ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

従姉の子

昨日は従姉の家へ遊びに行ってきました。姉さんと会うの、何年ぶりだろう?

初対面の旦那さんは、気さくで懐の大きそうな(体も大きかった。プロレスラーみたい)いい人でした。捜査一課所属の刑事さんなだけに強いんだろうなあ。
例えるなら、優しそうなホリエモン。

そして生後10ヶ月になる女の子と初対面。
窓越しに初めて会った時には笑顔だったのに、部屋の中へお邪魔したら泣かれてしまいました〜。人相悪いおばちゃんかもしれないが、取って食ったりしないから安心おし!
お昼にご飯(おかゆ?)とかぼちゃの離乳食を食べる様は、鳥のヒナみたいでした。かわいいかわいい!(先週から同じ事ばかり言ってます)

出産祝いと、少し早い誕生祝いを兼ねて、靴をプレゼント。
小さいうちは、3ヶ月くらいでサイズが変わるそうで、なかなか良い物って買ってあげられないと思うんですね。経済的にも負担になるし。だから貰い物なら嬉しいかな〜と思って。
お店で靴を見た時は「小っちゃい」と思いましたが、本人の足はもっと小さかった!はける様になるのは半年先かも。
赤ちゃんはラベルをカジカジ食べてました。靴底のゴムは不味いよね☆

あと、先週御影さんちに持って行ったケータイのおもちゃもお土産に。
買ったばかりの従姉のケータイは、かじられ舐められ既にボロボロ……。今日からはこっちで遊ぶといいよ。
[PR]
by shinnokotowari | 2005-10-30 20:26 | 旅行・おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/3699751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 悠宇 at 2005-10-30 21:20 x
靴ー……。子供さんの靴は大変ですね、どんどこサイズが変わるし、骨が柔らかいからちゃんとあったものを履かせてあげないと後が大変だし……。私は骨変形組なので(涙)、子供さんの靴を見ると、ついつい気持ちを寄せてしまいます。

目も花粉症もお辛いですね。お忙しいと存じますが、なるべくご自愛ください。
Commented by shinnokotowari at 2005-10-31 19:55
>悠宇さん
靴選びは一苦労ですよね〜……
私の足も変わった形をしているらしく、高校時代は指定の靴が合わなくて困りました。つま先がきつく、かかとが緩いので、歩きながらすっぽ抜けた事も何度か……(恥)
従姉の子には、きれいな足型に育ってほしいなあと思います。

目のご心配までありがとうございます。
病院は行ってないのですが、症状の出方からして花粉の可能性が高そうです。乾燥した日に外出すると、目の周りがぷくぷく腫れてきます。
時間とお金があれば、北海道へ養生しに行きたいです〜
Commented by 悠宇 at 2005-11-02 22:16 x
同じ類の悩みと見ました。厚手の靴下を履かないとローファーなどすっぽ抜けるタイプでは?サンダルなど履こうものなら、つま先が前に滑って指先が地面についてしまうのでは?
要は幅や厚みがないので靴の中で足が前に滑り、捨て寸がなくなってしまうのですな。私など極端で、「基本的に国産品は諦めなさい」といわれてしまいました(涙)。カルツェリアホソノ辺りをお勧めします。C幅からAA幅まであり、微調整もしてもらえて楽ですよ。このメーカーにしてから、つま先が血まみれになることも、走っていて靴が脱げ落ちることもなくなりました。

アレルギー体質の方は大変ですね。軽いアトピーなら経験したことがありますが、それでもとても辛かったので、さぞかしと思います。
Commented by shinnokotowari at 2005-11-04 22:56
実は、前に悠宇さんのブログで靴のお話を読んで、モニタ越しにうなずいてました。
私の足は、つま先広&かかと狭に加え、甲のアーチが高いようです。
ローファーはブカブカでも足が収まるのでまだマシです〜。パンプス系は履ける以前の問題。ひどい時は、靴に収まっている足先がうっ血して、真っ白になったり真っ赤になったり…それはもう気持ち悪いです。
最近は見えない部分&分かりにくい部分にゴムが入っている靴をよく履いてます。でも細かく微調整してもらえるメーカーさんはとても魅力的ですね。

アトピーは0歳から発症してるので、私自身はそれほど気にしてないんですよ♪むしろきれいな状態の方が珍しい(苦笑)
ハウスダストから花粉まで色々な抗体を持っているので対処のしようがなく、結果的に、特に制限もなく暮らしてます。
逆に、突発的な患者さんの方がお辛いのではないかと。外出できなくなったり、治療で散財してしまったりといった話も聞きますし。
当たり前の事が当たり前じゃなくなる苦痛は察するに余りあります……

by shinnokotowari