ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

誕生秘話3〜翌日編〜

前日からの続き

同時刻に生まれた母子は、対面しているのに、私はいつまで経っても現れません。

翌朝になっても、私は戻って来ませんでした。誕生から既に半日。体を洗い産着を着せるだけなのに、いくらなんでも遅すぎます。
出産直後は健康に見えたものの、何か病気でも見つかったのだろうか? 赤ん坊の身に何が? 一体どこに?

母は(父も?)わが子を探して病院中を歩きました。
ようやく見つかった赤ん坊の私は、たくさんの看護婦さんに囲まれて、鼻に管を通されていました。

やはり何か重大な病気が?!

いえいえ、そうではなくて。
飲ませたミルクをことごとく吐き出してしまうので、栄養状態を心配した看護婦さんが、鼻から胃に管を通し、直接ミルクを流し込んでいたのでした。

生まれて早々「鼻から牛乳」正確には牛乳というより粉ミルク。
赤ん坊のくせに笑いをとってはいけません。(心配されてるんだってば)

しかし鼻から牛乳作戦も失敗でした。鼻から入れても、すぐ口から げろっ なのですから。

そんな訳で、半日ぶりに母子対面。
ミルクを飲まないというだけで、他に問題はありません。
ところが。てこでもミルクを飲まなかった私が、あっさり母乳を口にふくんだではありませんか。心配して様子を見にきた看護婦さんたちを大いに驚かせたそうです。

その後、離乳食まで母乳のみしか口にせず、人工ミルクは一切拒絶したそうですから、なんて頑固なガキかと自分でも思います。母も、よく育児ノイローゼにならなかったものです。


これにて、私の誕生秘話は、ひとまず終幕。

誕生直後にして、これだけ人騒がせでは、先が思いやられます。その成れの果てが、私なのですが。

我が事ながら、非常にエピソードに富んだ話なので(主に人に迷惑をかける方向で)、誕生日にかこつけて突然語りたくなったのですが、途中、書くのが面倒になったこともしばしば(じゃ書くな)。
こんなやっかいな子供でも、一応ちゃんと社会人やってますので、世のお母さん方ものんびり気張らずに子育てに励んで下さい。
[PR]
by shinnokotowari | 2004-10-14 00:12 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/542784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COASA at 2004-10-14 19:32 x
しんのさんお誕生秘話プチ連載、毎日わくわくと楽しませていただきました。
あーあ、終わっちゃった。(笑)
私は、自分が生まれたときの事をあまり詳しく聞いてないので、今度聞いてみようかな~。帝王切開だったらしいし、しんのさん以上に親に迷惑かけてたのかも(汗)。
しかし、世のお母様方は大変な思いでこの世に我々を生み出してくれたんですね~。
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございました。
Commented by shinnokotowari at 2004-10-15 00:40
お祝いの言葉ありがとうございます。
楽しかったとのことで、途中でやめないで良かったと思いました。

確か、COASAさんは双子でしたっけ? なるほど。それで帝王切開だったのですね。COASAさんも、お姉さんも(妹さん?)、お母様もお疲れさまでした。
出産のとき、母親だけでなく、子供も相当苦しいらしいですよ。
2・3歳くらいですと、自分が生まれてきた時の事をまだ覚えているそうなので、身近に小さい子がいたら、一度聞いてみたいものです。

by shinnokotowari