー、どれだけ悪徳企業なんだと思いましたよ〜

でも、ハガキは明らかに言葉が足りませんし、ネット見ないと詳細が分からないというのは、やっぱり問題あるような気がします。「悪徳企業」は言い過ぎですが「殿様商売」には違いない。

ちなみに、被災地を管轄している東北電力では、検針できない地域の3月分は徴収しないで、4月に2ヶ月分精算するとか。妥当な措置だと思います。
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-26 23:41 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
原発のニュースが、発端となった地震以上に熱を帯びています。
煽ったり悲観しすぎては行けませんが、日本のメディアは楽観的過ぎると思います。

よく「○○μシーベルトはレントゲンやCTより被爆量が低い」と聞きますが、最初に聞いたとき変だな〜と思いました。医師の管理の元、短時間で終わる医療行為と、いつまで続くか分からない放射線量を同列で扱うのはおかしいのでは?

あと、「基準値を超えてますが安全です」もしくは「直ちに健康に害はありません」と何度も耳にしましたが、超過しても安全と言うなら、何の為の基準であり、法律なんでしょう?

例えば、一般道路で120キロで暴走したドライバーが「制限速度を超えてますが安全です」と言ったら、コイツ狂ってるって思いますよね。法治国家で、こんな言い訳は普通なら通用しません。

メディア(特に民放は揃いも揃ってヒドイ)が原発関連ニュースで言ってるのは、そういう事です。普通じゃない。

この「疑惑の安全宣言」、NHKより民放の方が露骨なことを考えると、CM絡みで東京電力から圧力かかってるか、民放自らが広告主である東電の顔色を窺っているのか…うーむ(実は、マスコミ関係の仕事に携わっているのですが、記者クラブに属していない外国系組織なので、お上から情報統制や箝口令が敷かれているかどうか…はちょっと分かりません)

報道が楽観的すぎてちょっとキモチワルイので、ネットや外国メディアなども一通り見ましたが、こっちはこっちで悲観しすぎなんですよね(苦笑)
でも、言われるままに安全宣言を信じて、ある日突然最悪の事態に直面するよりは、悲観的予測も頭の隅に留めた方が良いと思います。

色んな情報が入り交じって濁流のようなネットの中で、ある程度信頼できるかな〜と思って注目しているのが、中部大学の武田邦彦教授のサイトです。
政府とマスコミの原発情報に批判的な論調ですが、第一種放射線取扱主任者の有資格者であり、内閣府原子力委員会にも携わって意見している方なので、トンデモ学者の類いではないと思います。

例えば、東電は一時期ホウ素を「冷却剤」として投入してましたが……。
福島原発は地震直後に連鎖反応は止まっていると考えられる.そして現在の発熱は核反応ではなく、放射性物質の崩壊熱と考えられる.

もし崩壊熱だけなら中性子の吸収は関係がないので、ホウ素はなんの役にも立たない。つまりホウ素は中性子を吸収するもので、崩壊を止めたりゆるめたりはできないからだ。

核爆発や原発はウランが核分裂する時にでる2.4ヶの中性子の連鎖反応を利用している.だから、ホウ素を加えるということはウランの核分裂を止めるためのものだからだ。

東電は、炉が使えなくなる危険を冒してホウ素を投入しているのだから、なぜホウ素を投入するかを保安院に報告して了解を取っているはずだ.

もしその了解が「核爆発を止めるため」というなら、それを真っ先に国民に知らせなければならない。そして国民は広範囲に避難をする必要がある。

——原発 緊急情報(3)より

いくらか落ち着いてきた今だから良いものの、ゾッとする話です。

More
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-23 12:34 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
今週から始まった計画停電、うちの町内は第3グループに属してました。
昼間は東京の職場(停電対象外)にいますし、列車の本数が減っているため早朝出勤しているので、夜間以外の停電はあまり気にしなくて済みそうです。

その夜間停電(午後7時20分~10時)が、初めて第3グループに割り当てられたのが16日。
自宅最寄駅に着くと、駅ビルやスーパーは早々に閉店していて、駅前の崎陽軒(シウマイ弁当が有名なお弁当屋さん。市内の中規模な駅前には大体ある)に行列ができていました。いつも暇そうなおばちゃんがてんてこ舞い。私も並んで買いましたよ、シウマイ弁当を。
帰宅して、停電が来るのは今か今かと待ちながらシウマイもぐもぐ。崎陽軒は米も美味いなモグモグ。
肝心の停電は結局なかったのですが、同グループ内でも電力の使用状況によって停電実施したりしなかったりするらしいので、今回はやらなくて済んだのだろうと思っていました。

その後。18日の金曜日。
この日、第3グループの停電時間は昼間だったので、あまり関係ないや~と普通に帰宅しました。

と こ ろ が

駅から自宅まで歩いている途中、気付いたら信号が消えてるじゃないですか。道沿いのコンビニも真っ暗です。ま、まさか…今夜停電なのか?! やばい…夕食の用意も、ケータイの充電もしてないよ……
帰り道に、ごく短いトンネルがあるのですが、出口が全く見えません。ケータイのバックライトだけが頼りです。暗闇だとケータイのバックライトはせいぜい1メートルくらいしか照らし出せないものなんですね。
信号がついてないので、道路を渡る時はドライバーとアイコンタクトです。停電中の交通事故が増えているので、気を付けないといけませんね。

でも、本当に危ないのは自動車より自転車!
自宅近くの駐車場から自転車(しかも無灯火!)が飛び出してきて、危うく轢かれそうになりました。この停電の最中になんちゅー無謀な!!
私はケータイで足下を常に照らし続けていたので、相手からは見えていたはずです。きっと相手の方は「自分が見えてるから、向こう(私)も見えてる」と思ったのでしょうね。見えるかバカ!
暗闇の中で、存在をアピールできるのは光のみ。自分の為だけでなく、周りの為にも、照明か代わりになる光源を常に持ち歩く必要があるなと思いました。

ちょっと危険な目に遭いながらも、帰宅。当然ですがオートロックも空きっぱなし。
地震後、懐中電灯を玄関に置いてたので助かりました。ケータイのバックライトより遥かに明るいです! といっても、室内照明の豆電球くらいですが、部屋全体を見通せるというのは安心感が格段に違います。

で、夕食。
冷蔵庫にオカズが入ってますが、停電中に開けたくないですよね。冷気が逃げてしまいますし、暗いので冷蔵庫内を確認するのも手間取りそうです。
冷蔵庫の食料をあきらめて、台所を漁ったところ、菓子パンとポテトチップを見つけたので、それを夕食代わりにしてさっさと寝てしまいました。多分8時くらい。こんな時間に寝たの小学生以来では? いや、幼稚園児以来かも?!
でも、こういう時は寝るのが一番ですね。電気を使わないで済みますし、眠ってしまえば尿意も心配無用(笑)

うとうとして、おそらく9時半頃、窓から見える街灯がついたので、停電が終わったようです。
私は起きるのが面倒で、そのまま寝てしまいましたが。

翌朝。
復活したパソコンで計画停電について改めて調査。第3グループなのに何故…と思ってましたが、どうやら今住んでいる地域は変電所の境界らしく、同じ町内でも複数のグループが混在しているようです。前日の夜間に停電が始まった事実から考えると、第3ではなく第5グループみたいです、うち。
もう間違えないぞー!



計画停電、数か月から数年単位で続くかも…?ということで、「時事」じゃなく「日常」カテゴリにしました。被災された方に比べれば些細な事ですが、現代日本で停電に悩まされる日常が来るとは思いもしませんでした~。
原発も解決まで時間かかりそうですし、電気の使い方や有難みを実感しています。
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-20 01:26 | 日常 | Trackback(1) | Comments(3)
地震は横浜市内で迎えました。
今日はパスポート申請のため(G.W.に初海外旅行いってきます)午後から有休とってまして。
関内の日本大通りで、信号待ち中に「めまいがする~」と思ったら地震でした。
揺れは怖くなかったのですが、壁が崩壊してるビルがあったり、アスファルトが地割れしてたり。

自宅までの交通機関が止まっているため、実家に帰っています。
自宅より実家の方が近いと思ったのですが、逆算したら5時間近く歩いていた模様…。
体力ないのに、よく歩けたもんだ。

それにしても、市内に居たのが不幸中の幸い。
勤務先に居たら絶対帰れませんでした…

ひとまず、生存報告。
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-11 22:03 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(2)
本日3月3日は、ディシディア012FF(DdFF)の発売日ですね。
ニコニコ動画では前夜祭なるイベントをやっていたようですが、一方その頃、私はPSPとMacをワイヤレスで繋げて、プロログスを買ってました。
DdFFプロログスとは、DdFF本編のプロローグ(ラテン語でプロログス)のことで、少し前からダウンロード専用で300円で発売されていたゲームです。
FF13主人公のライトニング姉さんを中心に、プロローグストーリー1話だけ遊べます。
興味がなかった訳じゃないのですが、Tオウガや逆転検事2やってましたし(まだ終わってない…)プロログスはスルーしようと思ってたんです。
…思ってたんですが、プロログスをDLしてると、DdFF本編でエアリスがアシストキャラとして参戦すると言うじゃないですか! くそ〜スクエニめ〜商売上手め〜

で、DdFF本編発売前夜に、急きょ入手。
ストーリーモード以外にも、バトルだけなら一部のキャラで遊べますが、一晩じゃストーリークリアするのが精一杯でした。

それにしても、操作を完全に忘れていて焦ったこと焦ったこと。
ガードってどれだっけ? ジャンプってどれだっけ? うわあぁぁ、ロックオンが外れて視界の外から連続攻撃されてるー!
プロログスのメインキャラはライトニング姉さんですが、バトル時のアシストがウォリアー・オブ・ライトでした。Wライトさんだ〜(前作ではウォリアー・オブ・ライトをライトさんと呼んでました)
公式サイトなどあまり見ないようにしてましたが(ネタバレ回避のため)、前作では、いわゆる主人公がコスモス組で、悪役がカオス組でしたが、今作は入り乱れてるんですね。ジェクトがコスモス組で。ティナがカオス組にいるみたい。

あ、プロログスではカインが出てきました。何か喋ってました。「フッ…」とか言ってました。コスモス組ですが、彼は絶対に裏切ると思います。ネタバレ回避してたって分かりますとも!

あ、そろそろ仕事終わりにして良さそうな時間…
Tオウガと逆検2は特典欲しくて通販で買いましたが、DdFFは量販店に寄り道して買って来ます。
今夜はひなあられバリバリむさぼり食べながら遊ぶんだ〜♪♪♪
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-03 18:18 | ・ディシディアFF | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari