ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

ワセリンレビュー

赤ん坊の頃からアトピー持ちなので、保湿・保護剤としてワセリンを使ってます。塗り薬の基材として使われるように、ワセリンには副作用がないと言われてます。
が、元は石油製品です。石油を肌に塗っていると考えると危険に思えなくもないような(笑)

最近、いくつかのメーカーのワセリンを使ってみましたので(また自分の体で人体実験か)覚え書きを兼ねてレビューしてみます。個人的な使用感なので、苦情は受け付けません〜。
プロペト
皮膚科で処方される白色ワセリンといえば、大体これ。少量でもすごく伸びます。直接つけるとベタベタになりすぎて不快感を感じることも。
顔に付ける場合、豆粒大くらい取って両手でこすって延ばし、手の平を顔に当ててます。うっすら膜が付く程度で充分。付けすぎると皮膚に熱気がこもって痒くなるんですよね…。
サンホワイト
主治医が絶賛している最高品質のワセリン。とても精製度が高いらしいです。でも保険適用されません。
皮膚科でプロペト出してもらえますが、試しに自費で買ってみました。使用感はプロペトとあまり変わらない気がします。固めなので、冷えていると伸びにくい。
ヴァセリン
黄色ワセリン。普通の薬局でもっとも入手しやすい。そして安い。
手持ちのワセリンを切らした時に購入。病院処方の白色ワセリンしか使っなかったので、カスタードみたいな色が新鮮に映りました。しかし、塗ってしばらくすると痒くなります。皮膚の調子が良い時でもダメ。
白色ワセリンを日光に当てて放置するとカスタード色に変色することから、黄色ワセリンはあまり品質よくないと思われます。普通肌の人向け。
ワセリン(大洋製薬)
これも普通の薬局で購入。白色ワセリンです。パッケージに「酸処理を行わない精製方法により不純物を除去しています」と書いてあるのに惹かれました。
使用感はプロペトと変わりません。チューブ入りなので、必要量だけ取り出せます。使わない分が空気に触れなくて良い感じ。
4ブランドとも、成分はワセリンのみ。でも、実際に使ってみた感想は上記の通りです。

一般的に、医者・患者双方の評判が高いのはサンホワイト。
しかし個人的には、無名ながら大洋製薬のワセリンを押したいですね。精製方法というのは目に見えない部分ですから、そこをアピールする企業姿勢に好感を持ちました。

ワセリン過敏症を訴える敏感肌の方もいますが、メーカーによっては大丈夫かもしれませんよ?レッツ人体実験!(勧めるなー)
[PR]
by shinnokotowari | 2007-07-04 17:02 | 健康・体調・アトピー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/7055073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by shinnokotowari