ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2005年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

昨日は、ネットで親しくさせて頂いている(最近はオフでも結構……)御影さんのご自宅へお邪魔しました。
今回はオフ会というより、生後二ヶ月のフォウちゃんに会うのが目的です。
人様のお子さんに関して好き勝手書くのは気が引けますので、レポとしてではなくブログでご報告。(ちゃんとしたレポ書いた方が良いのかなあ。差し障りなければ書きますが)

ご出産を控えた珠杉さんと原さんも一緒です。同時期に赤ちゃんを迎えるとあって、リアルな話を拝聴しました。

私たちがお邪魔するのと入れ違いで、御影さんの御夫君がお出かけされました。一言ご挨拶しただけですが、優しそうな方でした。
フォウちゃんが眠っている内に、お昼を食べながら、互いの近況報告など。でも食べ終わる前にフォウちゃんお目覚めです。
夕方まで長居してしまいましたが、おむつ替えや授乳などかなり頻繁で、御影さんのご苦労が忍ばれます……でも楽しそうなんですよね。少なくとも20年は苦楽を共にするんですね〜。すごいなあ。

フォウちゃんは短い間に色々な表情を見せてくれましたが、大泣きすることもなく、なかなかよく出来た御子でした。
ぐずりそうになっても、御影さんがだっこするだけで落ち付きます。
フォウちゃん語「うね〜」も、ご機嫌からお怒りまで、様々な語感を聞かせてもらいましたし、きばりから排泄、ミルクげろっまで、堪能させて頂きました。……あ、なんか皮肉っぽい書き方かも。全然そんな事はなくて。赤ちゃんの面白さというのは、笑顔だけじゃなくて、その年頃ならではの生活感だと思うので、赤ちゃんがいる日常を垣間見れて、とても満足でした。もう毎日でも遊びにいきたいくらい(迷惑!)

まだ早いですが、フォウちゃんの初節句祝いを兼ねて桜餅を持参しました。昨年半ばに、オフ会と掲示板で話題になっていた事を思い出しまして。今回はあまり見ない関東風です。生八橋の皮と同じ食感ですが、味と香りはしっかり桜風味。さっぱりした程よい甘さが美味でした。
まだフォウちゃんは食べられませんけど、母乳を通じて伝わったはず〜〜。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-31 12:07 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(2)
今日は御影さんのご自宅へお邪魔して、昨年生まれたフォウちゃん(HN)に会ってきます。


予定より少し早いので、途中の品川駅内の本&DVD屋を覗いたら、ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還~のCMが流れてました。
そうだ。SEE版、今週発売だった!

CMの中で、ピピン(役の人)が「僕たちのホームビデオです」と言ってました。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-30 12:31 | Trackback | Comments(0)
テディベアは言うに及ばず、クマという動物は実に愛らしいフォルムだと思います。
山中でクマに遭遇したらカワイイなどと言ってる場合でないことは、分かってます。
クマの生態はひとまず置いといて、生き物の形として、クマがいかに完璧な可愛らしさを備えているかという話です。


クマという動物は、頭も体も『丸』で構成されてるんですね。尖った部分がない。
例えば、簡単なクマの絵を描いてみましょう。大小さまざまな丸を組み合わせれば、あっという間にクマ絵が完成します。

さらに、クマをクローズアップしてみます。
ずんどうな体に太くて短い手足。四つん這いで歩いているかと思えば、時にはフラフラと二本足で立ち上がる事も。
これらの特徴は、人間の赤ちゃんと共通する要素ですよね。

クマのぬいぐるみが、とりわけ人気が高いのもうなずけます。あの丸いシルエットは、母性本能を刺激するのですよ。かわいくないはずがない!

ミニブタのように、もし猫くらいのサイズのミニクマなんていたら、飼いたい人続出するだろうなー。

私の部屋にも、数年前に衝動買いしたシロクマのぬいぐるみがおります。目や耳が左右対象になっていない安物です。でも、その安っぽさが愛おしい。
ぬいぐるみや人形はアトピーに良くないと言われても、やっぱり手放せないなあ……
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-28 18:03 | Trackback | Comments(0)
体調は悪くないのですが、鼻水とセキが未だに残っています。
風邪が治り切らないのか、それとも花粉症なのか、よく分かりません。
今年の花粉症は過去最悪と恐れられ、新規患者の増加や、重症化が懸念されてますけれど、重症の花粉症と言うのは、一体どれほどのものなのでしょうねえ。
今まで病院へ行ってないものの、春先は水っぽい鼻水に悩まされているので、決して他人事ではないのです。

今年はジェイソンマスク(一般的には立体マスクと言いますね〜)用意しようかなあ。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-26 23:07 | Trackback | Comments(0)
母の知人からもらい受けた白文鳥を飼ってます。
名前はヨハン。命名の由来は、浦沢直樹の『モンスター』に出てくる同名の登場人物のように頭の良い子になるように…とのことで妹が名付けました。『モンスター』の話を知っている方なら分かると思いますが、飼い主が殺されそうな名前です。
ちなみに、後日卵を産み、メスであることが判明しました……

前置きはさておき。

手元でヨハンをからかいながら、ピスタチオを食べていた時のことです。ふと思い立って、ピスタチオの殻をヨハンの頭にのせたら、ぴったりハマって、なかなか良い面構えになりました。写真を取り損ねたのが惜しいです。
妹は「ヘルメットみたい〜」と言ってましたが、私は男性ユダヤ教徒(小さいベレー帽みたいなのをかぶってますよね)のようだと思いました。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-25 23:59 | Trackback | Comments(0)
オンラインでいつもお世話になっている御影さん&COASAさんと、箱根・ガラスの森美術館へ行って参りました。
予定では、現地でRomiさんと合流する事になっていたのですが、うまく連絡が取れず、会えずじまいだったのが残念です。楽しんで頂けたなら良いのですけれど……

箱根のお山は雪が降っておりました。
北国にお住まいの方は日常的な降雪、関東平野のぼたん雪しか知らない私には吹雪のように感じられました……
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-23 23:36 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(0)
ブログ、新スキンに変更しました。
『物語のある風景』4種の中の一つ、『雪遊び』です。
季節感があり、ほのぼのカワイイ♪


でも……
異様に人間っぽいロボット君(H1717という名前らしい)の手がコワイと思います(だが、それが良い)

こういうのを『キモカワイイ』というのでしょーか。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-22 23:57 | サイト・バトン・ヲタ話 | Trackback | Comments(0)
昨秋、美術館で手に入れた図録を見ています。

最初にヴェネチアングラスに惹かれたのは、レースグラスの繊細な技術を目の当たりにしたのがきっかけでした。
最近は、金箔溶着したラッティモもキレイだなあと思います。生クリームにハチミツかけたみたいで美味しそうに見えます(食い気か…)。


図録の巻末に、ガラス関連の年表がありまして、何気なく眺めていたら、17世紀の箇所にこんな記述が。

「コルベール、ヴェネチア製の鏡の輸入禁止」

17世紀と言えば、ヴェネチアのガラス製造が衰退した時期です。
コルベール! 貴様が原因の一端かーー!

でも、マリーアントワネットは嫁入り道具としてヴェネチア製の鏡をフランスに持ち込んでます。
その鏡、現存してまして、数年前に見たことがあります。鏡の部分は腐食が進んでましたけれど、周囲の装飾は今でもキレイでした〜。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-21 23:44 | Trackback | Comments(2)
23日は、オンラインのお知り合いの皆様と箱根へ行ってきます。
会う機会が多い方ばかりなので、オフ会と銘打つことに疑問を感じる今日この頃。でも、またオフレポ書くだろうなー。なんかもう、ライフワークのようですよ←オフレポ書き

当初予定から参加メンバーの増減はなさそうです。
まだ全員分のお返事を確認していないのですが、3日前となりましたので、明日(今日か)帰宅後に最終的なメールをお送りします。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-20 00:41 | Trackback | Comments(0)
オフレポやら何やらと並行して、暁さんご所望のアラアラ話を書いているのですが、非常に難航しております。
おおよその流れは出来ています。昨夏、中華街行った時に、暁さんに話した話を煮詰めるだけです。
それが、いざ書き始めると、ダラダラと無意味な長文が続き、ちっとも核心に入らないし、要点分かりにくいしで、自分は一体何を書きたいのやら。時代考証?起承転結?何ソレ?せめて、読み手に意味の伝わる文章にしたい……(限りなく低い目標)

という訳で、スイマセン! まだ時間かかります〜。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-01-18 23:50 | サイト・バトン・ヲタ話 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari