ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

ミュシャ展in六本木ヒルズ

キナミさん、いちかさんとミュシャ展へ行ってきました。
3月末の話です。

ミュシャの作品といえば、ポスターやリトグラフを思い浮かべます。
技法は違えど、浮世絵も版画ということで、お正月に見た国芳展を思い出したり…ちょっと変わった見方をしていたかも。
複雑精緻な絵を描いた本人もスゴイけど、刷り師ももっと評価されていいと思います〜。版画でグラデーションとか大変だっただろうな…

ミュシャの作品は、花など植物モチーフのほか、よく星が描かれています。しかも一般的な「☆」ではなく、いわゆる六芒星(ユダヤの星)です。

最初は「六芒星好きなんだねー」くらいに軽く考えてましたが、展覧会後半でミュシャがフリーメイソンの会員だったと知り「…なるほどね」と納得。
言われてみれば、多くの作品にメイソンっぽいシンボルが組み込まれているような気が。計算され尽くした構図にも、何か意味があるのでは…?とか考えたくなります。

ミュシャデザインによるフリーメイソン入団証とゴブレットなども展示されてました。どこから借りてきたんだろう。
入団証には、ミュシャにしては珍しいムキムキのオジサン(石工職人)が描かれています。
チェコ(うろ覚え)ロッジの創設者だったり、組織の中でもなかなか大物だったようです。

展覧会の会場が六本木ヒルズだったことなど含め、オカルトが好きだと、メイソン繋がりで色々と勘ぐりたくなります(考え過ぎか)
深読みしなくても、普通の人は普通に楽しめます。美しいものはイイ。

晩年はナチスに逮捕され、釈放から間もなく亡くなったそうです。
19世紀の人という印象でしたが、意外と近年の人だったんですね。
[PR]
by shinnokotowari | 2013-04-20 11:30 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/20309835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by desire_san at 2013-04-24 09:18
こんにちは。
私も六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーでミシャ展を見てきました。
ミシャ展を思い出しながら、楽しくブログを拝見しました。
『ジスモンダ』、は非常に繊細な表現の斬新な作品だと思いました。
ほかにもたくさん魅力的な作品がありましたが、油彩画では、
『ヤロスラヴァ』にミシャのチェコ人としての誇りを感じて心に残りました。

私も今回展示されていたミシャ展の作品を見て、ミシャの作品の魅力を私なりにまとめてみました。
ぜひ読んでいただき、ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、ブログにコメントなどをいただけるとうれしいです。
トラックバックも大歓迎です。
Commented by shinnokotowari at 2013-04-26 17:12
>desire_sanさん
こんにちは、初めまして。
リンク先のブログ拝見しました。
本格的な感想ですね〜 これぞ正統派!

私の方はミュシャの作品そのものより、メイソンリーだったというミュシャの裏の顔のアレコレに興味が移ってしまって…汗
これでいいのでしょうか(苦笑)
どんな裏側があっても、作品が素晴らしいのは変わりないですけどね。

コメントありがとうございました。

by shinnokotowari