ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

前を歩いてるおばさんが香水臭くて、鼻がムズムズ。クシャミ連発してたら怪訝な顔で見られてしまいました。あんたのせいだー

私は歩くのが速いので(走るのは遅い)タバコや香水の匂いがきつい人は追い抜いてしまうのですが、今日は傘をさしてるのでそうも行かず。せめて香水おばさんが端に寄ってくれればなあ。こういう人に限って、道のど真ん中をトロトロ歩いてるのですよね〜やれやれ。

それから半日以上経っても、うっすら鼻水、鼻とノドの奥が腫れてる様な違和感が続いているのですが、もしかして風邪?
暑かったり寒かったりで風邪ひきやすい日でしたけど、香水臭さからクシャミ連発したのが引き金になったんじゃ…って、まさかね。

ついでに、遅れていた月のモノも来ました。今日は出勤日だったし、嫌な1日だ。

でも帰りに良い買い物をしたので、まあいいや〜♪(体調悪いなら早く帰れ)
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-31 23:18 | Trackback | Comments(2)
セオドア編もリディア編も、チャレンジダンジョンクリアして、レベルもカンストさせました。もちろんカルコ&ブリーナも復活。

次はヤン編かポロム編か、どっちを落とそうかなと悩んでたら、早くもエッジ編が配信です。
公式サイトのキャラクター紹介で、エッジ配下の忍者が4人もいると判明。5人パーティを組むことになるのでしょうか。……昔、忍者モチーフの5人組み戦隊モノがありましたっけ。
全員忍者ジョブだと、装備品がかぶるのが悩みどころ。あと、みんなで「投げる」やったらアイテム消費がものすごい事になりそうです。いっそ、石化した仲間投げちゃえ~(ひどい)

あ! リディア編の最後に登場した「黒衣の男」は、この4人の中の誰かなのでは?!
1人は紅一点で、1人は子供なので、残るは巨漢かおじいちゃんになりますが…(おじいちゃん希望)

ヤンとポロム後回しにして、先にエッジ編やりたくなってきました~
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-28 17:03 | ・FF4アフター | Trackback | Comments(0)
もう書かないと言いつつ…。ツッコミ所が多すぎて、どこかで吐き出さないと病気になりそうです(笑)
大河ドラマは好きだけど篤姫は好きになれない人が書いてる感想文なので、このドラマが好きな一般視聴者の方はご注意ください。


ウツケ疑惑の家定が垣間見せたカッコイイお顔(笑)を何度も思い返す篤姫を見て、少女マンガかーっ!と思いました。
いかにも恋愛フラグ立ちました~みたいな。背景にキラキラした星とか花とか見えそう。
で、NHKはこのシーンばっかりリプレイしすぎだと思います。

少女マンガっぷりにクラクラしてたら、お志賀さんと対面した辺りからドロドロしてきた…。今度は「大奥」ですか。

前回のラストで、家定&篤姫が追い掛けていたのは「鴨」だったと思うのですが、今回のセリフでは「アヒル」になってました。鴨を家畜化したのがアヒル…でしたっけ?
鴨じゃなくても猫でもネズミでも何でもいいんですけど、わざわざ「アヒル」にしたのは、アフラックのCMを意識してるのでしょうか?ほら、宮崎あおいとアヒルがアヒルンルンしてる有名なアレです。

こういう小ネタ系って本来好きなはずなのに、このドラマに限っては、何故かカチンと来てしまいます…。もっと広い心で見ようよ私。

小ネタ系と言えば、大奥の四人が篤姫の髪型を巡って井戸端会議してる場面も、かなりげんなり…。オープニング前の前振りならともかく、ドラマ本編だというのに、テロップまで入れちゃう力の入れよう。いかにも、作家の人が資料で得た知識を盛り込みました~みたいな。物語の中にさりげなく盛り込めないんですかね? 小ネタ解説はオープニング前が恒例だっつーの。
大奥四人衆の井戸端会議は、今後もありそうな予感。
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-26 16:05 | ・大河ドラマ | Trackback | Comments(0)
久しぶりに鍼灸院の話でも。

いつも2週間ごとに通院してるのですが、今回はスケジュールが合わなくて3週間以上空いてしまいました。
急に暑くなりましたし、しかも便秘ぎみで生理前と、アトピー悪化の要素満載! その割に、あまり肌荒れしてなくてアゴと首周りがガサガサしてるくらい。悪化要因が重なってる時期にしては、かなり軽めです。

今回もビシバシ打ってもらいます。
鍼治療といっても、今までどこに刺してるか書いてなかった気がするので、紹介してみますね。

まず、仰向けの状態で横になり、頭の前髪が生えてる辺りに1本。
肩、ヒジ、手(親指と人さし指の間)に1本ずつで左右合わせて6本。
お腹の下に3本。
脚、足に4本ずつで合わせて8本。

次にうつ伏せになって、背骨にそって左右4本ずつ、合わせて8本。
あと、腰に集中的に4本。

こうして数えてみると、結構な量ですね。
鍼を刺す位置や本数は、その時の体調によって変わります。治療初期の頃、顔の肌荒れがひどかった時は、顔面にも刺してもらってました。
先生から「恐くなければ顔に刺す方法もありますが」と言われて(無断で刺されたらコワイですよねυ)治療の効果が出始めた頃だったので、、是非にとお願いしちゃいました。確か、目と鼻の間くらいだったかな。

しばらく刺したまま安静にして、合間にお灸などもやってもらいます。
時には、鍼だらけになりながらウトウト…。たまにイビキかいてる患者さんもいます(笑)
寝相悪い人はちょっとキケンかも~。

最後にマッサージしてもらって終了です。
お灸で胃腸を温めてもらった効果なのか、帰宅してすぐトイレへ直行。内臓も冷えてると動きが鈍くなるんですかね~
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-25 18:48 | 健康・体調・アトピー | Trackback | Comments(0)
私が子供の頃、鉛筆削りのおかげで小刀で鉛筆を削れない子が増えたーなんて言われていた事を思い出しました(前置き)。

最近、ポンプを押すと泡で出る液体ソープをよく見かけます。
代表的なのが、キレイキレイ、ビオレでしょうか(商品名出しちゃったー)
CMで、泡で出てくるから子供でもきちんと洗える事を売り文句にしてますが、子供をダシに親心に訴える宣伝手法はちょっと不愉快。
企業姿勢はともかく、子供にこんなモン使わせるなーと思うのです。

子供は不器用です。
それに人間は面倒くさがりだから、どうしても楽なやり方へ逃げてしまうもの。

しかし、子供に楽する事を覚えさせてはダメだと思うのです。出来ないからといって便利なものを与えていたら、頭や体や手先を育てるのを放棄するも同然じゃないですか。
あらかじめ作られた泡の石けんより、まずは石けんを泡立てる方法をマスターしないと!

泡で出る石けんを使わせるくらいなら、泡立てネットの方がまだマシ。

近い将来、石けんを使えない人が増えるに違いありません(予言)
乾いた固形石けんを叩いたり擦ったりしながら「泡が出てこないんですけど〜」みたいな。
そしてモンスターペアレンツは「ウチの子は石けんなんか使った事ないざます。泡のソープにしてほしいざます」と学校の石けんにイチャモン付けてくるんですよ〜。あーやだやだ、こわいわ〜。
(でも学校の石けんって、何故か不潔そうに見えてあまり使いたくなかったなあ)

鉛筆削りの話に戻りますが、私は学生時代に小刀で鉛筆を削れるようになりました。
慣れてくると、削り出しから芯の太さ・長さなど、自分好みに美しーく削りたくなるんですよね〜。最近ご無沙汰してるので、久しぶりにカリカリシャリシャリやりたいなあ。

***

ちょっと書き足し。
千尋の谷に突き落とせとは言わないけど、子供時代は多少不便だったり環境が厳しい方が良いと思う。不便を知っていればこそ、自由を得た時・便利なモノを知った時の喜びは大きいし、「厳しく不便→楽で便利」という変化は楽しいけど、逆はツラいからね…。
よって、昨今流行りの、親の保護&甘やかしを奨励してる子育て論(それを愛と言うらしい)には異議を申し立てたい…です。

世のママさん方を敵に回す発言かも(汗)
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-24 17:52 | 健康・体調・アトピー | Trackback | Comments(5)
Macダウン

その後、21日に有休返上してOSの復旧に当たったものの、想像以上に困難で……
いえね、週末の段階で初期状態(OSX10.2)に戻したので、10.3にアップグレードするだけなら、半日あれば復旧できると思ってたのですよ。
元々は10.4使ってたんですけど、CD-Rが見つからないなら仕方がありません。10.3ならSafariも使えるので、少なくとも仕事に支障はありません。

ところが、10.3にアップグレード中にまたもやフリーズ。また10.2入れる所からやり直し〜
しかも、変な所でフリーズしたらしく、ネット接続など諸々の設定まで消えてしまいました。ひ、ひどすぎる!

これはもう、クリーンインストール実行するしかないな…

実は、クリーンインストールの必要に迫られるなんて、公私ともに初めてなものでちょっとビビってます。そもそも、時間ある時じゃないとできませんし。

そんな訳で、パーティションきって残していたMacOS9.2を久しぶりに起動しました。うっわ、懐かしい〜
つい、ドックを開こうとして、マウスカーソルを下へ持っていってしまいます(Mac使いにしか分からない話だなυ)

OS9.2のブラウザ(IEとネスケ)を使ってみて、自分のブログが見れない事に気付いたので(編集とかできないのは由々しき問題!)スキンを代えました。
形が崩れるくらいまだマシだと思うことにしよう。

ところで、OSXをクリーンインストールすると、OS9の方も消えてしまうんですかね? それは困るんだけどなあ…
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-21 17:00 | パソコン・Mac | Trackback | Comments(0)
「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」と同じく、スティーブン・キング原作×フランク・ダラボン監督コンビの新作とくれば、期待しない方がおかしい!(笑)
いやいや、過剰な期待は禁物…と逸る気持ちを抑えながら観ましたが、予想通りの、いや予想を超える出来でした。
しかし過去2作のような感動作ではありません。絶望的な…傑作です(でもグリーンマイルは深読みすればホラーだと思います)

簡単なあらすじ。
嵐の翌日、湖畔の田舎町は濃い霧に包まれます。買い出しでごった返すスーパーに血を流した住人が駆け込んできて「霧の中に何かいる!」と告げた事から始まる人間模様…といった所でしょうか。

この通りB級ホラー的シチュエーションでありながら、心理描写は一級品。
霧の中にいる化け物も恐いけど、人間の方がもっと恐い。

注目したいのが、聖書片手に贖罪を説くおばさんで、正直「ミザリー」より恐かったです。最初は変わり者と思われて誰も相手にしないのに、徐々に彼女に扇動されていく人々。恐怖に晒され、何かにすがりたくなる心理の恐ろしさ…。
田舎のスーパーという狭い空間ながら、狂信的なナチスに従う人々、沖縄の集団自決など、狂気に駆られた世界の縮図を見てしまったような気分がしました。

…と、いくら書いてみたところで、ありがちな話に聞こえるかもしれません。
このまま終わっても、心理描写が秀逸なホラー映画として、それなりに評価されたでしょう。そして数多の良作の中に埋もれていったと思います。

特筆すべきは、映画オリジナルのラストシーン。
ラスト○分がスゴイ!と煽る宣伝には飽き飽きしてますが、ミストは本当に凄いラストでした。私は原作読んでましたけど、それでも奈落の底に突き落とされる気分を味わいました。ある意味、キング以上にキングらしい残酷な最後。
過去作に例えるなら、シックスセンス以上の衝撃と、セブン以上の絶望感に打ちのめされます。

私はこの映画をオススメしません。嫌いだという人の気持ちも理解できます。
でも間違いなく傑作です。

キングの小説を映画化するのは難しいと言われてますが、キング×ダラボンは百発百中でアタリですね。この2人は心が通じ合ってるんですよ、きっと(笑)


原作の最後は「希望」という言葉で締めくくられます。
「ショーシャンクの空に」でアンディが繰り返していた言葉です。「ミスト」のテーマも同じだと思うのです。希望を忘れちゃいけない。
同じ作者・監督が同じテーマを描いているのに、観た後の心境は180°違うんですよね…。やられた感MAXです(苦笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-20 23:45 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
昨日のナルニア感想でロード・オブ・ザ・リングの話を出しましたが、続編のホビットの冒険がようやく動き出しましたね(原作の本では前作に当たるんですけど・ややこしい)

ピーター・ジャクソンはプロデューサーに専念とのことで、監督変更は不安要素でしたが、ギレルモ・デル・トロに決まって一安心です。パンズ・ラビリンスが良かったので(ダークファンタジー万歳)ナルニアみたいなパステルカラーファンタジー☆になったらどうしようかと(…)

脚本は最終稿の仕上げ中で、最近は出演交渉のニュースがチラホラ。
キャストはできるだけ前作を踏襲するそうで、ガンダルフのイアン・マッケランは決定、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)やンディ・サーキス(ゴラム)など、皆さん前向きで嬉しい限りです。

でも1人でもスケジュールが合わなければ全員総取っ替えとのこと。
なんかその気持ち分かる気がします〜

…ところで、主人公のビルボはどうするんだろ? や、やっぱり若返るの?!


明日は「ミスト」の感想です。これはスゴいよ…
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-19 20:36 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
明日は1日有休を取ってるのですが、Macが心配なので午前中だけ出社してきます。
そして午後は映画を観てきま〜す。「ミスト」上映してる映画館(少ない!)が職場に近いので、ちょうど良い♪

今日は、テレビで「ナルニア国物語 第一章・ライオンと魔女」を観ました。
ファンタジー物大好きなんですけど、しゃべるライオンとか魔女とかタンスの向こうに不思議な世界が!とか、そそられるキーワード満載なんですけど、公開時は何故か食指が動かなくて。テレビ放映を機に観てみる事にしました。
第二章が公開されてるので、第一章が面白かったら明日はナルニアでも良いですしね。

で、第一章の感想。

面白かったですよ。
でも、それだけです。辛い疎開先のお屋敷には異世界ナルニア国に通じる入り口があって、主人公達は予言されている勇者で、悪い魔女を倒して平和になって勇者と称えられてハイ終わり。ストーリーは予測できるし、映像は鮮やかな色彩に溢れていて、剣で殺し合ってもシミ一つありません。夢溢れるファンタジー世界の王道ですな。
……ロード・オブ・ザ・リングと比べる人もいますが、比較対象にすらならないでしょう。並べたら可哀想です。

だからこそ、ファンタジー映画の入門としてピッタリではないでしょうか。
戦闘シーンや死の場面などもありますが、血なまぐささや残酷さは排除されてるので子供でも大丈夫。そう、小学生くらいの子供と一緒に映画を観るのに、これほどふさわしい映画もないんじゃないかと。
映画好きなウチの母が、子供の私や妹に見せたのが「ネバーエンディングストーリー」や「サンタクロース」や「ウィロー」といった作品でした。今観ると、これらのストーリーは王道すぎて退屈なんですけど、やっぱり心に残る思い出の作品であることは変わらない。

大人になった私は、お金を出してまでナルニアを観ようとは思いません。しかし、この映画をきっかけに私のようなファンタジー好きになる子供は絶対いるでしょうね。
そういう意味で(未来の金ヅルってこと?!)映画界にとって必要不可欠な作品なのです。
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-18 23:35 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
今日は土曜出社の日なのですが、ヒマ…というか手持ち無沙汰だったので、久しぶりにMacのOSをアップデートしてみました。最近、動作が重かったり、フリーズする事が多い気がしてましたので、解決したら良いな〜と思って。

もりもり読み込んで、あともう少しで終わりそう…な所まで来て、突然エラーメッセージが! なんだか良く分かりませんが、途中で不正終了してしまったようです。

アップデートできないならできないで、まぁしょうがないな〜くらいに軽く考えていたのですが、甘かった!

再起動したら、なんか画面が変。

一見すると今までと変わりないのですが、ウインドウを開くと、上部バーのウインドウを拡大したり閉じたりドックに格納したりするマークが変型してたり無くなってたり…。しかも、アプリケーションが開けない!

つまりこれはMacが壊れたという事か?!

ウチの会社の人々は老若男女問わずパソコン関係ド素人でして、しかもMacメインなのは私だけ。…自分で何とかするしかないですね。

冷静に考えてみて、OSをCDから起動して再インストールしようと思いました。ところが…

職場のMac、買った当初に入っていたのがOSX10.2(通称ジャガー)で、10.3(パンサー)を経て、今入ってるのが10.4(タイガー)になります。パンサーまでのCD-Rはあるのですが、何故かタイガーが無い…
仕方ないのでパンサーを入れてみたら、案の定、OSが古いと拒絶されてしまいました。
いっその事、レパード(10.5)入れた方が良いのか? でも買ってきて無駄になったら嫌ですし…どーするんだよおい!

ヘルプセンターに電話して突っ込んだ話を聞くとお金がかかるので、他部署から窓機を借りてAppleのサイトで検索。

……

…………

あ〜〜〜〜窓機は読み込みが遅い!
うぅぅぅ…、コイツの遅さに比べれば、さっきまでのMacなんて遅い内に入らなかったのに、アタシが贅沢言ったもんだからMacが拗ねてしまったのかも…。ごめんよ〜動いてくれよ〜

Appleのサイトで、OSをダウングレードする方法を知りました。つまり、出荷状態にしてからアップグレードしていく、と。
ふむふむ、ダウングレードなんて初めて聞きましたわー。私が無知なだけ?

そんな訳で、旧データを残しつつジャガーで復旧できましたー♪

まだパンサー以降対応のアプリケーションは使えないけど、1回アップグレードするだけなら半日かからずにできますし、9割方復旧したと見て良いのではないでしょうか。
最低限の動作は確認できたので、今日の所はこれにて終了!
[PR]
by shinnokotowari | 2008-05-17 23:22 | パソコン・Mac | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari