ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

さいごの一日

明日から仕事始め。年末年始の休みは、今日が最後です。

ちょっとちょっと! 短くない短くない?
やはり1月1日が日曜なのが、一番の敗因です。2日の振替休日って意味ないですよね。しかも今週の土曜、出勤日です。うわあん。


正月休み最後の夜を締めくくったのは、NHKの「新選組!!土方歳三最期の一日」でした。「!」が2個なのがミソです。
ラストがどうなるか知っているだけに切ないのですが……。それでも「泣き」な話にしなかったのは、さすが三谷版新選組。死に場所を求めていた土方が勝つ気になった瞬間こそが、近藤たちの死を乗り越えた瞬間だったのかなあと。
五稜郭や箱館山、また行きたくなってきました。

昼間の「新選組!」総集編も少しだけ観てしまいました。オープニングがジャジャン!と始まり……懐かしいですねぇ。一昨年の作品とは……時が経つのは早いものです。
大河全体の主人公は近藤勇でしたが、近藤の存在とは別に、1話1話に主人公がいたというか、脇役達の見せ場がありましたよね。スポットが当てられた脇役に、ほろりとしたことも何度となく。
そのせいか、総集編として1つにまとめてしまうと、どこか物足りない気がしなくもないです。単発で見直したいぞー!(DVD買えって?)

大河ドラマの最終回直後は、こんな事(↓)言ってました。
2004年12月27日 新選組!スペシャル
ははは、偉そうな物言いだな、自分。

あと、終わったばかりの「義経」は、既にオープニング曲すら忘却している事に気が付きました(汗) えーっと、なんか白馬が走ってる映像だったような……
最終回、御堂が爆破したシーンだけは忘れないです。きっと。



しっかし、作者の三谷幸喜さん。
裏番組の「古畑任三郎ファイナル」もアナタの作品じゃあ……
[PR]
by shinnokotowari | 2006-01-03 23:24 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/3986868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いちか at 2006-01-06 22:12 x
あけましておめでとうございます。
新撰組の話が出ていたので,つい乗っかっちゃいます。
大河はあんまり見てなかったんで,申し訳なくて一昨年は語れなかったんですが,
「燃えよ剣」いちファンとして,函館が未踏の地であることを恥じています。
行きたいです~
ぜひお供させてください!めいわくでなければ。

大河では,鴨先生が斉藤をお供に(鈴木京香もいた)萌える紅葉の中でお酒をのんでいたあの場所にも行ってみたいです。京都のどこか分かりますか?(あたしの質問の文章がなってなくて分からないかも?)
感動的にきれいでしたね。

今年しょっぱなからこんなならずもののコメントですが,今年もよろしくお願いいたします♪
Commented by shinnokotowari at 2006-01-07 17:28
明けましておめでとうございます!

あはは、どんどん乗っかって下さ〜い。大河の新選組は「燃えよ剣」とは違う雰囲気ですが、なかなか良作でしたよ。

幕末好きなら、函館近辺の江刺にある開陽丸もオススメです。榎本武揚ご自慢の幕軍の船を復元した物で、リアルなロウ人形(土方もいる)が拝めます☆もちろん資料としても大変楽しめます。

以前私が函館へ行った時は、五稜郭の博物館は休館、少し離れた宿を取ったら終電早すぎて函館山の夜景も見られず終いでした。心残りが多かったので、いつかもう一度…と考えて幾年月(涙)
いちかさん、ご一緒してくださるのですか?ホントに?具体的に計画立てちゃいます?

斉藤曰く「血のような紅葉が美しい」あの場所は京都の嵐山だったと思います。絶景ですよね〜。
でも紅葉シーズンは観光客が多すぎてゆっくり見れない…と経験者は語ってます。私ですが。

私こそ、今年もよろしくお願い申し上げます♪
Commented by いちか at 2006-01-16 22:20 x
しんのさん,おへんじありがとうございます♪
しんのさんの函館旅行の計画が7月以降でしたらぜひぜひ参画させてください~

Commented by shinnokotowari at 2006-01-17 00:11
>いちかさん
私も今はフトコロが寒いので、夏のボーナス以降になります。
旅の計画立てる前には、いちかさんに声かけますので!
もし夏祭にいらっしゃるのでしたら、その時に具体的なお話でも♪

by shinnokotowari