ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

<   2004年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

サイトの更新、週刊を目標にしています。
その割に、ここしばらく更新が滞ってます。ブログはともかくとして。
先週、「仕事が一区切りした」とか書いてたくせに何をしているのか……といいますと、マンガ描いてました。

日曜日に下書きからペン入れまでガーーーっと進め、
月曜日は帰宅後にコメントとインフォメをぐちゃぐちゃ書き散らし、
そして本日、某様宛てに郵送で送ります。

相変わらず、スクリーントーン不使用の貧相な原稿です。
でも、なんだかんだ言って、描く事が好きなんだなあと再認識。
『仕事絵』と『お遊び絵』、やっぱり違いますね。後者は、寝不足になっても疲れていても、楽しいです。
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-30 01:16 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
サイトTOPのカウンターが、今日か明日くらいに2万行きそうです。
リロードするだけで回ってしまうタイプのカウンターなので、実際の数はずーーっと少ないはずですが。
そういえば、掲示板のカウンターも、1・2ヶ月ほど前に1万超えてましたよ。いつの間に?!
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-29 03:44 | サイト・バトン・ヲタ話 | Trackback | Comments(4)
今日は、『はっちぽっち。』管理人のあさみさんをお呼びして、また指輪鑑賞会を開催しておりました。
先日、あれだけミノネツさんとお話しまくったのに、全くネタが尽きません。掘っても掘っても、小ネタ大ネタがザクザク出てきます。底知れぬ深さです。
なんと言っても、今回の新発見&大フィーバーは、国民総馬マニアなローハンの人々でしょう!詳細はオフレポで。

もう少し時間に余裕があれば、是非いるっちさんもお呼びしたかったです……。
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-27 23:48 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
近頃、テレビでやたらと見かける占い師(六星占術)・細木数子。

12月公開予定の邦画『ゴーストネゴシエイター』が、細木サンの思い付きで『ゴーストシャウト』というタイトルに変更するそうですね。
製作チームにクリエイターとしての誇りはないのでしょうか。

私も一応『クリエイター』の範疇に入る仕事をしてますので、誰かの一存で、納得できない変更を強いられる事もあります。

例えば、広告を作るとして、意見に相違があった場合。
自分なりの意見や、製作物に込めた考えがあっても、納得できない物を作らざるを得ない事もあります。
私一人が納得できなくても、製作物を作っているのは私一人じゃありません。
相手がスポンサーであれば、お金や宣伝という利害があります。上司であれば、これまでの経験や勘を尊重したり。それぞれの好みもありますよね。
どんなに無念でも、妥協しなきゃいけない場合というのは、確かにあります。

けれど今回の細木サンの場合は全くの部外者。
彼女の言う事を聞こうが聞くまいが、タイトルを変えようが変えまいが、利害のない人ではありませんか!

この映画に関して、部外者なのは私も同じだけれど、無性に不快感を感じるのは何故〜〜〜


で、映画のタイトル。
ストーリーは全然知りませんが、タイトルだけで判断するなら、前のタイトル『ゴーストネゴシエイター』の方が私は好きです。
ゴースト+ネゴシエイター(=交渉人)。色々と想像する余地があって興味が湧きます。

新タイトル「ゴーストシャウト』は、単に騒々しいだけのイメージが強くて×〜〜!

とはいえ、好みは人それぞれ。私とは逆に『〜シャウト』の方が良いという意見もありました。
タイトルの善し悪しよりも、振り回されてる連中があまりに情けない…です。
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-26 18:30 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
ここ一週間ほど探し続けている『FF11 プロマシアの呪縛』のサントラが、どこに行ってもありません。えーん。恥を忍んで取り寄せようか考え中。

代わりに、前作『FF11 ジラートの幻影』のサントラを聞いているのですが、ケースの留める部分が折れてしまい、無惨な姿で転がってます。えーん。

ちなみに、サントラ持っているくせに『FF11』は未プレイです。
ずーっと興味は持ち続けているのですが、環境が整わないもので…。うちには、HD付プレステ2も窓機もありません。いい加減、Mac版を望むのは諦めた方が良いかもしれません。うえーーん
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-24 23:51 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
胃に近い脇腹辺りが……
多分、明日仕事だからだ…………
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-23 23:46 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
ジブリの新作『ハウルの動く城』が、20日より公開始まりました。
20日は出勤日だったのですが、横浜駅前にある某映画館なんて行列がビルの外まではみだしてました。朝の8時ですよ。一番前の方は、一体いつから並んでいたのでしょうか。
私も、かなり見たい気持ちでいっぱいですが、混雑は苦手なので、いつ見に行くか分かりません。それに、興味あっても映画館まで足を運ばないかもしれません。だって、1年もすれば、絶対テレビでやるし……
なんだかんだ言っても、映画館で見たジブリものは「魔女の宅急便」だけです
しかもタダ券で。

でも、せっかくの話題作に乗り遅れるのもサミシイので、勝手にラストを予想してみました。あのー、怒らないで下さいね(びくびく)

********************

呪いが解け、元の姿に戻ったソフィは
「ハウル、あなたのおかげよ」
と、ハウルに飛びつきました。
しかし、ソフィの若返ったしなやかな指がハウルに触れる前に、強い力で後ろに吹き飛ばされてしまいました。
突然の出来事に、ソフィは自分の身に何が起きたのか理解できません。まさか荒れ地の魔女がまだどこかに潜んで……?
「寄るな、小娘!」
信じられない事に、ソフィをののしるのは、目の前のハウルでした。
その美しい瞳には。ありありと嫌悪感が浮かんでいます。
「ハウル…?」
「ええい、黙れ黙れ! これまで役立たずの貴様を城に置いてやったのは、貴様がばあさんだったからだ。元の姿に戻っただぁ? 小便臭い小娘なんかに用はない。帰れ帰れ!」
「そ、そんな。私の事、愛していると言ったのは嘘だったの?」
「嘘なものか。僕はソフィを愛してる。年寄りのソフィをな! 愛する人を失った僕の気持ちが、小娘なんかにわかるものかああああ」
まるでほうきで掃き出されるゴミのように、ソフィは城を追い出されてしまいました。
去り際に、ご丁寧に塩までまいてハウルは行ってしまいました。

********************

デブ専ならぬ、ババ専だったハウル……
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-22 12:10 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)
疲れているのか、幻覚症状が始まりました。

確か、21時すぎだったと思います。
帰宅すると、父はソファでくつろぎ、母は私の夕飯を温め始めました。隣の畳部屋には取り込んだ洗濯物が山積みになっています。
その山の向こうで、妹は丸くなってテレビを見ていました。バラエティ好きな妹にしては珍しく、ドラマ『弟』がついているので「珍しい」と思ったことを覚えています。
私は自室で着替えを済ませ、メールをチェックし、10〜20分後に、夕飯を食べようと再び居間へ行きました。

食事の用意は出来ていて、母は知り合いと電話をしています。
一人で遅い夕食を食べていると、電話中の母がゼスチャーで「隣の部屋のテレビを消せ」と言っています。
「妹が見ているのに…」と不思議に思いましたが、「テレビの音が大きいのかな」と考え直し、テレビに熱中している妹に声をかけようとして隣の部屋を覗くと、部屋はもぬけの殻だったのです。私は訝しがりながらも、トイレにでも行ったのだろうと思い、テレビを消しました。
しばらくして電話を終えた母が「テレビ付けっぱなしで、電話してたから消すよう頼んだの」と言うので、私は「少し前まで妹が見てたよ」と言いました。ところが、母は「妹はまだ帰ってない」と変な顔をするのです。

??

少し前、確かに妹はいましたよ?
でも、トイレにも部屋にも、本当にいません。では、あれは一体だれだったのか。

23時近くなり、ようやく妹が帰宅。
私が妹?を見た話はしないで、21〜22時頃何をしていたか聞くと、バイト先で黙々と値札貼りをしていたそうです。ただ、熱中する余り意識が遠のいていた時間があったそうで、その時間帯というのが、妹が自宅に出没したのとほぼ同じ頃。手は動いているけれど、ぼーっとした状態だったらしく、しばらくして急に意識が覚醒したと言っています。

これは、もしや生き霊というヤツ?
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-20 15:08 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
ふと頭に思い浮かんだので、本日のブログタイトルに採用。
未見の映画タイトルを借りてしまいました。スミマセン。

という訳で、タイトルの通り多忙です。あと一週間くらい…かな?
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-18 00:44 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
残業時間が佳境に入った頃。
締め切りを伝えてあるにもかかわらず、遅れに遅れた原稿をディスクに保存し、会社の近くにある出力センターに持って行こうとしました。
急いでいるのに、エレベーターは離れた階で止まっています。走った方が早いと判断した私は、階段を使う事にしました。

ダダダ……と駆け下りて気がつきました。いつの間にか、建物の中が真っ暗だということに。
仕事に没頭していたせいか、かなり遅い時間になっておりまして、他の階は既に消灯済み。
しかし、今更エレベーターを呼ぶのも面倒です。
1階ロビーまで、赤い非常灯だけを頼りに、ものすごい勢いで走り抜けてきました。ふー、落ちなくて良かった…。
[PR]
by shinnokotowari | 2004-11-17 01:07 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari