ブログトップ

モノログエ

sarashi.exblog.jp

いろいろ独白。モノローグ(Monologue)

学歴コンプレックス

センター試験が終わりましたね。受験生の皆さん、お疲れ様でしたー。試練はもうしばらく続きますので、油断召されぬよう。

この不況下で、思うような進路に進めない人もいると思いますが、気を落とさないでくださいね。

私は経済的な事情で大学断念したクチですが、今のところ子供時代の将来の夢が半分は叶ったような仕事に就いてます。いや、半分ではなく、目標の中心から離れてるけど、まるっきり的外れでもない…というくらいか。
理不尽なことに腹を立てて辞めようとした事もありますけど(何度も…というか今でも時々)

でも、普通に四年制大学に進学してたら、超氷河期時代に専門職の正社員なんて無理だっただろうな〜と思います。
大学は年齢制限ありませんし、やる気さえあれば、社会人になって貯金してから入学する事もできますしね。それこそ還暦むかえてたって行けますから。

と言っても、センター試験の時期になると、ふと、大学に行っていれば…という思いに駆られる事もあります。未練?



これでも成績は悪くなかったんですよ〜。
大学あきらめた時点で勉強しなくなったので、苦手な数学と英語は再試験の常連になりましたが(笑)国語系は勉強しなくてもなぜかよくできました。担任には文系ならどこでも推薦で入れるから〜と進学を勧められ、進路調査に勝手に大学名を書かれ(これ私の字じゃない!なんて)固辞し続けていたらブチ切れられて、推薦書を後回しにされたのも良い思い出……でもないか。
私がワガママ言ってるように受け取られてましたが、三者面談で親がいる場で「進学するお金ありません」なんて言えませんってば。
進学を勧めてくれる気持ちは有り難いと思いますけど。いや、先生自身の実績作りの為だったかもしれませんが。

そんな訳でセンター試験は受けてませんが、選択科目が進学寄りだったので模擬試験は受けてまして、高三ラストの模試では国語が県内3位(ちょっと自慢♪)総合でも上位2ケタに入ってました。

……

やっぱりもったいない事したわ〜〜〜!!!


しかし、自分で言うのもなんですが、あんなに出来たのはおかしいと思うんですよ。実は低レベルな模試だったとか? 成績上位に入るとテレホンカード(懐かしい)もらえる模試でした。全部父にあげてしまったけど1枚くらい取っておけば良かったな。


社会人になると、こちらの最終学歴を聞いて、あからさまに態度変わる人もいます。そういう人は、私の方も「他者を推し量る基準が異常に狭い人」というカテゴリに分けてますが。人間は勉強が全てじゃないんだぜ!
でも、履歴書上では「能力が高くない人」と評価されても仕方がないのですよね。分かっていても、やっぱり悔しい時もあります。

いくら悔しくても、今さらお勉強をする気はさらさらないんですけどね〜

新聞のセンター試験の問題読んでも全然分からんッ!
あの頃の優等生頭脳は完全に消え失せましたわ……υ
[PR]
by shinnokotowari | 2009-01-18 23:49 | ニュース・時事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sarashi.exblog.jp/tb/10216956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by shinnokotowari