ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

カテゴリ:・ドラクエ8( 31 )

今日はドラクエ9発売日ですね。
今のところ買う予定はありません。評判が良ければその内に…。
ゲーム好きを自称してますが、ドラクエは発売日当日に買った試しがありません。

世の中がドラクエ9フィーバーなのを尻目に、なぜかドラクエ8話でも。
いまさらスミマセン。プレイ日記が中途半端だったので、ちゃんと締めようと思いまして。

More
[PR]
by shinnokotowari | 2009-07-11 14:17 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
今日は夏休み(と称した有休1日)をとっていたので、たっぷり寝坊するはずだったのに、9時に会社から電話が……。油断できません。


熱さと疲労で長い間ご無沙汰していたドラクエ8を再開しました。
残りは、竜神王の試練と真EDのみ。あー、あと、バトルロードでモリーも待ってたっけ? 久しぶりすぎて色々忘れてます。
錬金釜には、鉄の盾+シルバートレイが入っていて、ホワイトシールドが出来上がりました。なんて中途半端な物を……。私、何作ろうとしてたんだろう……。仲間は何も答えてくれませんでした(当たり前)

自分なりの戦闘パターンを思い出すため、スライムがいっぱい出る山で肩ならし。
「メタル斬り」が全然使えねえ!!と言うことだけは、よーーっく分かりました。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-08-29 23:36 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
竜神族が今の竜神王に近付くと生気が吸い取られてしまうので、いつもの4人で天の祭壇へ。グルーノさんとも一旦お別れ。
里を出た途端、行方不明だったトーポが出てきました。主人公の周りをクルクル回る様がカワイイ〜〜♪ 現れるタイミングが実に怪しいですが。
天の祭壇、不思議な空間ですねえ。絶景ですが空気薄そう。ザコモンスターも強い。ベリアルが集団で現れた日には、ボス戦並みの覚悟が要ります。
途中、竜神族の墓地がありました。墓石の多くは崩れ落ち、墓碑名が読めるのは1基のみ。うーーん……こんなに魔物が強いんじゃ、うかうか墓参りもできないよなあ。というか、こんな危険地帯に埋葬するな。

登り詰めた先には、真っ赤なドラゴンが。でかい。あなた竜神王ですか?
ラプソーン(デブ)も巨体を誇ってましたが、竜神王には禍々しさはなくて、むしろカッコイイ。でも正気を失っているので話が通じる相手ではなく、バトルに突入。

何度かキケンな状態になりましたが、竜神王はなんとか理性を取り戻したようです。消耗の激しいドラゴン姿から人型へ……。
竜神王(人)は絶世の美形であらせられました。旧作の隠しボスは、ごついマッチョばかりだったので、意表を突かれましたよ。竜神族の長老たちも背の低い御老体ばかりでしたし。

どうやら竜神王は主人公を知っている様子。グルーノも、事が済んだら主人公に話があるとか言ってましたっけ。
竜神王の呼び掛けで、主人公のポケットに籠っていたトーポが正体を現しました。やっぱりグルーノさん……じいさんバレバレです。竜神王(ドラゴン)に生気を奪われるから付いて行けないと言ってましたが、ネズミ姿なら大丈夫なのでしょーか?

積もる話があるだろうと、竜神王の術(ルーラ系)で一行とグルーノは一気に里へ。

竜神王が一緒に来なかったのは、さんざん里の民に健康被害をもたらした後なので、バツが悪すぎて合わせる顔がなかったのだと推測。天の祭壇にいれば、滅多に人は来ませんからね。いわゆる引きこもり?(美形でも容赦ない物言いだな)
[PR]
by shinnokotowari | 2005-07-07 21:15 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
謎のダンジョンを抜けた先には、大きな開かずの扉がありました。押しても引いても開きません。リーザスの塔の教訓を思い出して上に引っ張てもダメ。こうなったらゼシカの魔法で燃やして……
ここに来て、今まで大人しくしていたトーポがどこかへ行ってしまいました。主人公のペット、モヒカン頭のあのネズミです。追い掛けようとすると、突如、扉が開きました。そして目の前に現れたのは、竜神族のおじいさん。彼の名はグルーノ、主人公一行を出迎えにきたそうです。

このグルーノさん、すんごいあやしいんですが。
出迎えに来たと言いながら里の荒廃ぶりに驚いてるし。里の人から「久しぶり」って言われてるし。何よりあやしいのはそのモヒカン頭だ!
あらゆる状況が「グルーノ=○ー○」であると示しています。

話によれば、竜神族は人型とドラゴン型の2種類の姿を持っているらしいです。
やだなあ、竜だけじゃないでしょ〜 本当はネズミにも変身でき……(言うな)

ある時、竜神王が人型を捨てる儀式に失敗して、正気を失ってしまったのだとか。竜神王は消耗が激しい竜の姿を維持する為、他の竜神族から生気を吸い取り続け、以来、村も竜神族も疲弊し切っているのでした。ろくでもない王様だな。

竜神族の多くは人間を嫌っているのですが、グルーノに「人間を見直してもらうチャンスだ」と諭され、一行は竜神王と戦うことに。いつもの事だけど、うまく丸め込まれちゃったね。
王様だけに、レアで高価で貴重でお役立ちなアイテムを落としてくれることを期待!
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-29 21:23 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
クリア後のセーブデータで再開。
ラスボス直前のセーブはレティシアだったのに、なぜかサザンビークの教会から始まります。

裏ダンジョン、目星を付けていた所に行ったのですが、何も起きません。おっかしいなー。この祭壇は絶対あやしいと踏んでたのに。当てもなくさまよってみたものの、やっぱり見つからず、ふて腐れ主人公は高台でメタル狩り。八つ当たりされるスライムA〜G(いっぱい出た)はいい迷惑です。

こうなったらネットに頼るしか。

セーブがてら、教会のタダ宿に泊まったら夢を見ました。もうお金を溜める必要はありませんが、貧乏性が抜けない一行。たまにはベルガラックのスイートに一泊したいものです。
話を戻します。夢に出てきたのは、竜の石像がある例の祭壇。石碑に何やらマークが浮き出て……。

すぐに祭壇へ直行! 石碑に触れるとどこかのダンジョンへ飛ばされました。
なるほど。夢フラグを立てないと、ダメだったんですね。スライムをいじめてる場合ではありませんでした。

手強い魔物が出てきますが、直前のメタル狩りが効いたのか、結構余裕で進んでいきます。でも地図がないので、ちょっと不安。ほら、この人地図があっても迷うから。
所々に竜と魔物が戦っている壁画があります。これは多分、暗黒魔城都市で読んだ竜神族なのかな。
裏ダンジョンにて、ようやくドラゴン登場。ドラゴンなクエストなんだから、竜が出てこなくちゃダメでしょ〜。

洞窟を抜けると、辺り一面は雲海です。神鳥でも来れなかったのだから前人未到に違いない!と走り出したら、お墓を見つけました。墓碑名はエルトリオ。この名前は、現サザンビーク王クラビウスの行方不明のお兄さんでしたっけ。なんだ先越されてたのか……
と言うか、一国の皇太子がこんな所に来て良いのでしょうか。……謎はこの道の先にいる(と思われる)竜神族が教えてくれるはず。

メタルキングの槍も取ったし、出口は近いぞ。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-20 22:39 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
通常EDクリア記念(?)にDQ8占いをやってみました。

占いの結果は。。。


ククールです。
ククールのあなたは、遊び人を装っている真面目さん。にぎやかな場所が好きで、人に注目してもらいたいのは、自分でも気付かないうちに寂しさを抱えているからかもしれません。
人当たりはいいですが、実は結構な毒舌家で、人が言いにくいことをズバリと言ってのけるのもあなたの特徴です。中身はなかなか辛辣なのですが、明るくカラリとした口調で話すので、不思議と後味の悪さはありません。逆にグループのご意見番として、重宝されていることでしょう。

そんなあなたと相性がぴったりなのは主人公。
あなたの心の機微を分かってくれる主人公さんとはお互いに支えあう理想的な関係を持てるでしょう。



よりによって、これまで役立たず呼ばわりして、余り物の剣持たせたり、散々ネタに(むしろ罵倒)してきたコイツが私か……。
プレイ日記で数々のククールエピソードをぶちまけてきましたが、自分に降り掛かってきてしまいましたよ。わははは。

とりあえずカリスマスキルでも上げてみるか。
いや! ダメだ! カリスマの技は恥ずかしすぎる! だって目がキュピーン☆って……(笑)みわくの眼差しとか、プレイヤーがかゆくなる技ばっかりじゃないか。
もうタンバリン役でいいよ。

それに、いくら内面がククールでも顔がドルマゲスだからなー、私の場合。
悲しいなあ、悲しいなあ。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-18 23:07 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
エンディング後半。再び操作できるようになりました。

馬……ミーティア姫とチャゴス王子の結婚式。
いつの間にか近衛隊長に昇進していた主人公が、姫の護衛を務めるそうです。晴れの舞台なのに、いつもの旅装で良いのでしょうか?
チャゴスの本性を知っている姫は複雑なご様子。姫のお気持ちよく分かります。出立まで少しお待ちしましょう。その間、お城のみんなとおしゃべりしてくるんでっ じゃ♪
呪いが解けたトロデーン城を歩くのは初めてです。何故かヤンガス・ゼシカ・ククールも姫の護衛に同行するらしいですよ。
で、城内で迷子になる近衛隊長。先行きが不安です。

旅装(いや普段着か?)のまま、式場のサヴェッラまで来てしまいました。ポケ〜っとしている主人公はきっと服装に無頓着だと思うので、誰か指摘してやれよ。
トロデーンの人々は姿を変えられていたから、見た目にこだわらないかもしれないけど、世界が注目する結婚式の護衛がバンダナかぶった普段着の少年じゃマズイと思う……。
案の定、チャゴスにバカにされました。お前たち貧乏人は式場に入れてやらんとか。相変わらずポカン顔の主人公は、何言われてもダメージなさそう。

主人公が淡白すぎて、逆にククールが怒ってます。結婚式に乱入してミーティア姫をさらってしまえ、と。
……主人公と姫は相思相愛という既成事実ができてませんか。とはいえ、あのろくでもない王子をギャフンと言わせてやるのもまた一興。
翌日、成りゆきで結婚式に飛び込んだら……

既に姫は逃亡していました。

しかし怒り心頭のチャゴスに首謀者呼ばわりされてしまいました。私は無実だー! 未遂には違いないけど。
マルチェロの時と言い、主人公は濡れ衣着せられ過ぎです。

大聖堂の外では、逃げた姫と手引きしたトロデ王が追い詰められています。トロデは姫を連れて逃げるよう命じ、姫も主人公が手を取ってくれるのを待って……
花嫁姿の美しいミーティア姫より、トロデ王の戦いぶりに目が釘付けです。棒切れ1本で騎士と渡り合ってるんですよ。すごい!
……そんなに強いなら少しくらい戦闘に加わってくれても良かったのに……と思わなくもないけど。

姫を無視してると、トロデがものすごい形相で睨み付けてきます。あーもーしょうがないなあ。王も姫も、王族として自覚なさすぎです。結婚式ドタキャンの片棒なんて担ぎたくないんだけど、既に片棒どころか首謀者だと思われてるし。

このままでは話が進まないので、あきらめて姫の手を取りました。
逃げるんでしょ? 急ぐんでしょ?
馬車なんかに乗ってる場合か! ルーラで帰るぞルーラで!!




これにて、通常EDは終了。
素直に「めでたしめでたし」と思えないのは私だけかなあ。
トロデーンvsサザンビークで戦争にならないか甚だ心配です。トロデーン近衛隊長の主人公は、一人で一国の兵力に匹敵する力を持っているので(トロデ談)サザンビークも無闇に手出ししないだろうけど。

主人公、カワイイ顔して恐ろしい子です。
(しかもペットは火を吹くネズミ)
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-14 23:03 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(2)
前回の要約。
ラプソーン(デブの方)倒しました。


レティスはトロデーン城で降ろしてくれました。トロデ王や馬姫ミーティア、城にかけられたイバラの呪いはじきに解けるとのこと。

この世界の危機は去り、レティスは次元を超えてまた別の世界へ旅立つそうです。複数の世界をまたがって生きるレティスは、世界によって呼び名が違うらしいです。別の世界では「ラーミア」と呼ばれていたとか……

は? あなたラーミアなんですか?!

何ーーー! テキトーに聞き流してたら(ちゃんと聞けよ)衝撃の事実が発覚!
ラーミアが登場する3は未プレイですが、その名前は耳にした事ありますぞ。
思い返してみると、終盤に出てきたやまびこの笛やオーブなど、それとなく臭わせていた事に気付きました。やられた!
そうか、今作は旧シリーズ(特に3)へのオマージュが色濃かったんだなあ。

放言したまま飛び去ったレティスを追って、主人公のカバンから神鳥のたましいが「お母ちゃん待ってやー」と飛び出していきました。元気でねー(死んでるけど)
あ、唯一の飛行手段が! 三角谷に行けないではないか。

鳥の衝撃発言に気を取られている間に、みんなの呪いが解け始めました。
ミーティア復活(カワイイ)、トロデ王復活(あんまり変わらない)、トロデーン大復活ーー!!

恒例のお祝いパーティーです。飲めー食えー踊れー♪
主人公、トーポにチーズ食べさせようとしてますが、こんな所で火吹いたらヤバくない?
当然のようにくつろいでるヤンガスですが、最初、主人公&トロデ王を身ぐるみ剥がそうとしていた事は多分秘密です。
ゼシカは子供達の前で魔法を披露。
そしてお約束通り、女の子を口説いてるククール。背後で魔法を構えてるゼシカ姉さん(笑) 
とことんお約束。けどドラクエはそれが良いのです。

それぞれの「らしさ」が微笑ましくて、楽しいのですが。

いつものように、平和になった世界を巡回する事ができません。1枚絵が切り替わるだけで、プレイヤーは操作不可。天下のドラクエEDなのに……しょぼぃ。
自分で動かせないなら、せめてそれなりの演出を見せてほしかったなあ、FFのように。
スクエニ合併効果を見せてくれよ〜〜(駄々こね!)


ぶーぶー言ってると、画面が変わり、後日談が始まりました。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-13 20:24 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
レティスの話によると、暗黒魔城都市を取り込んだラプソーンは結界を張っているので攻撃できないらしいです。結界を破るには、かつてラプソーンを封印した七賢者の力が必要。七賢者の力を宿したオーブを探すことに。
こんな時におつかいを頼まれるとは思わなかったよ。ふーめんどくさい。
こちらの溜め息が聞こえたのか、」レティスはやまびこの笛をくれました。オーブがある場所で吹くとやまびこが返ってくるそうです。わー、懐かしいアイテムが出てきましたね〜。ロトシリーズでは紋章やオーブ探しに大活躍……しなかったな、あんまり。笛吹かなくても大体分かるし。
でもやっぱり懐かしいのでピロピロ吹いてると、最初のオーブはトラペッタにあると教えてくれました。あーはいはい。オーブの在りか教えてくれるなら笛いらないんじゃない?

言われた通りまずはトラペッタへ。せっかく来たからには、ルイネロさんにも挨拶しておこう。あわよくばオーブの場所を占ってもらおうと狙ってましたが、ここまで来たら自力で探せとばかりに激励されました。もう占いには頼れません。
トラペッタで七賢者に関する場所と言えば、子孫のマスターライラスの家くらい。焼け跡を覗いてみるとキラキラ光っていて、あからさまに怪しい場所がありました。はい、オーブ入手。

つまり、賢者の子孫が殺された現場にあるということだな。謎は全て解けた!
火サスのクライマックスのように、七カ所の殺害現場へ赴きます。オーブの回収完了。

レティスの元へ戻ると、杖を投げ付けられました。これはラプソーンを封じていた杖! あぶねーなー。レティスは、既にラプソーンは杖の中にいないので無害だと涼しい顔で言ってますが、ちょっと待て。この杖に貫かれて何人死んでると思ってるんだ! 特にゼシカは複雑な想いに違いない。まったくデリカシーのない巨鳥です。

結界を破る方法を伝授されました。杖に向かって祈ると、オーブの中の賢者の力が発動するそうです。七賢者というだけに合計7回。えーっと、1人分が1回扱いなのか(これなら2ターン)7ターン消費するのかで難易度が全然違うと思うのですが……レティスは教えてくれませんでした。

それではレティスに乗ってラプソーンと再戦です。
お祈りは、1ターンの間に全員で祈って1回扱いでした。お祈りだけで7ターン。その間にも、ラプソーンは攻撃してくるので回復もしなくちゃならないし、結構な手間です。
それにしても、あの赤ん坊がこんなにでかく……もしかして、体の中に暗黒魔城都市が入ってるとか?このデブを倒したら、体内の暗黒魔城都市を通って(本当のラストダンジョン)ラプソーン本体と戦うの……この展開だとFF10になってしまう。

こんな事を考えていたせいか、慎重に慎重を期した結果、思ったより早くラプソーンを倒せました。今度こそ本当のラストバトルだったみたいです。
ラプソーンの正体が主人公の親父だったり、いなくなったマルチェロがラプソーンの体内で現れたり、「トロデーン案内できなくてごめんな」と言いながら主人公が消滅したり……なんてことはありませんでした。(だからそれはFF10)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三夜連続ドラクエ日記をお届けしましたが、次回はいよいよエンディングです。自分でもこんなに長くなるとは思いませんでした。ラスダン→ラスボス→エンディングで、3回で終わると思ったんだけどなー。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-08 23:50 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)
ニワトリに殺された事に一抹の不安を抱きつつ、再び暗黒魔城都市へ。魔物よけにトヘロス唱えとこう。

回廊をどんどん下っていくと、陰気でじめじめした廃虚の雰囲気が一変し、こざっぱりとした明るい町に行き着きました。傍らには主人公たちの石像が意味ありげに建っています。
道なりに進んでいくと町を一周してしまいました。魔物も出ませんが、人気もないので、薄気味悪いです。何をすれば良いか分からないので、ひたすら同じ所をぐるぐる。しばらくして、辺りの光景が次第に変化していくことに気付きました。
扉や窓は板で打ち付けられ、石畳にヒビが入り、割れた地面には毒を含んだ水たまりが……先へ進むにつれて、少しずつ少しずつ町が荒廃していくのです。その変化に気付いた時、ゲームと分かっていながら背筋がぞっとしました。
同じ演出を、文章や映像で見てもそれほど感慨はないと思います。物語に介入する事で得られる感覚は、ゲームならではの醍醐味。恐いけど。

町の入り口で見かけた主人公たちの石像は、いつの間にか首が落とされ、町は人骨山積みの牢獄に変わり果てました。
この凝った演出、ラプソーンは近いとみた!

見つけた階段を下りて更に進んでいくといくと、玉座に誰か座っています。とうとう真の姿を見せた暗黒神ラプソーン。
……ちっさーーー!!
玉座にふんぞり返っているのは、血色が悪い赤ん坊でした。なんだなんだ、お子様め。おいたが過ぎるとデコピンで泣かすぞ。
戦闘開始。赤ん坊だけに、「夜泣き」「駄々をこねる」などの固有技があると思ったら、意外と普通でした。それなりに強いけど、回復さえ怠らなければ大丈夫みたい。でもドルマゲスも第二形態があったから油断は禁物。

しかしあっけなく倒れるラプソーン。えっ、もう終わり? またまた〜ドルマゲスみたいに、あひゃひゃ笑いで変身するんでしょ〜。
と思いきや、地響きと共に暗黒魔城都市が崩れ始めました。慌てる仲間を尻目に、一人冷静な主人公は玉座周辺をウロウロ。非常事態でも家捜しは忘れません。例えそこがラスボスの城でも。仲間に話し掛けたら「話してる場合じゃない」って怒られました。そりゃそうだ。じゃ、逃げましょうかね。「リレミト〜」
ーーだが不思議な力でかき消された。
やっぱり脱出魔法は効かないか。走るしかなさそうです。やれやれ。

お約束通り、脱出を阻もうと魔物が襲ってきますが、ラプソーンの呆気なさに欲求不満の一行にとって、もはや敵ではありません。温存していたMPを惜しまず使って撃破。
瓦礫が集合した巨大ロボ(RPG的にはゴーレムの方が正しいかな)を倒すと同時に足場が崩れ、暗黒魔城都市は崩壊。神鳥のたましいで変身した主人公は、瓦礫をかいくぐって逃げます。このまま地平線に飛び去ってエンディング?

ところが!
消えたと思ったラプソーンは、暗黒魔城都市を取り込んでぼよよ〜んと復活。赤ん坊の次はデブかよ!
ラプソーンは空間に歪みを作り、闇の世界から魔物の大群を呼び寄せてしまいました。混乱に巻き込まれた主人公は、鳥の姿を失って落下。哀れ、海の藻屑と成り果てて……

ところが!(二転三転しまくり)
歪みから現れたのは、魔物だけではありませんでした。暗黒神のデブは、闇の世界に閉じ込めた天敵の存在を忘れていたようです。
神鳥レティスが復活、主人公たちを拾って飛び去ったのでした。
あっれー? 戦わないの? 逃げるの?

……最終決戦じゃなかったのか!
[PR]
by shinnokotowari | 2005-06-07 23:49 | ・ドラクエ8 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari