ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

弱音記事は下へ下へ〜…

***

毎日暑いですね!
仕事中に外へ出る用事があり、30分ほど歩いて帰ってきたら、汗だくなのに皮膚表面は冷たくて、頭クラクラ、足下フラフラ…。30分仕事して、30分休憩が必要でした。非効率な労働者だな。

貧血かと思いましたが、時期的に熱中症のような気もします。多少落ち着いてから、水分だけでなく栄養も必要だろうと、とりあえずコンビニへ行ってみました。ブドウ糖か塩飴があればと思って。

キャンディ関係のコーナーを見ていたら「熱中飴」なるモノを発見しました。説明書きによると、土建屋さんの要望で開発した熱中症対策の飴だそうです。発汗で失われた塩分やミネラルを補給できるとか。

おお、今の私にピッタリ♪

梅塩味とレモン塩味の2種類があったので、梅塩味を買ってみました。さっそく舐めてみる……しょっぱ酸っぱい味ですが甘みもあって、なかなか美味しいです。

熱中症にはポカリスエットが効くと言いますが、胃に水分溜まっていて飲み物が飲めないこともあります。水をがぶ飲みしても、塩分足りてないと回復しないんですよね〜。お腹タプタプな時、ポカリはちょっとキツイ。そんな時、飴だと食べやすいと思います。

後日、レモン塩味も食べてみました。こちらの方が梅塩味より酸味が強めかな。
汗かいた後に舐めると、より美味しく感じられる気がします。なんとなく。

熱中症なんざ水と塩で充分といえばそれまでですが「それだけでは楽しくない(と飴の袋に書いてある)」じゃないですか。梅雨明け後の激烈猛暑は、これで美味しく乗り切ってやるー!
職場だけでなく家にも常備してカバンにも入れて……ベタベタになってるー(夏にありがちな悲劇!)
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-27 14:45 | 健康・体調・アトピー | Trackback | Comments(0)
まもなく7月が終わるのに、やる気が出ません。何って、ナツコミの新刊作業です。

1人暮らしを始めたので、家族の目を気にしないで堂々と原稿を広げられるわ〜♪と期待していたのに、帰宅して家事をするだけで精一杯。家事と言っても、最低限のことしかやってないのになぁ。

ただし、何もしてなくてまっさらな訳でもなく。

ちょっとした待ち時間や、土曜出勤の帰りに日差しを避けてスタバでお茶しながら、ラフを書くことはできました。小説もマンガも前記や後記も、ものの1・2時間ほどで書けたので「ほほほ、やればできるのよアタシは!」なーんて思ってみたり。集中するとめちゃくちゃ仕事早いです。

あとは、小説をパソコンに打ち込んで、マンガを原稿用紙に写すだけです(「だけ」と言えるほど簡単でもないのですが)。
これが一向に進まなくて、時間ばかりが過ぎていきます。8月になってしまうー!

要は、家で作業ができない性質なのです。

そういえば、家で宿題やっても全然はかどらない子どもでしたよ、私は。休み時間にガッとやった方が効率良かった。

ラフな体裁はできているのだから、ちゃんと本の形にしたいです。
しかし、残りの作業はスタバに持ち込む訳にも行きません。人前でペン入れなんて恥ずかしすぎる…っ!

あ、内容は恥ずかしくないです。出来映えは恥ずかしいかもしれないけど。そもそも、出来上がるのか?という話ですよ…。

この愚かな私めにやる気…いや、叱咤激励をいただければ…(吐血)

***

と、言ってみたものの。
本を作る行為自体、自己満足にすぎないのですから、辛いならやめちゃえば良いとも思います。こうして人に「叱咤を〜」と協力を仰ぐなんて見苦しいのかも。うん、やめようかな…(迷い中)
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-26 17:21 | サイト・バトン・ヲタ話 | Trackback | Comments(4)
先日コンビニに行ったら、スライムが仲間になりたそうにこちらを見ていました。


b0007802_2122223.jpg


さっそく仲間にしました!
うちのスラリンとベスでーす♪

正式名称は、とろとろスライム。FFとコラボでポーションを作ったサントリーが、またやらかしたようです。
職場近くのファミマは、キングスライムになりそうなくらい在庫ありましたよ。場所によっては、即品切れになったお店もあるみたいです。

青いスライムがホイミサイダー味で、赤いスライムベスがメラトロピカル味。サイダー味なのに非炭酸とは一体…。
その内、炭酸入りのぶくぶくバブルスライムなんてのが出るかも〜(もちろん毒入り★)


とろとろスライムを冷蔵庫で冷やして、おそるおそるゴクリ…



ふむ、これがスライムの体液か(キモイよ)

奇妙な口当たりに「何だこりゃ」と笑ってしまうかも。味がマズイ訳ではないです。

名前の通りトロみがあります。でも、オモチャのスライムみたいなネバネバではなく、トロトロしているようで意外とサラサラな感じ。ノドにへばりつく事はないです。
ドリンク自体に色がついてると思ったら、青いのはガラス容器のみで、中身は無色透明でした。ポーションの時、青色は評判悪かったからですかね〜。確かに食べ物の色じゃないな、あの青色は。個人的には、青い液体というとブルーレットを連想します。

ポーションは回復アイテムなのにダメージ受ける人が続出でしたが(現代人はゾンビ化がすすんでるのか?)とろとろスライムは大抵の人が飲めると思います。と言っても、美味しいものでもありませんが。

ぶっちゃけ、魔物は食べ物じゃありません!ということで(笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-21 21:23 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
帰りの通勤電車で爆睡していたら、神が降りてきたようです。ヲタクの神が。

ナツコミ本のタイトルが決まりました〜。

昨夏は格好付けておフランス語にしたものの、自分でも読み方が分からないという憂き目を見ましたが(翻訳ツールで英語から仏語にした。合ってんのか?)今回は日本語です。
元々、フランス語どころか外国語全般が苦手なのだから、最初から日本語で考えておけば良いのです。昔から国語は得意だったし。

本のタイトルが決まったものの、肝心の中身がまだ全然できてないのが最大の問題です。散らかったメモみたいな落書き(描き)を、暑さに耐えながらキレイに書き(描き)起こすの面倒くさいな…

最大の問題はやる気と根気のなさですな。
どうにかしてテンション上げたいのですが…。何かステータス異常にかかってるのかというくらい、ぐだぐだです。



***



大変なことが起きました。

本のタイトルを帰りの通勤電車で思いついたのですが、帰宅後、食事して家事して風呂入ってる間に、タイトル自体が頭から消滅しました。メモ?そんな気の利いてことしてませんよ。脳内メモリを信じた私がバカでした!
ウンウン考えて思い出したのが、タイトルの略称。略称を考えてたということは多少長めのタイトルだったのかなあ〜?

ちなみにその略称は「ぼくさつ」



撲殺?



うーん、自分の頭なぐったら思い出せるだろうか…(困)
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-17 15:33 | サイト・バトン・ヲタ話 | Trackback | Comments(0)
大相撲の名古屋場所が始まりました。あー、本当に中継されてないーーー!

私は、NHKは相撲中継をするべきだと考えていますが、どうも少数派みたいですね。一般の人もメディアも「中継を中止しろ」という意見が多いことに、内心とても驚いてます。

暴力団絡みの大きな事件なんだ、アナタの考えは甘い!と言われるかもしれません。
私も、当事者を厳しく処することに異存ありません。ただ、事件の責任を負わせる範囲があまりに広すぎないかと思うのです。

中継の中止が相撲協会に対する金銭的なペナルティだと言うならば、放映権料を返上させれば良いのです。視聴者をも巻き込む必要はありません。
中継中止は、相撲好きな一般視聴者にまで事件のペナルティを負わせるようなものです。なんて広義な連帯責任なんだ(笑)…というか、なぜ私が罰を受けなければならないんです?!(実は相撲好きです)



相撲より身近な野球やサッカーに例えてみましょう。

日本野球連盟、高野連、Jリーグ協会など…まぁどれでもいいです…組織の人たちによる野球賭博が発覚。関わった監督・コーチ・選手はクビか謹慎処分となり、足りない人数は2軍から引き上げてなんとか試合を編成(ゲームの質が低下することが懸念されている)することになり、さらに無関係な選手・チームを含めて1シーズン全試合の生中継が中止になるとしたら…。

私はプロ野球もJリーグも見ないので、全然問題ありません。問題どころか、試合延長のせいで見たい番組が見れないとか録画失敗という被害の方が大きいので、中継中止は歓迎するかもしれません(えー)

でも、そのスポーツの中継を楽しみにしているファンの方はどうですか。試合後、スポーツニュースでダイジェスト流すから問題ないと言われて、ファンの方は納得できるのでしょうか。



誰が加害者で、誰が被害者なんでしょう。
しかし、視聴者が犠牲者になっているのは事実です。



***

追記。

そういえば、昔々、球界で黒い霧事件というのがありましたよね。野球賭博と暴力団に絡んだ八百長騒動で、多くの選手が追放、出場停止、謹慎などの処分を受けました。どことなく今の相撲界を彷彿とさせます。
1969年なので、テレビは今ほど普及してないと思いますが、事件のせいでテレビ・ラジオの中継を中止したという記録はないようです。

過去の前例を考えてみても、大相撲の中継中止はやっぱり納得できません〜〜〜
時代が違うと言われればそれまでですが…。うぅ…、大らかな時代が懐かしいです。当時生まれてませんけどね。
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-13 16:13 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
スキャナを安い下位機種にしたので、クーポンの額面が余ってしまいました。額面より安いものを買ってもおつりは出ないので、追加でペンタブレットも買いました。

ペンタブも色んな機種がありますが、使い道といってもせいぜい遊びで使うくらいなので、簡単に筆圧感知できれば充分。自前でPhotoshopも持っているので、付属ソフトがついてないタイプにしました。
店頭で実機を見て、色はホワイトが気に入ったのですが、ソフト付きの高価なバージョン専用だったのが残念。無骨な黒一色です。Macに合わない〜
ソフト付きでも無しでも、ペンタブの性能自体は同じなのでちょっと腑に落ちない…。

それにしても。
今の時期にスキャナとペンタブを同時にお買い上げ〜なんて、ヲタク以外の何者でもないな(笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-07 17:20 | 引っ越し・新居 | Trackback | Comments(0)
例のクーポンでスキャナを買いました。
仕事のことも考えて、解像度は最低1200dpi欲しいと思ってたら、最近は下位機種でもそのレベルが揃ってるんですね。というか、4800dpiなんて普通に使ってたら必要ないでしょ。無駄にメモリ食って重くなるだけじゃないですか。ポスターでも作る気?(孫の写真とかね…ありうるな)

初めは中堅機種を買うつもりだったのに、おかげで最下位の機種で済んでしまいました。職場のスキャナはフィルムスキャンもできますが(でも滅多に使わない)プライベートでは必要ないですし解像度も充分すぎるくらい。
機械の進歩って速いですね。

ありがちですが、エプソンとキャノンで迷いました。どちらも似たような機能なので、比較できるのは価格とメーカーの好き嫌いくらい。
自宅用にスキャナを買うのは初めてですが、職場では日常的に使っていて、今はキヤノンで先代がエプソンでした。でもエプソンが使いにくかった訳でなく、キヤノンに不満がある訳でもなく。

店頭に現物を見に行ったら、価格もそっくり同じ金額。これは迷う〜〜。

エプソンコーナーとキヤノンコーナーを何度も行き来してるうちに(あやしい)キヤノンの方がほんのちょっとだけ軽いことに気づきました。結局、これが決め手になってお買い上げ〜。電車乗り継いで持ち帰るのですから、少しでも軽い方が良いに決まってます!

あとで、価格ドットコムで両機種を調べたら(買う前に調べなよ…)エプソンはアダプタの差し込み位置が悪いという批判が多くて驚きました。同じ価格、同じ機能に見えても、違うものなんですね。アダプタの使い勝手なんて、実際に使用してみないと分かりませんし、私も全然注目してませんでした。あぶないあぶない。

アダプタが不評なエプソン機、最近になって後継機が出たみたいです。解像度などの機能は、私が持ってるカタログと同じように見えるのですが、やはりアダプタ周りを修正したのでしょうか。些細な所で、シェア争いで遅れをとる訳にいきませんからね。
新しすぎて、まだ価格ドットコムに批評は載ってません。私自身はしばらくスキャナを買う予定ありませんが、エプソンが評判を巻き返せるかどうか少し気になってます。
[PR]
by shinnokotowari | 2010-07-06 17:09 | 引っ越し・新居 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari