ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

凶兆あらわる

凶兆が現れました!(ばばーん)

…なーんて、大げさに書き始めてみましたが、バカバカしくてアヤしい話かも知れません。
今回は若干(?)不思議ちゃんモードなのですw

***

話は3年前に遡ります。ちょうど今頃の時期です。
指の爪と皮膚の間に、シャープペンで「ちょん」と書いたような小さな黒点が何個も現れるようになりました。

医学的には、爪と皮膚の間で出血した痕跡だと言われています。
当時、かかりつけの皮膚科で診てもらいましたが、同じ見解でした。
気づかないうちに何かにぶつけたんでしょう、問題ないですよーと。

でも、指や手をぶつけたような心当たりは全然なかったのです。
それなのに、黒点は増えていきます。
少なくとも20個以上ありました。
両手足の指の数より多いなんて…と気味悪かったので、よく覚えているのです。

しばらくして東日本大震災が起きました。
私は直接被災してませんが(当日帰宅困難だった、電車が激減して早朝出勤していた、輪番停電くらい)非日常の光景が繰り返される日々で、指先の異変のことは忘れていました。
でも、ある日ふと気づいたら、黒点はキレイさっぱり無くなっていました。

その後、たまたま知ったのですが、手相では「爪の黒点は凶兆(悪い出来事の前触れ)」なのだそうです。

3.11のような大きな災害の予兆が、一個人の爪に現れるとは考えにくいですが、ちょっと気になったのは確か。
被災地とは比べ物になりませんが、多少の影響を受けたのは事実ですし。

でも、そもそも手相って、その人自身に関する情報ですよね。
3.11に結びつけるのは、ぶっ飛びすぎかな…。

***

今になって何故こんな話をしたかと言うと、12月末に黒点を1個見つけたのを皮切りに、最近また黒点が増えてきたからです。

いま現在、確認できるのは15個。
内訳は、右手の中指6個、薬指2個、小指1個、左手の親指1個、小指に5個です。

凶兆が個人的な出来事なのか、もっと大きな出来事なのか分かりません。いや、きっと何もないと思いますが。
大地震の話題も絶えませんし、念のため用心ということで。

決して不安を煽るつもりはないです。
悪夢や予知夢などは、公開して人に見せた方が厄除けになるという説もありますし、厄払いの意味も込めて公開することにしました。

検証の為、黒点が消えたら改めて報告しまーす。
[PR]
by shinnokotowari | 2014-02-04 12:32 | 私的メモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/21990884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by shinnokotowari