ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

カテゴリ:ニュース・時事( 132 )

朝の通勤中、街頭モニターのニュースで「地震で負傷者が云々」という文字を見て「揺れたの気づかなかったなー」と思っていたら、なんと愛媛でしたか!

震源は愛媛ですが、ほぼ西日本全域で揺れたみたいですね。
普段あまり揺れない地域なのに、イキナリ震度5強は結構ビックリしますよね〜。
死者が出るような大きな被害がなくて良かった!

***

ふと、3.11の2日前に震度5の前震があったことを思い出してしまいました。

杞憂だと思いたいのですが、調べてみると1596年に起きた慶長伏見地震という前例もあります。

慶長伊予地震(Wikipedia)
1596年9月1日、愛媛で地震。

慶長豊後地震(Wikipedia)
3日後の9月4日、大分で地震。死者800余名。

慶長伏見地震(Wikipedia)
さらに翌日の1596年9月5日、京都で地震。死者1000人超。

最初の伊予地震はそれほど被害なかったみたいですが、豊後地震と伏見地震は津波・液状化・地滑りなどの記録が残っているので、地域など確認しておくと、いざという時に役に立つかもしれません。

話を現代に戻します。

危機感を煽るようで申し訳ないのですが、3月17日(日)は満月だそうで。
月の満ち欠けと地震の因果関係はよく分かってないものの、3.11も満月だったことを考えると、なんともイヤ〜な感じが拭いきれず……

心配しすぎでしょうか。
戯れ言だと笑ってくれても構いません〜

念のため、西日本にお住まいの方は1週間くらい警戒モードで行動した方がいいかも。
もちろん東日本の人たちも抜かりなく!

取り越し苦労だったらいいんですけどね〜
[PR]
by shinnokotowari | 2014-03-14 20:43 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(2)
東京オリンピック決定おめでとうございます。

実は、今まで招致活動に興味ありませんでした。
猪瀬知事の行き過ぎた発言からイスタンブールの存在は知ってましたが、もう1つの候補地がマドリードだったことも最近まで知らなかったほどです。

イスタンブールが立候補5回目で、マドリードが3回目、東京が2回目でしたっけ。
これまでのセオリーだと東京は不利だと思ってましたから、意外な結果に少々驚きました。
一体どんなマジックを使ったのか…

決定から半日以上経ってから、たまたまテレビをつけたらプレゼンの様子から決定までのドキュメンタリーが映っていたので、しばらく見ていました。たまには時事に興味持たないと。
テレビを通じて、関係者さんたちの熱意や喜びを見ていたら、じんわりと心が温かくなり、こみ上げてくるものが。

…なんだ、私もやっぱり嬉しいのか。

富士山噴火や地震、原発の懸念・不信感など、今の日本は問題山積です。
オリンピック招致も開催も、表に出てくるようなキレイゴトだけじゃないのは分かってます。

でも、東京開催が決定したからには出来る限りのことをしたいなーと思いました。
7年後にやってくる選手の皆さんが余計な心配をしないで済むように。

また、日本は善くも悪くも外圧に弱いので、原発の処理など本腰を入れざるを得なくなりました。
オリンピック開催となれば、嫌でも注目されてしまいますからね。
国内メディアは誤摩化せても、外国は厳しいですぞ~。

安倍首相の「問題ない。コントロールできてる」発言、現時点ではかーなーり怪しいと思いますが「嘘から出たまこと」になりますように。
受け売りですが、本当にそうだよなーと思ったので便乗〜w
[PR]
by shinnokotowari | 2013-09-10 12:51 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
東日本大震災から2年が経ちました。
もう2年というべきか、まだ2年というべきか。

当時、自分の体験を書き起こそうとしたものの、めまぐるしい現実に振り回されてほとんど何も書かないまま今に至ります。
東北の被災者に比べれば全く大したことない体験ですが、備忘録として書き残しておきます。

その前に、犠牲者となった方々のご冥福をお祈りいたします。

***

あの日は午後から半休をもらっていて、横浜の関内にいました。
G.W.のイタリア旅行に備えてパスポート申請する予定でした。
駅前で遅めの昼食を食べてからパスポートセンターに向かう途中、信号待ちをしている時にフラフラとめまいを感じ、間もなくゆらゆら…ゴゴゴゴゴ……

語るより見た方が早いですよね。
下のニュース映像の場所から、そう遠くない場所にいました。



改めて見ると、ほんとシャレにならん(汗)
でも、当時は意外と冷静でした。あーあって感じ。

帰り道、実際に見たときは↓でした。



だいぶ前に東京で震度5を経験しましたが、体感では3.11の横浜・関内の方が遥かに強い揺れだった気がします。

横浜駅やみなとみらい、関内の辺りは埋め立て地のせいか、ビルの外壁が落ちて歩道が塞がってる場所がいくつかありました。
埋め立てじゃない昔ながらの地域は、地割れや壊れかけた建物が目に見えて少なかったです。

自分が見た中では、横浜駅西口のダイエーの壊れっぷりが最もひどかったです。
前述のビルは外壁が崩れてますが、ダイエーはそんなもんじゃなかった。
建物を取り囲んでいる地面が四方向ぜんぶバキバキに砕けて、ビルそのものが敷地から浮き上がってる状態。
確実に取り壊しだろうな〜という予想を覆し、表向きキレイにして現在も営業中なのが一番コワイです。道や外壁を改装しただけでなく、ちゃんと耐震工事もしてるのかな。



ふと、「表向きキレイにして現在も営業中」というのは、今の日本の状況そのもの…なのかも、なんて思ったり。
[PR]
by shinnokotowari | 2013-03-11 20:59 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
開会式見ながらコレ書いてます〜
あ、サッカーもおめでとう!

盛り上がりに欠けると言われていても、始まればそれなりに話題に上りますよね。



先日、父方祖父母の法事があり、そこで聞いたのですが、親戚がロンドン五輪に出ます!!!
近代五種の女子代表、黒須成美さんの曾祖父と私の祖母が兄妹らしいのです。
親戚と言っても会ったことないんですけどね(笑)
祖母の実家に行ったのは小学校低学年の1度きりで、当時成美さん生まれてないですし。

でもやっぱり嬉しい〜♪
すごいよ成美ちゃん!

日本では超マイナー競技なので、あまり取り上げられる機会はないと思いますが、応援よろしく!

More
[PR]
by shinnokotowari | 2012-07-28 10:47 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
前回、東京電力からの不躾なハガキについて書きましたが、4月に入ってから、またハガキが届きました。
3月の電気使用量について、改めて説明が書かれていました。あと、一連のお詫びも。
あー…、きっと苦情が山のように届いたんでしょうね〜。説明不足→ネットで補足説明→今回のハガキ。原発対策同様、料金関係も後手後手だなあ。最初がマズかったせいで、ハガキを出し直したということは、郵便代も2倍かかってる訳ですし。
今さら怒る気にもなりませんが、あ〜らら〜と言った感じ。

あ。
このハガキ、うちは週明けに届きましたが、もし4月1日着だったら、すごい皮肉になる所でしたね。3月分使用量の差額は4月に清算します……って、本当に?(信じてもらえない東電)
[PR]
by shinnokotowari | 2011-04-06 12:35 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
話題最先端企業・東京電力サマから、先週ハガキが届きました。
端からぺりっと見開きで開封するアレです。
何だろうと思って開封すると、左が「電気使用量のお知らせ」、右が「領収証」になってます。
普段なら、検針結果の薄い紙がポストに1枚突っ込まれてるだけなのに。
つらつら見ていくと、「電気使用量のお知らせ」末尾にこんな文章が書いてありました。

非常変災の影響により検針にお伺いすることができませんでしたので、先月分の同様のご使用量とさせていただきました。


……?
この辺は震災当日に停電しただけで、被災地じゃありませんが。
これは一体…
いや、それより…



勝手に使用量3月分と同額にされてるー!
しかも「させていただきました」という事は、まさか事後報告?!

いやいやいや待て待て待て!
3.11以降、計画停電で使いたい時に電気は使えず、使える時も節電しているというのに、何なんですかこの仕打ちは。ただでさえ、2月は暖房使うので消費量は多めになるというのに、節電・停電三昧だった3月が同額のはずないでしょーが。

差額とかお詫びとか一言もなし。嘘みたいですが、本当の話です。

しかも、ハガキの一番最後には
電気はムダなく上手にお使いください。

ですってよ。ムダに徴収すんな!
節電しても今までと同額むしり取られるだけとは…嫌がらせ?
「電気はムダなく上手にお使いください」って、イヤミ?

ふふふ…、これってさぁ、抗議してもいいよね?
モンスターなクレーマーじゃないよね?

あ、フリーダイヤルしか書かれてないや。くそー家電ないからかけられない…
職場からかけてやる!と思いつつ、ネットを探索してみたら、東京電力のサイトでしれっと言い訳が。
余分に徴収した差額は、4月に修正されるみたいです。ほっ…。
というか当たり前ですよね。もー、どれだけ悪徳企業なんだと思いましたよ〜

でも、ハガキは明らかに言葉が足りませんし、ネット見ないと詳細が分からないというのは、やっぱり問題あるような気がします。「悪徳企業」は言い過ぎですが「殿様商売」には違いない。

ちなみに、被災地を管轄している東北電力では、検針できない地域の3月分は徴収しないで、4月に2ヶ月分精算するとか。妥当な措置だと思います。
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-26 23:41 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
原発のニュースが、発端となった地震以上に熱を帯びています。
煽ったり悲観しすぎては行けませんが、日本のメディアは楽観的過ぎると思います。

よく「○○μシーベルトはレントゲンやCTより被爆量が低い」と聞きますが、最初に聞いたとき変だな〜と思いました。医師の管理の元、短時間で終わる医療行為と、いつまで続くか分からない放射線量を同列で扱うのはおかしいのでは?

あと、「基準値を超えてますが安全です」もしくは「直ちに健康に害はありません」と何度も耳にしましたが、超過しても安全と言うなら、何の為の基準であり、法律なんでしょう?

例えば、一般道路で120キロで暴走したドライバーが「制限速度を超えてますが安全です」と言ったら、コイツ狂ってるって思いますよね。法治国家で、こんな言い訳は普通なら通用しません。

メディア(特に民放は揃いも揃ってヒドイ)が原発関連ニュースで言ってるのは、そういう事です。普通じゃない。

この「疑惑の安全宣言」、NHKより民放の方が露骨なことを考えると、CM絡みで東京電力から圧力かかってるか、民放自らが広告主である東電の顔色を窺っているのか…うーむ(実は、マスコミ関係の仕事に携わっているのですが、記者クラブに属していない外国系組織なので、お上から情報統制や箝口令が敷かれているかどうか…はちょっと分かりません)

報道が楽観的すぎてちょっとキモチワルイので、ネットや外国メディアなども一通り見ましたが、こっちはこっちで悲観しすぎなんですよね(苦笑)
でも、言われるままに安全宣言を信じて、ある日突然最悪の事態に直面するよりは、悲観的予測も頭の隅に留めた方が良いと思います。

色んな情報が入り交じって濁流のようなネットの中で、ある程度信頼できるかな〜と思って注目しているのが、中部大学の武田邦彦教授のサイトです。
政府とマスコミの原発情報に批判的な論調ですが、第一種放射線取扱主任者の有資格者であり、内閣府原子力委員会にも携わって意見している方なので、トンデモ学者の類いではないと思います。

例えば、東電は一時期ホウ素を「冷却剤」として投入してましたが……。
福島原発は地震直後に連鎖反応は止まっていると考えられる.そして現在の発熱は核反応ではなく、放射性物質の崩壊熱と考えられる.

もし崩壊熱だけなら中性子の吸収は関係がないので、ホウ素はなんの役にも立たない。つまりホウ素は中性子を吸収するもので、崩壊を止めたりゆるめたりはできないからだ。

核爆発や原発はウランが核分裂する時にでる2.4ヶの中性子の連鎖反応を利用している.だから、ホウ素を加えるということはウランの核分裂を止めるためのものだからだ。

東電は、炉が使えなくなる危険を冒してホウ素を投入しているのだから、なぜホウ素を投入するかを保安院に報告して了解を取っているはずだ.

もしその了解が「核爆発を止めるため」というなら、それを真っ先に国民に知らせなければならない。そして国民は広範囲に避難をする必要がある。

——原発 緊急情報(3)より

いくらか落ち着いてきた今だから良いものの、ゾッとする話です。

More
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-23 12:34 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
地震は横浜市内で迎えました。
今日はパスポート申請のため(G.W.に初海外旅行いってきます)午後から有休とってまして。
関内の日本大通りで、信号待ち中に「めまいがする~」と思ったら地震でした。
揺れは怖くなかったのですが、壁が崩壊してるビルがあったり、アスファルトが地割れしてたり。

自宅までの交通機関が止まっているため、実家に帰っています。
自宅より実家の方が近いと思ったのですが、逆算したら5時間近く歩いていた模様…。
体力ないのに、よく歩けたもんだ。

それにしても、市内に居たのが不幸中の幸い。
勤務先に居たら絶対帰れませんでした…

ひとまず、生存報告。
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-11 22:03 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(2)
珍しくプロ野球の話。
ペナントレースが終わり、クライマックスシリーズが盛り上がってる(のか?)今の時期。本来なら最下位の横浜ベイスターズが話題に上ることはないのですが、今年は別の意味で盛り上がり中です。

自分は特に野球ファンではないのですが、地元のベイスターズは多少気になる存在です。例え万年最下位でも!(万年Bクラスじゃなくて最下位というのが涙を誘う…)
身近にいる野球好きな人々は、ジャイアンツとベイファンが半々くらいかなあ。弱々横浜(よが多い)なんて地元しかファンいないでしょうけど。

先日は通勤電車の中で、何故ベイスターズが弱くなってしまったのか熱く語っているサラリーマンズを見かけました。彼いわく、横浜高校からベイスターズ入りというルートが崩壊したから…という事らしいです。確かに、松坂や涌井が西武でなく横浜に入団してたら少しは違ってたかもしれませんね。
神奈川のもう一つの強豪高・東海大相模は原監督ルートで巨人に行くことが多いらしいですし、考えてみるとベイスターズ弱体フラグが次々と!

TBSが球団を手放すのは別に良いのです。TBS自体、横浜およびベイスターズに愛はなさそうですし。読売や日テレとは大違い。

問題は、球団名と拠点が変わる可能性があるということ!
これはハマッコとして聞き捨てなりませんなあ。

球団を横浜に残そうと、地元企業のノジマがオーナー目指して資金をかき集めてますが、契約上、住生活グループが優先されるので、ノジマは交渉のテーブルすらつけない状態だそうで。頑張ってほしいけれど、資本金が住生活グループと違い過ぎるので(桁が違う)難しいんだろうな…。前オーナーのマルハは興味ないのかな。

本拠地の移転先として新潟が候補に挙がってますが(2009年から水面下で活動していたらしい。マジかよ!)これでは米スターズになってしまう!と横浜市民紛糾中。ベイが米に〜

住生活グループの傘下がINAXなのですが、横浜スタジアムのトイレがTOTOなのがダメなんだろうか…という噂まで出る始末。そんなバカな!
[PR]
by shinnokotowari | 2010-10-16 11:25 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
週末、はやぶさの再突入カプセル関係(耐熱カプセルとかパラシュートとか)の展示をやってましたね。相模原は比較的近い場所ですが、猛暑の中で4時間待ちなんて、ひ弱な私には到底ムリ! しかし、行列の中にはかなり遠方から泊まりがけで見に来た猛者も多数いたらしいです。頭が下がります。
うぅ、私も見たかったよー。常設展示してくれたらいいのにー。

それにしても、展示するのが相模原とつくばと丸の内の3カ所だけなんて偏りすぎ。大阪・名古屋くらい出張しても良いと思うのですが…。
はやぶさ帰還をインターネット中継した和歌山大学で展示しないのも不思議です。

展示会場では関連グッズが瞬く間に売り切れだとか。売り上げが、資金難のはやぶさ2やマーク2の支援になると良いのですが。
ちなみに、はやぶさ2とはやぶさマーク2は別物です。2が改良した同型機で、マーク2が後継機らしい。

展示会の様子は、報道でも知ることができました。朝、出がけに見ているニュースでも取り上げていたので、家を出るギリギリまで見ていたのですが…。
高温にさらされて傷ついた防御カプセルの前で、日テレの女子アナが「高温の宇宙を旅してきた」と説明していて、椅子からずり落ちそうになりました。

違うよ!宇宙が高温なんじゃなくて、大気圏突入時に高温になるんだよっ!

個人のコメントじゃなくて、用意された原稿の発言だったのがまた何とも…。チェック機能が働いてないというよりは、このニュース番組のスタッフにはやぶさに興味ある人がいないんだろうなあきっと。話題だから取り上げただけで。しかし、興味あるなし以前の問題という気も…。

***

展示期間中、はやぶさツイッターが久しぶりに活性化してました。交通案内や混雑状況に加えて、こんなツイートも。中の人たちマメだなあ(笑)

はやぶさツイッターで言うのもアレですが、JAXA相模原は「はやぶさ」だけじゃないですからね。特別公開ではそれぞれの研究チームが秘蔵の展示物をわんさか出してきます。しかも一つ質問すると五倍くらいの返事が返ってくるという、研究員との「心の交流」が特別公開の本当の醍醐味です

今週は筑波宇宙センターにて「はやぶさ」カプセル展示が行われますが、厳しい暑さが予想されますので、どうか日傘、帽子、飲み物、うちわ、アブレータなど十分な暑さ対策をご用意のうえお出かけください

野口さんも心配しています。つくば見学の皆様は現在入手できる技術、輻射シールド(通称:傘)、気化冷却器(通称:濡れタオル)、携帯型冷却剤(通称:水)などをご利用ください

行列に慣れた方々から「輻射シールド(通称:日傘)は人混みや待機列ではかえって危険」とのアドバイスを受けましたので、これからお出かけの方には『小型輻射シールド(通称:帽子)』の使用を奨励致します

[PR]
by shinnokotowari | 2010-08-02 23:19 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)

by shinnokotowari