ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひょ〜〜〜拍手いっぱい頂いてしまった!
嬉しいです。ありがとうございます!

実は、サイトを立ち上げる際、拍手システムを導入するか迷ってました。
拍手しろ〜褒めろ〜称えよ〜と要求してるみたいかなあ…と思ってしまって。
でも、自分が読み手だった場合、気の利いた言葉は思いつかないけど、好意的な気持ちを伝えたい場合って確かにあります。その点、拍手ボタンが設置してあると気軽にポチポチ押せて便利ですし、理にかなったシステムだと思う訳です。

そんな葛藤の末、拍手ボタンを設置。

これが予想以上に嬉しいものでして*^^*
この場を借りて、何度でも御礼を伝えたいです。

また、新しい更新ページだけでなく、時には旧サイト時代のものにも反応があって、これもまた嬉しいのです。拍手いただいたのを機に、改めて旧作を読み返したこともあります。
更新した当時は特に反応がなくて「また1人で暴走しちゃったな〜自重自重…」と思ってたのに、拍手ボタン設置したらぼちぼち反応があって「えっ、これOKですか?!」なんて驚く事もしばしば。
今は、拍手設置して良かった♪と思ってます。

同時に、好きなサイトさんに対しても、もっと積極的に好意を伝えていきたいな〜と、以前より強く思うようになりました。
ROM専で日参していたサイトさんが閉鎖するたび、もっと反応返せば良かった…と後悔するのは何度目でしょう。ここ最近、相次いだものでつい愚痴ってしまいました^^;
でも、サイト運営が面倒になる気持ちもよく分かるんですよね〜。HTML書いてイチからサイト作りなんて、もう絶対やらないぞー。ブログ万歳!(今日は一段と変な記事だわ…)
[PR]
by shinnokotowari | 2011-02-28 12:15 | サイト・バトン・ヲタ話 | Trackback | Comments(0)
好きなゲームは多々あれど、人生観が変わった作品を一つだけ上げるならTacticsOgreだと思います。
人生観…というと大げさかもしれませんが、考え方とか、内面的にすごく影響受けてるのは確実です。Tオウガやってなかったら、たぶん私は少し違う人間だっただろうな〜と思うくらいには、影響大です。

ブログでは、FFやドラクエや逆裁について書く事が多いので、意外だと思われるかもしれませんね。

FFはゲームにハマった原点であり、物語(映画や本を含めて)という媒体で初めて泣いたこともあって、特別な思い入れがあります。
ドラクエは楽しいけど、プレイしたから何かが変わったとか、そういう事はないです。私にとっては、遊ぶツールに過ぎません(意外?)
ちなみに逆裁は、BLモノが(ある程度)平気になったw(ちょ…)

FFが「泣き」に代表されるような感傷的な感動を引き起こすのに対して、Tオウがは涙は出ないけれど心にグサリと突き刺さるような至言の宝庫。
ゲームと言っても、子供がやっても意味が分からないと思います。ある程度の知恵がついてきて、理想と現実のギャップに悩む年頃(10〜20歳くらいかな)にやるのがベスト。
社会正義とは何か?何が善で何が悪なのか?…人知れず、こういう事に悩む時期ってありますよね〜
プレイ中、非常に悩むに違いない選択肢が何度も出てきて、めちゃくちゃ苦悩しますけど。そして、その選択肢のどれもが、正解とは限らないというのがまた何とも…

更に言うなら、社会に染まりきった(汚れたと言ってもいい)大人になって再プレイすると、昔とは違う見方をしている自分に気づかされるのです。

理想は自分の正義を貫くChaosルートだけど、現実は体制(組織)には逆らえないLowルートだよな〜。いや、考えがグラついて踏ん切りつかないNeutralルートかも?…なんてね。
「自分の正義を貫く」というとカッコイイけど、今は素直に頷けなくなりました。汚れ役を買って出て、汚名を全部引き受けて死んでゆくような人に、より共感してしまいます。

平和な日常を過ごしていると考えないような事を突きつけられるので、ストーリーに入れ込むほど心が傷つきます。
でも、人間って色んな事で悩んで、悩んだ分だけ奥行きが生まれるというか、物事を多角的に考えられるようになる気がしませんか? それとも私がMなのか?w

昨年秋からリメイク版「運命の輪」プレイ中で、いえ、正確には中断中なんですけど。SFC時代のイベント(一部ですが)を集めた動画を見ていたら、無性に語りたくなってしまいました〜^^;

タクティクスオウガ メドレー(動画:SFC 音源:OST・MIDI版) ‐ ニコニコ動画
[PR]
by shinnokotowari | 2011-02-21 23:07 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
勤務中、用があって外出したのですが、とある大手企業のビルの植え込みに、鳩がモフッと乗っかっていました。
ちょっと〜、カワイイじゃないの!
寒いけど、日差しが暖かい日だったので、鳩さん日向ぼっこかしら〜と、仕事中にも関わらずホンワカ和んでしまいました。思わずパチリ。

b0007802_13525660.jpg

萌え〜。

しかし、後で冷静になってから思ったのですが、もしかして…
鳩ぽっぽ、ビルの窓ガラスに当たって落下したのかも……(汗)
写真で分かる通り、窓のすぐ下だったんです。

無性に気になってしまい、帰りにわざわざ遠回りして、そのビルへ行ってきました。
鳩、いなかった……

カラスに襲われた形跡もなかったし、仮に窓にぶつかっていたとしても植え込みがクッションになって助かったのかもしれません。ちょっと休憩して(そこへ私が通りかかった)元気になったから飛んでいったんですよね、きっと。
うん、そうだそうだ。ケガしてる様子じゃなかったし! 鳩サブレのように、良い姿勢で植え込みに乗っかってましたからね、モフッと。
いなくなってる以上、気にしても仕方ないのでポジティブに考えます。

本当に日向ぼっこだったかもしれませんしね。萌〜
[PR]
by shinnokotowari | 2011-02-08 13:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)
クロネコが逆転検事2を持って来るまで(再配達)1について書こうかな、と。

逆転裁判とは若干システム変わったけど、面白かったです。今作はスピンオフで、逆裁の主人公・成歩堂くんのライバルにあたる、天才検事・御剣が主人公なのですが、私が捜査すると(操作と打ちたかったけど、絶妙な誤変換なのでそのままw)ミスばかりで全っ然天才に見えません。

話の内容はすっ飛ばして(何せ、再配達を待ってる間に書かねばならないので)ラスボスについて。
いやー、しつこかったですねー。追いつめても追いつめても、のらりくらりとかわされて、この対決いつまで続くんだろう…と、ややウンザリしました。いえ、簡単すぎてもツマラナイのですが。

うーん…
何というか、犯人を追いつめる流れは同じで良いので、演出上もうヒトヒネリ欲しかった気がします。
RPGのラストバトルなどでも、バトル中にラスボスが変形したり、異空間に投げ出されたりしますよね。あんな感じで。

と言っても、逆転シリーズは推理ゲームですし、異空間で裁判とか変すぎるので……(考え中)

例えば。
逆検1の最終話は大使館で事件が起きるのですが、犯人(黒幕)は治外法権を盾に捜査を妨害し、あろうことか本国へ逃げようと画策します。この辺りの設定を生かして……

ゲーム通りに、大使館内で対決するも決め手に欠けて、ラスボスは御剣の脇をすり抜けて空港へ行ってしまいます。万事休すと思われた時に、イトノコ刑事が最後の証拠品を入手して登場。遅すぎるんだよバカー!となりつつも、冥ちゃんが馬車馬に鞭を入れるごとくイトノコ刑事を鞭打って(ひどい)パトカーを走らせ、空港に先回り。ラスボスと最後の対決へ——なんて(笑)
ストーリー(推理)の流れが同じでも、場所が変わると気分が変わると言うか、同じ場所で延々とやってるより気分が盛り上がる気がするのですが(どうかな)
ちなみに、最後の対決をする空港は、第2話・逆転エアラインの舞台になったあの空港でお願いします。……誰にお願いしてるんだ?w

ピンポーン♪

おっと、誰かが来たようです。
ちょうど良い頃合いなので、この辺で〜
[PR]
by shinnokotowari | 2011-02-05 19:12 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
帰宅すると、プロパン(LP)ガスの明細がポストに入ってました。
何気なーく料金を確認して、目ん玉飛び出るほど驚きました。

1月のガス料金、いちまんえん近い…

以前引っ越しカテゴリで書いた通り、LPガスが高いと知ってから節約して、以後は一ヶ月5000〜6000円くらいだったんですよ。この金額も都市ガスに比べれば大分高いですが、LPガスとしては妥当な額のようです。

それが… 今月だけ倍近くなってるー!

お風呂だってシャワーだけなのに〜
最近になって変わったことと言えば、食器洗いで水使うのが辛くなってきたので、お湯に変えたくらい。こ、これか……
あと、寒くなってきたので、シャワー浴びてる時間が長くなったかもしれません。
そもそも、厳冬で水温低いから湧かすだけでも熱量かかりそうですよね。

くそぅ、後は何を節約すれば……
休日だけでも、昼間のうちにお風呂済ませるとか?(昼間の方が水温高そうなので、給湯器の節約になるかな〜と)
[PR]
by shinnokotowari | 2011-02-01 12:07 | 引っ越し・新居 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari