ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

天地人 第39回「三成の遺言」

前回の関ヶ原編、兼続パートの長谷堂城の戦いがよく分からなかったのでネットで調べていたら、うっかり敵方(東軍)の最上義光に情が移ってしまいました。駒姫のエピソードとかさ…悲しすぎる……(涙)
石田三成にも正義はあったのでしょう。けれど、負けるべくして負けたのだろうと思いました。

前置きはこのくらいにして。

今回、一緒に見ていた母が突然「胸くそ悪い…」と毒づいたのでビックリしました。ここでは色々言ってますが、ワタシ何も吹き込んでナイヨー



***

上杉軍のしんがりを務め、命からがら撤退した兼続。満身創痍で呆然としてます。
前回のラスト、射撃命令を出しながら銃口の前に飛び出ましたが、まさか自軍に撃たれたんじゃ……。2万の兵を預かりながら、7000足らずの城を落とせなかった軍師などいらんわ!ってね。

家に帰ると「父上〜」と子供たちが駆け寄ってきました。せがまれてお船の手紙を読んだり、キャッキャやってますが、遊んでる場合じゃないですよー。
兼続の長男役で、子供店長が再登場。可愛いけど、NHKのあざとさが鼻について、与六時代のように素直に見られません。

初音が石田三成の最期を知らせにきました。勝った方が正しいとは限らないとか、直江状をお守りのように持っていたとか、三成が斬首された顛末を美談調に伝えてくれるのですが、まったく心に響きませんでした。
勝った方が正しいとは限らない。そりゃそうです。でも、それは三成だけではありません。主義主張の違いはあれど、誰だって自分の行いが正しいと思って戦い、生きているのです。本来なら、家康をはじめ東軍の諸将にだって彼らなりの正義がある訳で。天地人では、器の小さいブサメンに成り下がってますけど。
このドラマでは、三成の陰の部分(秀次の処刑、ガラシャの悲劇など)はいっさい触れませんでした。ドラマ上では見えないけれど、確かにあったこと。そんな奴が自分こそが正しいと言い張っても白けるだけです。少なくとも私は。
勝手な理由で他人を不幸に突き落としておきながら「自分は正しい」と信じている…、まるでカルト宗教の信者そのものです。
こんな身勝手な正義を涙ながらにいけしゃあしゃあと書いている脚本家に戦慄すら覚えます。気持ちが悪い。吐き気がする。

せめて処刑の時くらい、秀次やその妻子に想いを馳せて欲しかった。
一度は地位を極めたものの、武士として誇りある自害すら許されずに斬首……秀次も三成も、同じような最期ではありませんか。悲しき因果応報。

すっかりドラマから忘れられかけてる兼続もねぇ…。
戦下手の三成をそそのかしたのですから、少しは責任を感じても良いと思うのですが、まるで他人事です。このドラマの設定上では、関ヶ原の発端はオメーのせいになってるんだぞ。

家康から上洛するよう書状が届きました。一体どのような沙汰が下されるのやら。景勝が出発する前に根回しをするため、兼続が一足先に上洛しました。あちこちで聞き込みです。
福島正則や小早川秀秋など東軍についた人たちが、本当は三成が正しかったとか言い出してます。うっわー、すっかり教祖様だな。我らの正しきことを後世に伝えよ!とかさ。三成教か。

***

さて、関ヶ原も終わったことですし、天地人感想も今回で終わりにしようと思います。最終回くらいは総括的な感想を書くかもしれませんが、大イベントはもうありませんし、関ヶ原がこの体たらくなら、最後までこのノリは変わらないでしょう、きっと。

退屈だった大河は数あれど、見ていて腹が立つ大河は天地人が初めてでした。人の目に触れるブログに書くからには、悪口一辺倒にしたくなかったので、面白おかしく書くよう努めてきましたが、目は笑ってませんよ(にっこり) もう充分だよ、早く終わりにしてくれ〜。

こんな感想文でも面白いと言ってくれた皆様、ありがとうございます。止めてしまってごめんなさい。

天地人は止めますが、再放送「葵」の感想を書くかも?!
[PR]
by shinnokotowari | 2009-09-28 17:17 | ・大河ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/12024152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 函館 Glass Life at 2009-09-28 18:12
タイトル : 後悔先に立たず!!
最上攻めから撤退した兼続{/cat_6/} 一時は死をも覚悟したと言われた戦いでしたが、前田慶次郎 らの活躍もあり見事殿の役目を果たせたのです{/onigiri_2/} 撤退劇の最大の功労者・前田慶次郎、二つの関ヶ原と言うの なら東の関ヶ原?も描いて欲しいと個人的には思うのです{/hiyo_please/} 主役が兼続なので仕方ありませんが、それにしても扱いが小 さ過ぎるのでは… 前田慶次郎、前田利家の兄・利久の義理の息子と言われてい ます{/fuki_oshirase/} その利久が亡くなると家族...... more
Tracked from 山南飛龍の徒然日記 at 2009-09-28 19:04
タイトル : 【大河ドラマ】天地人 第39回「三成の遺言」
「間に合いませんm(ToT)m」 「馬鹿者めが!\(`o´)/」【今回の流れ】・ナレーションの力で兼続撤退・家康の詮議を受ける三成、最後まで己の姿勢を貫き通す・子供達と団らん中の兼続に、初音が訪ねて来て三成の死を伝える 兼続に何かを伝えようとした途端、首を斬...... more
Tracked from 毘と龍&義と愛 at 2009-09-29 15:08
タイトル : 天地人 39話 三成の遺言
ついに小栗三成の最後でござーる。。 今回も主役はみごとに三成であった。兼続の物語はネタがないので作れないのであろうかの。しかし、このドラマのおかげで三成の株が上がったのは間違いないでのぅ。 今まで、冷血、人望がない、キツネ目?、往生際が悪い、事務方のくせに..... more

by shinnokotowari