ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

ディシディア考察5 究極の兵器について

ディシディアFFの世界は、シドが究極の兵器を育てる為に作り出した実験場です。これは間違いない。
それでは「究極の兵器」とはいったい? うごごごご…

ディシディアFFのネタバレにご注意ください。特に今回は、物語の核心に触れてますので要注意ですぞ。




***

ディシディア考察1 コスモスレポートについて
ディシディア考察2 レポート改訂
ディシディア考察3 カオスレポートについて
ディシディア考察4 前フリ宣言

究極の兵器。あの子。
物語を素直に受け止めれば「カオス」と考えるのが妥当です。矛盾があっても、それが一番分かりやすい。

…ええい、回りくどい書き方は止めます!

究極の兵器の正体は… ライトさんじゃないかと。

FF1主人公。ウォーリア・オブ・ライト。Wol。光の戦士。…呼び方は何でもいいです。
ああ引かないで〜。突拍子ないようですが、根拠はあるのです。

精神があるから肉体が存在できるのか
肉体があるから精神が存在できるのか。
おそらく善と悪のように
どちらが先に生まれたというわけではないのだろう。


ルフェイン人は記憶だけ継承することができます。だからルフェイン人のシドは、肉体と精神を分けて考える思想の持ち主です。
また、軍が「シド妻のコピー」を作っていることから、肉体を作り出す技術も持っていて、シドは時空に漂う思念から「駒」を作りました。失敗作はイミテーション、成功作は各主人公&ラスボスたち。

肉体を器、精神を力、と言い換えても良いと思います。
ライトさんが「器」で、カオスが「混沌の力」だとします。コスモスレポートの「あの子」は、器のライトさんの中に混沌の力が眠っている状態。

だが力は、破壊を望んではいなかった。
業を煮やした国は、混沌を操るため
混沌を制する秩序を
混沌の中に眠る記憶から創り出そうとしたらしい。


シドは、国の研究を流用したのでしょう。究極兵器ライトさんから混沌の力(カオス)を取り出し、眠る記憶の中から秩序(コスモス)を作り出しました。
つまり、元の世界でシド夫妻が育てていた「兵器のあの子」は、混沌の力を有したライトさん。
時空の狭間に飛ばされ、最愛の妻をなくしたシドは研究に没頭。究極の兵器=混沌の力にしか興味ないので、混沌の力と記憶を失った器はいりません。その他大勢、ただの駒です。ウォーリア・オブ・ライト誕生。

器のことはすっかり忘れて、実験を始めたシドでしたが…

その二つの存在は、ただ純粋で
揺るぎない力に満ち溢れていた。
だが相反するがゆえに
一度、この世界で安定してしまったのだ。


「二つの存在」とはコスモスとカオスのことですよね。相反する力は、安定していた時期があったようです。
これは、ストーリー終盤で、カオスが見た「コスモスと共に世界を統治している夢」のことではないかと。コスモス亡き後、みんなは元の世界の記憶を少しずつ取り戻していきました。カオスにも同じことが起きたのでは? 夢や幻でなく、過去に実際にあった出来事を思い出したのです。

世界の均衡が崩れて、カオスにまで変化が訪れ、監視者ガーランドも手に負えない状態。
本題とずれますが、ディシディアのガーランドはFF1の人で間違いないですが、「監視者」という役割はFF9ガーランドっぽくもありますね。

一方、力を失った器、一介の駒となったライトさん。

始まりは駒であったとしても
意思を持ったまま定着すれば
それは真実となりえるのだ。

駒も素材はどれも同じはずなのに、過程を経るごとに
個々の形や、道の進み方さえ異なってくる。


シドは「肉体と精神はどちらが先に生まれたというわけではない」と言ってました。
ライトさんは駒として戦い続けるうちに、様々な影響を受けて、新たな精神を獲得したのだと思います。しかし、過去の記憶と混沌の力は失われたままなので、他のキャラと違って最後まで何も思い出せません。帰るべき場所も、自分の名前すら…

光ひかりと、怖いくらい初志貫徹で「まぶしいヤツ」だったライトさんでしたが、終盤になって自分だけ記憶が戻らない不安を吐露します。ちょっと人間味が出てきた?

セシル「大丈夫。きっといつか思い出せる。もし思い出せなかったとしても……未来を信じることは出来る。……そうだろう?」

ティーダ「……ここに来る前の物語だけが思い出ってわけじゃないだろ? もしオレたちが別々の世界に帰って別々の道を歩むんだとしてもさ……一緒に戦ったこと……たまには……思い出してくれよな」


みんないい人だー。

「……ああ。決して忘れない」
「………忘れるものか……」


シアター未収録の無声イベントですけど、泣けました。未収録なのがもったいないー



ほぼ書き尽くしましたが、次回、最後の補足を書いて終わりにしようと思います。
コスモスとシド妻の話になる予定。

***

あと… 以下を「究極兵器あの子=ライトさん」の根拠にするのは躊躇うのですが。

小さいライトさんなら「無垢な瞳の子供」でも違和感ないと思いませんか? シドの奥さんが母性本能からキュンとしてしまったのもうなずけます。そりゃ可愛いだろうさ(笑)
[PR]
by shinnokotowari | 2009-05-24 21:03 | ・ディシディアFF | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/11059844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arasiyama at 2009-08-01 18:02 x
考察を読ませてもらってスッキリしました!ありがとうございます!
一生懸命出したコスモスレポートもエンディングも意味が分からなくって!
スッキリ!!
Commented by shinnokotowari at 2009-08-01 23:51
>arasiyamaさん
いやいや、お恥ずかしいです///
クリア当時、勢いにまかせて書いたせいか、微妙に分かりづらい文章でスミマセン(汗)

ディシディアを始めFFシリーズは、世界観の断片をかいま見せながら、けっきょく意味が分からないままエンディングーーみたいなところがありますよね。
いろいろと想像を巡らせるのが楽しくもあり、もどかしくもあり…。でも、それがFFの醍醐味♪

by shinnokotowari