ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

楽観し過ぎず、悲観し過ぎず

原発のニュースが、発端となった地震以上に熱を帯びています。
煽ったり悲観しすぎては行けませんが、日本のメディアは楽観的過ぎると思います。

よく「○○μシーベルトはレントゲンやCTより被爆量が低い」と聞きますが、最初に聞いたとき変だな〜と思いました。医師の管理の元、短時間で終わる医療行為と、いつまで続くか分からない放射線量を同列で扱うのはおかしいのでは?

あと、「基準値を超えてますが安全です」もしくは「直ちに健康に害はありません」と何度も耳にしましたが、超過しても安全と言うなら、何の為の基準であり、法律なんでしょう?

例えば、一般道路で120キロで暴走したドライバーが「制限速度を超えてますが安全です」と言ったら、コイツ狂ってるって思いますよね。法治国家で、こんな言い訳は普通なら通用しません。

メディア(特に民放は揃いも揃ってヒドイ)が原発関連ニュースで言ってるのは、そういう事です。普通じゃない。

この「疑惑の安全宣言」、NHKより民放の方が露骨なことを考えると、CM絡みで東京電力から圧力かかってるか、民放自らが広告主である東電の顔色を窺っているのか…うーむ(実は、マスコミ関係の仕事に携わっているのですが、記者クラブに属していない外国系組織なので、お上から情報統制や箝口令が敷かれているかどうか…はちょっと分かりません)

報道が楽観的すぎてちょっとキモチワルイので、ネットや外国メディアなども一通り見ましたが、こっちはこっちで悲観しすぎなんですよね(苦笑)
でも、言われるままに安全宣言を信じて、ある日突然最悪の事態に直面するよりは、悲観的予測も頭の隅に留めた方が良いと思います。

色んな情報が入り交じって濁流のようなネットの中で、ある程度信頼できるかな〜と思って注目しているのが、中部大学の武田邦彦教授のサイトです。
政府とマスコミの原発情報に批判的な論調ですが、第一種放射線取扱主任者の有資格者であり、内閣府原子力委員会にも携わって意見している方なので、トンデモ学者の類いではないと思います。

例えば、東電は一時期ホウ素を「冷却剤」として投入してましたが……。
福島原発は地震直後に連鎖反応は止まっていると考えられる.そして現在の発熱は核反応ではなく、放射性物質の崩壊熱と考えられる.

もし崩壊熱だけなら中性子の吸収は関係がないので、ホウ素はなんの役にも立たない。つまりホウ素は中性子を吸収するもので、崩壊を止めたりゆるめたりはできないからだ。

核爆発や原発はウランが核分裂する時にでる2.4ヶの中性子の連鎖反応を利用している.だから、ホウ素を加えるということはウランの核分裂を止めるためのものだからだ。

東電は、炉が使えなくなる危険を冒してホウ素を投入しているのだから、なぜホウ素を投入するかを保安院に報告して了解を取っているはずだ.

もしその了解が「核爆発を止めるため」というなら、それを真っ先に国民に知らせなければならない。そして国民は広範囲に避難をする必要がある。

——原発 緊急情報(3)より

いくらか落ち着いてきた今だから良いものの、ゾッとする話です。




***

もし政府がウソをついていて、東北〜関東がヤバイからといって、さてどうするかと言いますと、私は何もしないと思います。強制退去命令が出ない限り避難もしないし、買い占めもしません。計画停電に不便を強いられつつ、淡々と日常を過ごすつもりです。最悪の事態が訪れて放射能汚染で寿命が縮んだとしても別に構わないです(いざとなったら妹夫婦だけは京都にいる義弟の親戚の元へ避難させたいと考えてますが、今は時期尚早なので)
でも、子供さんがいる方は慎重に判断して欲しい。根拠のあやふやな安全宣言だけでなく、悲観的な予測も少しは考えてみる価値があるのではないかと。今回に限った話ではありません。楽観し過ぎず、悲観し過ぎず、常にニュートラルでありたいものです。
[PR]
by shinnokotowari | 2011-03-23 12:34 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/15090103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by shinnokotowari