ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

カテゴリ:日常( 42 )

ここ最近、眠れない日々が続いてます〜(眠たげな語尾)

深く眠ってしまえば大丈夫なのですが、寝入るまで時間がかかってしょうがないのです。布団に入ってから2〜3時間はグダグダしてます。やっとウトウトしかけても、些細なことでお目覚め〜。暑いなーとか、寒いなーとか、オバケいるなーとか(え)そんなん。

2・3日ならまだしも、そろそろ一ヶ月になりますか…。
寝付けないのに眠気はあるので、起きてるのもしんどい。

不眠症の原因は分かりません。仕事は忙しくないし、悩みもないんですけど…。強いて挙げるなら、眠いのに眠れないのが悩みです。

仕事中は何とか居眠りしないで済んでますが、やっぱり眠気を引きずっているようで、とうとう帰りの電車で寝過ごしてしまいました。しかも2日連続で。
次の駅まで10分以上かかるので、往復で20分、待ち時間を入れれば30分以上の時間ロスです。
もし2駅乗り過ごしたら、戻るのに1時間かかるんじゃないか?

それだけ時間があれば、もう一眠り……。

また寝過ごすぞ〜。
[PR]
by shinnokotowari | 2009-06-24 13:09 | 日常 | Trackback | Comments(4)
今日は出勤日だったのですが、帰りぎわ蒸し暑かったので、久しぶりにタリーズへ寄り道しました。私はスタバよりタリーズ派なのです。でも一番お世話になってるのはドトール。
甘すぎず、さっぱりした冷たい物が欲しいな〜と思って、期間限定の杏仁スワークル(シェイクに近いかな)を頼みました。帰宅途中なので、道中すぐに飲めるようショートサイズで。

いやー、あっという間になくなっちゃいましたわー(笑)

さっぱりと甘さは控えめですが、すっごい良い香り♪
非常にワタクシ好みのドリンクです。

ゴールデンウィークの頃、中華街で見つけた「杏仁ドロップ」にハマったという話を書きました。中華街まで足を伸ばす機会がないので、ドロップの方はそれっきりでしたが、今夏は杏仁スワークルにハマりそうです。杏仁フレーバーいいですよ〜。ブーム来てます。
スワークルは高いので、グビグビ飲みまくることはできませんが…

いつかグランデサイズで頂くのが夢(笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2009-06-13 23:15 | 日常 | Trackback | Comments(0)
ほぼ毎日更新していたのに、ぽつぽつ間が空いてしまってスミマセン。
逆転検事にのめり込んでいたとか、そういうのではなく……

プライベートで凹むことが相次ぎまして、ここ数日ほど眠れないわ、頭痛いわ、涙出るわ、飲み食いできないわ…と、自分で言うのも何ですが凹みすぎです。
凹みすぎてギュウギュウと地面にめり込んでる感じ。

逆転検事も発売日に届いたのに、まったく手を付けていません。梱包すら解かないで、廊下の片隅に転がってます。近くに、回収日に捨てるダンボールが溜まってるので、一緒に捨てられてもおかしくないです。やばい!
注文したものと違っていたら大変なので、せめて中身くらい確認しなきゃ〜と思うのですが。クーリングオフは1週間でしたっけ?
カプコンなだけに、バイオハザード限定版でも入ってたらどうするんだー!

そういう訳で、今日の記事タイトルは、のめりこみ中(逆検に)ではなく、めりこみ中(気分が)なのです。
次にブログ書く時には「のめりこみ中」になってたら良いな〜
[PR]
by shinnokotowari | 2009-05-30 14:00 | 日常 | Trackback | Comments(2)
流行ってますねぇ。外では新型インフル、内ではGENO…。
特に後者。既にご存知の方も多いと思いますが、注意喚起をしておきます。企業サイトと同人サイトが被害を受けているので、私も無関係とは言えませんから。サイトを持っている方は、一度チェックした方がよろしいかと。

GENOウイルスまとめ
http://www29.atwiki.jp/geno/

感染したサイトにアクセスしただけで感染、パスワードなどの個人情報が外部に漏れる上、ローカルのhtmlファイルを書き換えるそうです。感染者がサイト運営していて、書き換えられたファイルをアップロードすれば、自分が加害者になる可能性もあり、しかも今のところ駆除方法がないのだとか……
ある意味、新型インフルより恐ろしい!

当方のサイトとブログは大丈夫です。感染対象外のMacですし、サイトなんて全然更新してませんからね! 威張れる事じゃないですがυ

対策しても亜種が出る可能性もありますので、無制限にネサフするのはしばらく自重した方が良さそう……(私の楽しみが〜)
[PR]
by shinnokotowari | 2009-05-26 17:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)
友達が近日中に転居することになり、引っ越し屋さんが見積もりに来るので立ち会ってほしいと頼まれました。


私、引っ越し交渉したことないよ?


と言いましたが、交渉はしないで良いそうです。
ま、知らない人を女一人暮らしの部屋に招くのは気が引けますよね〜。よし、行ってあげよう。

見積もりにきたのは、某大手2社。
頭文字を取って、仮にSとNと呼びます。磁石か。

先に来たのがS社。ネットで依頼したら、最初に返事をくれたのがココだったらしいです。
来て早々、お米をくれました。どもっす。
見た目清潔感あって、人当たりも良い感じ…。ですが、話しぶりが商魂たくましくて(たくましすぎて)個人的にはあまり好印象を持てませんでした。

しかし、考えていたよりかなり割安だったこともあり即決。
ネットの評価サイトでも成績良いし、問題ないでしょうという事で。



S社で決めてしまったのですが、断りの電話入れるのも面倒だったので予定通りN社も来訪。
やべー、もらったダンボール隠せ!(その為の人員だったのか?私は)

N社の担当はロング髪の女性。正直なところ、第一印象はS社担当の方が良かったです。働く人は髪まとめろー!と思ってるので、ロングヘアをダラリと下ろしてるのは好きじゃないのです。個人的な好みですスミマセン。
第一印象は悪いし、お米くれないし(そっちか)、そもそも決定済みなので、適当に聞き流して帰ってもらおうと話していたのですが…

S社のことも他社料金のことも話してないのに、なんと提示額がS社を下回ってしまいました!!
ざわつく私たち(笑)

結局、友達は最初に決めたS社を選びました。契約済でしたし。
でも、再交渉してもうちょい値段を下げてもらいました。恨み節みたいなこと言われてしまいましたけどね。

***

友達は、小さな食器棚を新居へ持っていくか処分するか迷っていました。

S社は、当日作業員に言えば追加料金3000円ほどで処分しておきますよ〜(笑顔)と言ってくれました。

N社も、追加料金で処分できますが…と前置きした上で、役所に頼めばもっと割安だと教えてくれました。いや、それは私たちも知ってるけど自力でゴミ置き場まで運ぶのが大変だから…と言ったら、引っ越し作業のついでにゴミ置き場まで運びますとのこと。ついでだから、もちろん無償で。

なんかさ… N社の方が誠実ですよね。
S社は自社の利益になるなら何でもしてくれそうですが、N社はお客さんの利益になるように考えてくれてる感じがしました。N社担当のダラダラ髪は気に食わないけど(それはもういい)私が引っ越すときはN社にお願いすると思います。



その後。

「クロネコも引っ越しやってなかったっけ?」

「…あ!」

と気付いた私たち(猫好き)
[PR]
by shinnokotowari | 2009-05-03 19:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)
文鳥がいた日々の続きです。

留守中の自宅に一番乗りで帰ってきた時、いつもピーピー騒いで迎えてくれたヨハン@文鳥の声がなくなり、あらためて寂しさを感じています。
平日は他の家族が先に帰宅しているので気にならないのですが、土曜出勤の日は明るいうちに帰って来れたので……ね…。

昔は一戸建ての家に住んでいたので、動物が死んだ時は庭に埋めていたのですが、マンションではそうはいきません。最近はペット墓地もありますが、どうも商売っ気が鼻について気が進みませんでした。

そこで、小さな植木鉢を買ってきました。白い陶器のカワイイ一品。
その中に土を入れて、ヨハンの亡きがらを埋めました。棺の代わりです(笑) 小さい動物だから為せるワザ。

b0007802_1845275.jpg

ケージを置いていた部屋の片隅に安置してます。
お線香も上げてますよ〜。ナムナム。
[PR]
by shinnokotowari | 2009-04-27 18:05 | 日常 | Trackback | Comments(0)
マンションの上の階に住んでいた一家が、四月初めに引っ越しまして、今はリフォーム業者が出入りしています。最近、騒音というほどではないのですが、作業している音が気になっています。

トントン、カンカン、ドスドス…

マンションの壁は薄くないので、音自体はそれほど大きくありません。
ですが、夜の11時近くまでやってるのはどうかと。

次の住人が決まっていて、納期が早いのでしょうか。
お仕事頑張ってるのは立派ですが、子供や早寝の人は寝ていてもおかしくない時間です。私はまだ起きてますけどって、そういう問題でもないですよね。
でも、作業してる人たちも寝ないで突貫工事してるかもしれませんし、一時的なことと割り切ってしまえば…、いや、やっぱり一言言った方が……と考えていた矢先、ポストに贈答用のタオルが入ってました。リフォーム業者からのお詫びだそうです。

うちの天井から上階の床下へ、何やら念が届いたようです(笑)
いやいや、私も家族もまだ何も言ってませんって。本当に!

カネくれる顧客以外、周りの住人なんて興味ないわーと言わんばかりに知らん顔されるより、タオル1枚、挨拶状1枚あった方がずっと良いですよね(できれば工事始める前に挨拶した方がベストだと思いますけど)

***

ちなみに前の住人の方は、夕方5時に妹がピアノを弾いていたら「静かにしてください」と苦情を言ってきたことがあります。

階下ならともかく、上階から騒音のクレームが入るとは思わなかった!
人の価値観はそれぞれ違うと分かっていても、夕方5時は許容範囲じゃないですか〜?

と思いましたが、苦情に来た奥さんはご主人の代弁してるだけで、しかも申し訳なさそうに丁寧かつ下手に出られるてしまうと反論しづらい……。

昔は、近所付き合いといえば「向こう三軒両隣」でした。自宅の両隣と向かい側の三軒の家。
現在のマンションの場合、上下関係も欠かせないのです…というか、最重要。
[PR]
by shinnokotowari | 2009-04-16 23:04 | 日常 | Trackback | Comments(2)
今朝、飼っていた白文鳥が死にました。享年8歳。
母の知人が飼っていたつがいの子で、巣立って間もない幼鳥の時にウチに来ました。

名前はヨハン。
名付け親は妹で、由来は当時ハマっていた浦沢直樹のマンガから。内容を知っている人なら分かると思いますが「飼い主が寝首をかかれそう」と言いつつも定着。

だけど女の子でした(爆)
ある日、妹のパーカーのフードの中に無精卵を生み落として性別が発覚! 女の子ならヨハンじゃなくてアンナだよね〜と言いながら(分かる人しか分からない・笑)ヨハンのままでした。

せっかく手乗り文鳥になったのに、私は鳥アレルギーで手が痒くなってしまうので(飼い始めてから発覚。がーん)あまり遊べませんでした。でも、家に帰ってくると、物音を聞きつけてさえずるのがかわいくて。

一緒に生まれた兄弟たちはだいぶ前にこの世を去っているので、文鳥としては長生きだったと思います。2年くらい前から白内障で目が見えなくなってましたが、足腰はしっかりしていて、昨日の夜も構おうとした母を追い払うくらい元気だったのですが……。

今朝、目が覚めると、母が先に起きていてヨハンを手に包んで「死んじゃった」と泣いてました。
朝からやたら鳴いているので様子を見ようと、夜は被せている布を取ったら、止まり木にいなくてケージの隅でピクピクと震えていたそうです。早朝に病院へ駆けこむ訳にいきませんし、両手に包んで暖めたのですが、30分ほどすると、一際けいれんが強まり、そのまま力が抜けていったとか。

私が起きたのはその直後。まだ体は暖かく柔らかかったけれど、くちばしはもう赤黒く変色していました。
前夜まで元気でしたから老衰だと思います。換羽期は体力を使うそうですから、年齢的に衰弱していたところへ、季節が追い討ちをかけたのかも。最近は暑いくらいでしたし。

普段なら家族全員が寝ている時間でしたが、母が気づいて看取ってあげる事ができて良かったと思います。母には辛かったでしょうけど。

朝のうちに妹にメールしましたが、私が家を出る時間までに返事はなし。まだ寝てるだろうなあ。後で気づいてショックだろうなあ…。

訃報がいつ届こうが、死んでしまったら何もできる事はありません。分かっていても罪悪感に苛まれることってありますよね。
妹はまだメンタル面が不安定なので(かなり良くなりましたが)必要以上にダメージを受けてしまわないか心配です。

一方、私の方は…
ヨハンの兄弟たちが死んだと聞いた時に「そう遠くないうちにこの子も…」と覚悟をしていたからか、それともあまり世話しなかったせいでしょうか。喪失感はあるのに、一向に泣けません。心が冷たいのだなきっと。

b0007802_1021352.jpg

[PR]
by shinnokotowari | 2009-04-13 13:09 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2年前、従姉が第二子を出産する際、上の子を預かりました。まだ2歳でカタコトしか話せなかったあの子が、今月から幼稚園だそうです。月日が経つのは早い!

入園前に、いくつか下見をした中に、私の母校の幼稚園が入ってました(従姉の子は別の幼稚園)

話を聞くと、我が母校は裸足で駆け回るような校風だそうで、卒園生として驚いてしまいました。私が通っていたのは遥か昔ですが、裸足で遊んだ記憶はなかったので。

仏教系の私立幼稚園で、ごく簡単な算数と、ひらがな・カタカナの勉強はやりましたが、英才教育系ではなく、かといって自然派や放任主義でもなく…。
どう変遷して裸足教育にたどりついたのやら。いや、裸足が悪い訳ではないですけど。

幼稚園の教育方針は覚えてませんが(当時4〜6歳じゃねぇ)仏教系ゆえか日常の所作やしつけに厳しかった気がします。
例えば、入園式の記念撮影の時。大きい子は後列で、小さい子は前列に並びますよね。私は小柄だったので前列の椅子席だったのですが、撮影前に先生が私の両膝をキュっと揃えてくれたのを覚えてます。

日常の所作やしつけに厳しいと言っても、無闇に叱られることはありませんでしたよ。子供の頃は、大人の言うことは絶対正しいと思っている所があるので、自然に身に付くというか。物心つく前に仕込まれた方が、のちのち苦労しなくて済みますしね(今の私がマナーを身に付けてるか怪しいモンですが)

夏休みにはお寺にお泊まりするイベントがありました。幼すぎて、お寺や墓地が怖いという先入観がないんですよね〜。
夜は、だだっ広い御堂にちびっこいのがゴロゴロと…。昔の寺子屋みたいでカワイイ。

いや、寺子屋というより、お寺の小僧さん的教育だったのか?!


今でも般若心経唱えられますよ。
園児が耳で聞いて覚えたシロモノなので、かなりアヤフヤですが。
[PR]
by shinnokotowari | 2009-04-07 17:23 | 日常 | Trackback | Comments(4)
昨日は、数ヶ月おきに開催しているいとこ会でした。昨年いとこたちの自宅に遊びに行ったので、今回はウチに招待することに。

たまたま母が在宅の日で、昼食にパスタを作ってくれました。ありがとう。
せっかくの休日ですから、無理に付き合わないで自室で寝ていて良いよ〜と言っておいたのですが、母ってばノリノリで会話に入ってました。私より喋っていたのでは?

私の両親は2人とも末っ子なので、いとこたちは年上ばかりです。子供の頃はずっと年の離れたお姉さんだと思っていましたが、それなりに大人になると年齢差を感じなくなりますね。その感覚は、いとこ同士だけでなく、叔母と姪という関係でも同じみたいです。

いとこ会で会っているのは父方のいとこなので、母とは血が繋がっていません。
母いわく、昔は親戚で集まると(祖母と同居していたので、親戚が集まる行事は我が家で行われてました)子供たち(=いとこ)が大暴れして大変だった〜とのことですが(かくれんぼでタンスに潜り込んだりしてたからなあυ)そういう昔からの積み重ねがないと、現在こうやって屈託なく話すのは難しかっただろうなと思います。

話が弾んで、母は夕食まで誘うほど。
誘ったものの何も用意してなかったので、ストックしてある特売のカレーを振る舞いました。いいの!カレーが嫌いな子なんていないんだから!

ご飯をよそっていたら、いとこたちに「多すぎ!」と突っ込まれました。いや、我が家では普通の量です。
でも、昼食のパスタも大盛りでしたし、みんなで持ち寄ったおやつを食べまくっていたので、あまりお腹空いてないんですよね〜

と言いながら、私はペロリと完食。
そうしたら「前から思ってたんだけど、体格の割によく食べるよね」と言われてしまいました。

私はぱっと見で痩せて見えるらしく(実際はそうでもない)少食と思われがちです。
元々は少食なのですが、食べようと思えば結構入る方。朝食や昼食はジュース1杯で満足できる反面、人の残飯まで食べることもあります。(時と場合によりますが)
食事を残すのが嫌…というより貧乏性ですね。

ですが、私を「よく食べる」と評したいとこ。帰り際に夫から連絡があり、迎えに行きがてら焼き鳥屋さんに入るそうです。

人のこと言えないぞ〜(笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2009-04-04 15:12 | 日常 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari