ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

続きです。

子供達を眺めながらのんびりお茶してましたが、ふと、先日出産した友達の事を思い出したので、お土産を買いにボーネルンドの買い物コーナーへ。
階数を間違えて1階で降りたら、3時前だというのに外がやけに暗くなっていました。日が陰ったというレベルでなく、夕焼けが沈んだような、夜直前の暗さ。
嫌な予感がしてケータイで天気予報を調べたら、大雨・洪水・雷警報が発令!しかも「猛烈な雨」と、かなり厳しい口調の警報文です。
ちょうどその頃、御影さんの実家からも「雨がすごいから外に出るな」と連絡が入りました(この時、まだ三ノ宮では降ってなかったのですが)
忠告通り大人しくしたい所ですが、飛行機を先延ばしする訳にいきません。最悪、飛行機が飛ぶかも怪しいですが、とにかく空港へ行かなければ!

駅へ向かうアーケードの下を通過中、とうとう雨が降り始め、アーケードの末端にたどり着くわずかな間に、カサが無意味な雨量に達しました。二泊三日の荷物とお土産を持って、子供を抱えて、カサ差して歩く……無理!
呆然としていたら、御影さんが地下道が繋がってることを調べてきてくれたので、遠回りしながら駅へ行きました。途中、落雷で辺りが一瞬停電になりましたが、ポートライナーは運行中で一安心。どうか途中で止まりませんように〜! 駅間で止まるのだけは勘弁!!

突然の豪雨のせいで周辺が混乱していたこともあり、御影さんとは慌ただしくもここでお別れしました。ろくにお礼も言えなくて後で申し訳ない気持ちでいっぱいになったのですが、この時ばかりは気を遣う余裕がなくて。ほんと、三日間お世話になりました。

ポートライナーは最後まで走ってくれたのですが、雨漏りしてました。電車って電機で動いてるんですよね?漏電とか感電とか大丈夫なんだろうか…

神戸空港周辺は大きな建物がないので、地平線まで見渡せます。
一部分だけ丸くぽっかりと晴れ間が見えるのですが、その周りには暗い雲が厚く立ちこめていて……さながらミニ台風です。今まで見たことのない異様な空模様でした。
くらやみのくも(FF3ラスボス)ってこんな感じ?この雷もサンダガだと思えば納得です(笑)

空港に着いた所で、キラリさん撃沈。たっぷり遊びましたしね〜。雷を怖がらないで最後まで歩けたのはエライぞ!(というか、大人は助かった…)

飛行機は30分ほど遅れてましたが、欠航にならずに済みそうです。いやースカイマークは安い分ドリンクサービスもないくらいなので、欠航しても、臨時便とか代替手段なさそうで怖いですね。

飛ぶことに安堵してたら、今回の旅行中、最後の罠にかかりました。手荷物検査でキャリーバッグが引っかかってしったのです。

「何か瓶が入ってますね〜。出してみせてください」

あれだ…カルピスだ……υυ
汗臭い服だけならいざ知らず、借りたコミックスや預かったナツコミの原稿が入ったバッグを人目にさらす事になるとは…。なんという羞恥プレイ。
カルピスの方は開封されてないのを確認して、返してもらえました。珠杉さんを見習って、宅急便で送っちゃえば良かったんだよちくしょー///

そんなこんなで、雷鳴轟く豪雨の中、スカイマークは無事に飛び立ちました。真横の雲の中で稲光がビカビカしてますけどね。アトラクション並みに頭ガクガクしましたけどね。
帰ってきてみれば、みんな楽しい思い出ですよ〜

JALのド下手着陸に比べれば、スカイマークの何と安全なことよ(笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-29 23:59 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(0)
滞在3日目。最終日。
名残惜しいですが、荷物をまとめて帰る準備です。

滞在中、カルピスを何度か振る舞われました。練乳味とかフルーツ味とかプレミア物とか(それ味じゃないから)色々楽しみました。
帰り際、珠杉さんと私は未開封のカルピスを1本ずつ頂いたのですが、これが後でトラブルを引き起こす事になろうとは……

最終日は、ハーバーランドへ行く予定でしたが、空港までの交通の利便性を考えて、急遽、三ノ宮周辺で過ごすことに。
北欧の玩具ブランド・ボーネルンドが運営しているテーマパーク(なのかな?)へ足を運びました。子供達が遊んでいる間に、少し観光でもしようかと思ったのですが、ずっと後について行くばかりで、何も計画を考えてなかったので、すぐ手持ち無沙汰に(汗)
外は暑いし、ガイドブックなしで遠出して帰ってくる自信がなかったので、すぐ戻ってきてしまいました。冒険者失格!(月のモノが始まって体力なかったのも一因)

あ〜、建物の中は涼しいわ〜
子供達の遊び時間が終わるまで、お茶を飲みながらダラダラ。観光客らしさ皆無。

でも、後になってみれば、ハーバーランドを取り止めて正解だったんですよね〜

伏線(なのか?)を張りつつ、続きます〜
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-28 23:31 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(0)
滞在2日目。
本当に暑い1日でした。まさに猛暑!暴暑!(今考えた造語)
プールに行ったりしたのですが、私が体質の関係で入れない事もありまして、日中の出来事を詳しく書くと、語尾が全部「あつい」になりそうなので止めておきますあつい。
幼児用の浅いプールは、風呂並みのお湯だったそうですよあつい。

話は飛んで、夕食は御影さんの妹さん手作りのタコヤキパーティーでした。
関西の家庭には、一家に一台タコヤキ器があると言われてますが、本当なんですね〜。
妹さん、とっても手さばきが上手で見ていて全然飽きません。一般的なソース味の他に、ポン酢つけたり、タコの代わりにホタテが入ってたり(タコヤキじゃない…でも美味しいから良いのだ)
キラリさんは、タコヤキ好きだけどタコは食べれないと聞いていたのですが、あまりの美味しさにタコも完食です。
大人達は言うまでもなく、とても美味しかったです。

滞在中、御影さんのご自宅メインで過ごしましたが、寝泊まりはご実家の離れをお借りしました。これがまた広くてキレイでビックリ!
豪邸…までいかないけれど、モデルルーム並みの立派な家でしたよ〜。
タオルは自宅から持参したのですが、そういった備品まで用意されてまして。もうここはホテルか?旅館か?という(笑)
ご家族共々、大変お世話になりました。
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-27 23:08 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(0)
注)この記事は後日書いたものです。

珠杉さん母子にくっついて、御影さんのご自宅へ遊びに行ってきました。個人のお家に二泊三日もお邪魔するなんて何年ぶり?

今日が1日目。出発日です。

珠杉さんとは、羽田で待ち合わせです。
地続きの国内旅行なのに飛行機なんてゼイタク〜と思われそうですが、スカイマークの早割は新幹線より安いのです! それに、小さい子供連れですと、新幹線で3時間持たせるのは大変ですが、1時間なら何とかなりそうですしね。
飛行機の手配から何から何まで珠杉さんに任せっぱなしでした。お母さんは頼りになるなあ(お前がしっかりしろ)

狭い飛行機に搭乗して、珠杉さんの子供(仮にキラリさんと呼びましょうか)に「お空を飛ぶんだよ〜」と話してたのですが、なかなか滑走路に着きません。キラリさん、飛ぶ前に飽きちゃいましたよ(笑)
スカイマークの搭乗口が、めちゃくちゃ端っこなんですね。まさか冷遇されてる?

お天気も良かったので、無事に飛び立ち、無事に到着。

その後の交通もスムーズで、かなり早いうちに御影さん邸へ到着してしまいました。お世話になります〜〜(へこへこ)
御影さんの子供、フォウさんとは1年半ぶりでしょうか。赤ちゃんっぽさがすっかり抜けて大きくなってました。
でも、初めの内は人見知りが発動したのか、御影さんにくっついてメソメソしてしまいましたが、夕方頃には慣れた…かな?
フォウさんと最後に会ったのが、2年前の12月だったのですが、覚えていてくれたのが嬉しかったです。

昼間は子供中心に遊んで、夜、子供達を寝かし付けたらオトナの時間です。アンソロのコピーを読んだり、御影さん所蔵のお宝を見せて頂いたり…。オトナというかオタクの時間?
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-26 17:12 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(0)
そこそこ映画好きとしては(専門誌買うほどマニアでもない)金曜日の夕刊は映画広告が多いので、毎週要チェックです。

今週もパラパラと見ていたら、見開きで右ページが「スカイクロラ」で、左ページが「崖の上のポニョ」になっていました。
どちらも見る気ないので、普段ならスルーしてしまうのですが、キャッチコピーを見て思わずページをめくる手が止まってしまいました。

もう1度、生まれてきたいと思う?
(スカイクロラ)
生まれてきて良かった
(崖の上のポニョ)


「問い」に対する「答え」のようでもあり、「答え」に対する「疑問」のようでもあり…深いなあ。

どちらのキャッチコピーが先に作られたのか、後発キャッチは対抗して作られたのか、はたまた偶然の産物なのか分かりません。
でも、同じ広告を単独で見ても、大して印象に残らなかったと思います。

ところが、見開きで左右に載せたことで、読者への問いかけが生じてるのですよ。この組み合わせ考えた人、うますぎ!
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-25 23:51 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
週末、珠杉さん母子にくっついて御影さん邸へ行ってきます。二泊三日。ちょっと早い夏休みです。

そんな訳で、今週は夏こみの修羅場と平行して、旅行の準備をしています。まずは入れ物=カバンを出さないと。

今朝、ふと思い出して「うちにキャリーバッグあったっけ?」と母に聞きました。
でも、出がけにエレベーターに乗りこむ時だったので、返事を待たずに「帰ってからでいいや~」と言って別れたのです。

私としては、バッグがあるか確認したかっただけで、なければ手持ちの中から適当に選ぶつもりだったのですが。
夜、帰宅すると、


「キャリーバッグ買っておいたよ」


早すぎ!


欲しいなんて言ってないじゃん。買ってこられたら嫌でも使わざるを得ないじゃん。
それに、収納スペースないのにまた物増やしちゃって~~

でも、機能的で色もデザインも私好みなんですよね。セール中で安かったそうですし。

うぅむ、文句の付けようがないな。さすが母。
せっかくなので、ありがたく使わせて頂きます。


はっ!
キャリーバッグを手に入れたことで、サークル参加ができる環境が整いつつあるような…(汗)
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-24 23:02 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(2)
昨日は鍼灸院の日でした。週末から旅行なので、体調整えておかないと。

そうそう、今の鍼灸院に通院して7月で1年になりました。早いものです。

せっかくなので、1年前の状態を振り返ってみましょうか。全身くまなく書き記してもキリがないので、気になる患部だけピックアップ。多少グロい表現もありますが、そこはご容赦を。



顔はアゴから頬にかけてガサガサ。悪化してる時は、リンパ液が滲むことも。顔色は、遠目からも分かるくらい赤黒くて、いかにもアトピー患者という風貌でした。

でも、顔以上に気になっていたのが手と腕。
2年くらい前に発症してから、悪くなる一方でした。アトピーじゃない皮膚も弱っていて、コピー用紙を軽く触っているだけで水分が奪われて、乾燥していくのを肌で感じるのです。乾燥すると、傷ができやすくなり、そこから雑菌が入れば浸出液がジクジク……なんという悪循環。

一度、ブログでも書きましたが、風が吹いて空気が動くだけで、皮膚が痛む有り様。
外気から保護する為、綿手袋をはめるようになりましたが、ジクジク状態になると、傷口に手袋の布が張り付いてしまうんですよ。キモチワルイ。

今だから言えますが、昨年の初夏あたりから、手袋の下にラップ巻いてました。
お風呂上がりにワセリンを厚く塗り(塗らないと皮膚が乾燥して真っ白になってしまう。何の特撮だよ!という程に)髪なんか濡れっぱなしで台所へ。小さいラップを細めに切って指にグルグル。大きいラップは手の甲から手首にかけて、一巻き。我ながら器用なモンです。
感染しないと言っても、あまり人目に晒したくないですし(さらし日記のくせに)何より自分の為でもあります。痒そうな状態から、目をそらす意味もありました。「気づく」と痒くなってしまうから。
ラップの上から手袋すれば完成です。幸い、最近は日焼け防止で手袋してる人が増えてきたので、あまり異様じゃない(はず)

皮膚科からは、何種類かのステロイドと、かゆみ止めの塗り薬、ワセリン、更にかゆみ止めの頓服薬とビタミン剤をもらってました。



そして、1年後の現在。

顔はアゴ周りがカサカサしてますが、顔色は普通です。カサカサ部分を引っ掻いて皮が剥けても、ちゃんと下に皮膚の層があり、ジクジクするような傷はできなくなりました。

手と腕。一時期ほとんど治ったのですが、暑くなってきたら手首に再発してしまいました。
でも、夏場にアトピーが悪化するのはいつものパターンなので、あまり気にしてません。現状を維持しながら秋を迎えれば収まると思います。というか収まってくれ!
ラップ巻きは止めましたが(毎日よくやったもんだ)患部が気になる時は綿手袋はめてます。

皮膚科は自然に行かなくなりました。薬を出してもらう為に行っていたので、ステロイド離脱したので行く用がなくなりました。別の治療で良くなりましたーと報告しに行くのはヒンシュク買いますよね…?

誤解ないように書きますが、皮膚科の先生は良い人でしたよ。毎回、時間かけて説明してくれましたし。
ただ、私の場合、皮膚科学会のガイドラインに沿った治療は合わなかったというだけです。

念のため、余った薬はまだ持っていますが、ステロイドは処分を考えてます。
かゆみ止めは、使用期限まで手元に置いておきます。
見た目が改善しても、カユミがなくなった訳ではないのです〜。
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-22 17:12 | 健康・体調・アトピー | Trackback | Comments(0)
今日は、某企画の編集作業をするため、べるさんの家へお邪魔してきました。
べるさん、お仕事帰りだったのに快く受け入れてくださって……いい人だ!

途中で、某夏イベントのカタログを買って持参しました。昨日か一昨日あたりに発売されたようです。いいタイミングだ!
今回は、レジ持っていくのが恥ずかしい表紙じゃなくて良かったです。夏のカタログは油断できないのですよ。暑いからって露出すんな!

作業メンバーは、べるさんとサクラさんと私の三人。
まずは、持ち寄った原稿を、みんなで読みっこ。やっぱり生原稿はよろしいですなぁ。

冬に編集に関わった時、珠杉さんが台割を用意していたので、真似して作って持ってこようと思ってました。ところが、いざプリントしようとしたらインク切れ…。年賀状を作った時に、ストックを買ったはずなのですが、今日に限って見つかりませんでした。表紙も出力しようと思ってたのに。

仕方ないので、レポート用紙に数字入れて、急ごしらえの台割にしました。字汚いし、かっこ悪い。

3人で悩みながらも適当にページ組んで、サクラさんにノンブル貼ってもらいました。
準備万端です。さすが!(私とは違うのね…)

そうそう。トップとラストは、いない人が担当になる法則が、今回も発動しました。恨まないで〜
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-21 01:56 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(0)
昨日の続きです。

怒鳴り込むイキオイで、駅員さん拉致してこなきゃダメかな〜と考え始めた所で、やっと駅員さん…でなく、保安員3人が駆けつけました。トラブル対応は、専門の人がいるのですね。
現場は15両編成の電車が止まる長いホームの前方で、保安員3人は後ろから来た為、時間がかかってしまったみたいです。
事情を話してケンカおやじ&警察兄さんに近づくと、1人は落ち着いてきましたが、もう1人はまだまだ興奮中。

ケンカの原因ですか?
混雑した車内で1人がリュックを背負っていたので、もう一人が「邪魔だから下ろせ」と言ったそうです。でも身動きとれなかったので「動けねえよ」と答えたのが発端だとか。マナー悪い人に一言言いたい気持ちは理解できますが、言い方がマズいですね。
で、ちょうど横浜駅に着いたので、リュック男が「やる気なら外へ出ろ」と言って、注意男を引っ張ったら「暴力を振るったな」と。

く だ ら ね え

どっちらかが悪いのではなく、どちらも悪いです。ばかだねえ。あほだねえ。

注意男の言い分は「暴力を振るわれたから訴える。俺には顧問弁護士がいる」と捲し立て、リュック男は「俺にだって弁護士の知り合いくらいいる」と受けて立つ気マンマンです。
「そんな事したら、私も裁判所行かなくちゃならないじゃないですかー」と混ぜっ返したら、訴訟話は収まりましたけど。こんな事で呼ばれたら弁護士さんが気の毒です(イメージは汗ダラダラななるほどくん)

ホームを見渡しながら、注意男に「小さいお子さんがいますし、大きい声は控えてくださいね」と言ったらちょっと落ち着いたような……いや駄目か。お前には理性がないのか。
双方手を出さないよう、電車1両分離れた所で説得工作です。

注意男は警察兄さん&保安員1人を相手に「暴力だ暴力だ」訴えてるんですけど、実際に何か被害受けた訳ではないんですよね。
アレか? いい年してオヤジにもぶたれた事ないクチか? ココロがキズついちゃったのかな?

とにかく、同じ話の繰り返しは不毛だ……

比較的落ち着いてるリュック男には、保安員2人と私が(勝手に)付き添ってるのですが、保安員さんは傍にいるだけで、積極的に事態を収める様子が見られません。決して職務怠慢でなく、トラブルを丸く収める教育を受けてない感じ。いや、時間が解決する事もありますけどね…

いいかげん切り上げたくなったので(私が帰っても誰も気にしないでしょうけど)リュック男に話しかけてみたら、これから仕事だと言うではありませんか。これはチャンス!
お仕事大変ですね〜遅れるとマズイですよね〜と話を持っていき、いつまでも相手してても胸くそ悪いし、形だけ謝っちゃえば?と水を向けたら、その気になってくれました。(詐欺師になれるよ)

注意男に「リュック男は頭を冷やしたので謝罪するそうです」と伝えたら、急になんだ自分勝手なと言うので(勝手なのはお前達だろ。私も勝手に残ってるんですけど)「謝れと言ったのはあなたでしょ。それとも土下座させたいんですか」と非難めいた感じで突っ込みました。。こういう場合、要求を上回る案を提示すれば、良心がとがめて大抵は引くものです。
土下座という言葉に過剰反応して突っかかってきたので「どういうレベルの謝罪が欲しいかという事です」と冷静に言ったら「土下座なんていらん。でも謝るならこっちに出向くのが筋だろう」と。
おおぉぉぉ、解決の糸口が掴めた感じ?!

リュック男に伝えると理解してくれたので、ケンカ男2人は再びご対面。
ちょっと嫌な予感がしたので「形ばかりとはいえ、謝るのだから手をそろえて〜」とか口出したんですけど、リュック男のヤロウ、腰に手を当ててふんぞり返って「悪かった」ですと…。

注意男、再び怒り爆発。
ああぁぁぁ、言わんこっちゃない! 私の決死の取りなしを無にしやがって! また振り出しか? もう20分もココにいるんだぞ…(だから私は帰って良いんだって)

と思ってたら、注意男、怒りながら勝手に去っていきました。
あれ、いいの? 訴訟も謝罪もしてないんだけど。

みんなポカーンですよ。
怒りながら帰れるなら、さっさと帰れっつーの。
謝罪を要求する? むしろ私に謝れ(あと警察兄さん&保安員にも)

別れ際に雑談した時、保安員の一人は「注意男が悪い」と言ってました。
うーん、切っ掛けはマナー悪いリュック男だと思うのですが、注意男は「暴力暴力」しつこく訴える事で、自分の印象悪くしたなーと。あいつ、絶対プレゼン能力低いですよ。

そうそう、リュック男は、私たちに「ちゃんと」謝罪とお礼してくれました。

はーやれやれ。ブログネタだなこりゃ。
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-19 23:46 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
今度の日曜は横浜港の花火大会ですね。
喧嘩と花火は江戸の華と言いますが、私はケンカの方に縁があるようです(そもそも江戸じゃないし)

帰宅途中、横浜駅のホームで中年男性2人がケンカをしてました。改札へ向かう階段が混んでいたので、待ちながら様子を見ていたのですが、一向に収まる気配がありません。
人が少なくなってきたので、よく見てみると、ケンカしてる当事者の他に仲裁してる人が1人いて、遠巻きで見てるのが私を含めて2人。階段脇の、やっと人が1人通れるような狭い所でやらかしてるので、すげー危ないです。ただでさえ、横浜駅は工事中で(10年くらいやってる)足下おぼつかないというのに。
当事者2人が落ちようが、はねられようが自業自得ですが(私は冷たいよ)仲裁してる人が落ちたら気の毒です。

とっさに「駅員さん呼んできますので、落ち着いてくださいね」と声をかけました。駅員呼ぶと聞けば収まるかな〜と思ったのですが「おう、呼んできてくれ」とのこと。おーおー、積極的に第三者巻き込む気かい。

改札にいる駅員さんに事情を話すと「すぐ行きます」と言ってくれましたが、帰宅ラッシュ時間に駅員さん1人しか見当たらないのは、どういう事だ!(JRリストラしすぎ)

改札にいる人全員捌いてからじゃ時間かかるだろうな〜と暗澹たる気持ちでホームに戻ると、まだやり合ってます。「駅員さんすぐ来ますからね」と言ったものの、2人のボルテージは上昇し、胸ぐら掴み合いながら押し合い……うわ、こっち来た!危ないーー第三者を線路に落とす気かーーー

そこへ、ホームの下から人が(ビックリした)

正しくは、隣のホームにいた乗客がこちらに気がついて、線路に降りて駆けつけてきてくれたのです。カッコイイ!(いや危ないってυ)

その人がポケットから取り出したのは、なんと警察手帳。おそらく帰宅途中の非番の警察官(刑事さんかも)の方で、とりあえずケンカおやじ2人をホームの開けた場所へ誘導していきました。
それまで仲裁していた2人は安心してホームから去り、私も帰りかけたのですが、ふと「お巡りさんだって無敵じゃないよね」と思ったら気になってしまって。駅員さん呼んだ手前、最初からいる人間が説明した方が良いでしょうし。

というか、本当に駅員さん来てくれるのだろうか……

長くなったので明日に続く。
[PR]
by shinnokotowari | 2008-07-18 23:05 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari