ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

おニュー電子レンジ買ったー

4月1日付けの電子レンジの話はウソだったので、改めて。

スチームオーブンなど高機能化が進んでますが、あたため+解凍機能があれば充分なので、単機能レンジに絞りました。

比較検討するため、カタログをもらってきました。

ごっそりカタログもらったのに、単機能レンジは3社しか製造してなかったという……
どこもかしこも立派なスチームオーブンばかりで、なんか私、肩身が狭いんですが。どうせ料理しないから使いこなせないもーん!

それにしても最近の電子レンジはすごいですね。
中に入れるだけで素材を見極めたり、2種類の料理を同時に調理できたり、熱湯スチームで調理器具を殺菌消毒〜とか、スチームで汚れを浮かせるとか(食洗機に近くなってきた?!)

話を戻して。
日本ブランドの単機能レンジとなると、パナソニック・シャープ・ツインバードの3社しかありません。
中国や韓国ブランドを含めれば、もう少し選択肢が広がりますが……価格が安すぎてちょっとコワイ。あと、中国製は爆発しそうなイメージが(笑)

今回いろいろ調べて、ツインバードが日本メーカーだと初めて知りました。勝手に外国だと思い込んでましたスミマセン。
地方発ブランドですが(確か新潟)デザインも機能も大手ブランドに見劣りしないどころか、むしろ上かも。単機能レンジでは唯一、ターンテーブルがないフラットな設計が特徴です。
ですが、近場の量販店で取り扱ってなくて〜…
ポイント使って買いたかったため、残念ながら却下。

パナソニックは東日本でも西日本でも電圧関係なく使える唯一の機種。転居の多い家庭ならオススメです。
しかし今の私は、壊れたパナソニック製電子レンジが4年しかもたなかったという恨みがあるので今回は見送り。

残るはシャープ一択か……
と思った所へ、北欧から意外な伏兵が出現。








***

昨年日本進出したばかりのエレクトロラックスってご存知ですか。
スウェーデンの家電メーカーだそうで、デザインも機能もとてもシンプル。
ヨーロッパのキッチンは元からオーブンがついてるので、電子レンジは温め+解凍機能オンリーが中心らしいです。イイヨイイヨー

最低限の機能しか備えてないのに、日本製にはない珍しい機能もあってすごい面白い。
例えば、解凍機能が2種類あって、1つはおなじみ肉解凍用。もう1つはケーキ解凍用。ありますねー冷凍ケーキを自然解凍して食べようとしたらまだ中の方が凍ってるということが。このケーキ解凍機能を使えば、ふんわりイイ感じに解凍してくれるに違いない!

それから、単機能レンジなのにタイマーが最大で90分もありました。
パナソニックは15分、シャープは10分なのに、90分って! 幅ありすぎ。
「煮込み」という設定があるので、おそらく90分煮込むことがあるんでしょうね。スウェーデン寒そうだし、キッチンに長居したくないから電子レンジに煮込み料理を突っ込んで調理するのでしょうか。

あと、一番これいいな!と思った機能が、リターンテーブル。
よくあるターンテーブルではありません。
温めなど調理が終わった時に、回転皿が入れた時と同じ位置で止まるという機能です。つまり、コーヒー温めたらマグカップの取っ手が奥に向いてて取りづらい…という事がない訳です。いつも良いポジションをキープ。
これ、痒い所に手が届くというか、単純だけどすごーく便利な機能だと思います。

そんな訳で、エレクトラックス製にグイグイ引かれていたのですが。
購入直前に実物を最終チェックしていたらMade in Chinaという表記を見つけてしまい、結局シャープにしました。

検討した4社の中では、シャープは少しばかり機能が見劣りするのですが(タイマーが最大10分しかない上、細かい設定が30秒ずつしかできない。最大パワーでも700ワットしか出ない)シャープだけタイ製だったので……
や、決して中国が嫌いな訳じゃなくて… やっぱり爆発したら嫌だし……

うう、何故なんだエレクトラックスぅ〜!
欧米向けの機種はハンガリー工場製だと聞いたのになー…残念!

で、目のつけどころがシャープな電子レンジ、今のところ問題なく使えてます。4年以上は働いてほしいですね。

そうそう、最大パワー700ワットのシャープくんですが、先代パナの750ワットよりも温め早くてビビりました。どういうことなのパナソニック……
[PR]
by shinnokotowari | 2013-04-12 20:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/20277532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by shinnokotowari